映画:プルートのおつかい

「プルートのおつかい」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

プルートのおつかいの紹介:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって・公開製作された作品。ミッキー・マウスの愛犬であるプルートが主人公のシリーズ第30作目にあたる作品である。プルートのライバル犬であるブッチが登場する。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属し、シリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。

あらすじ動画

プルートのおつかいの主な出演者

プルート(ピント・コルヴィグ)、ミッキーマウス(ウォルト・ディズニー)

プルートのおつかいのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- プルートのおつかいのあらすじ1

プルートのおつかいのシーン1  ぐっすりと眠るプルート。そんなプルートにミッキーは「おつかい行ってきて!」と声をかけて起こします。財布とメモを手渡します。家を出たプルートは家の前のお肉屋に向かいました。そんな様子を近所に住む犬ブッチが目撃しました。肉屋に向かうのを見てブッチは後を追いました。

【承】- プルートのおつかいのあらすじ2

プルートのおつかいのシーン2  肉屋に入っていくプルート。ブッチはその店のショウウィンドウの中に見える肉に釘付けです。中ではプルートが肉を買い、咥えて出てきました。ブッチは急いで隠れ、どうにかその肉を奪おうと考えます。フェンスの向こうから手を出しますが全く届きません。そのうちプルートは、口で肉を投げてはキャッチを繰り返し始めました。それをタイミングよく奪おうとしますが上手くいきません。そこで、ブッチはノミの大群をプルートに投げました。くすぐったがるプルートが話した肉をブッチはサッと奪いました。

【転】- プルートのおつかいのあらすじ3

プルートのおつかいのシーン3  自分の犬小屋に肉を持ち帰ったブッチは呑気に眠っていました。するとそれを見つけたプルートはロープを使って肉を引き上げました。ブッチも反撃し、フェンスの表側へ回りました。それに気づいたプルートはそのまま肉を咥えて猛ダッシュで逃げていきました。

【結】- プルートのおつかいのあらすじ4

プルートのおつかいのシーン2  ブッチに追われながらもなんとか家に帰ったプルート。ミッキーに肉を手渡すと褒めてもらえました。するとミッキーは「これは君の友達にプレゼントするよ」と言って玄関先へ向かいました。プルートはガールフレンドだとも思い玄関へ向かってすぐキスをしましたが、なんとそれはブッチでした。肉を貰えたブッチは嬉しそうに家へ帰っていきました。

みんなの感想

ライターの感想

まさかの結末に驚きました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください