映画:プルートの郵便状

「プルートの郵便状」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

プルートの郵便状の紹介:1947年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。ミッキーの飼い犬であるプルートを主人公としたシリーズの第26作目にあたる作品となる。犬のプルートとウサギの物語を描いている。監督を務めたのは、プルートシリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。

あらすじ動画

プルートの郵便状の主な出演者

プルート(ピント・コルヴィグ)

プルートの郵便状のネタバレあらすじ

【起】– プルートの郵便状のあらすじ1

プルートの郵便状のシーン1

画像引用元:YouTube / プルートの郵便状トレーラー映像

 吹雪の雪山を一機の飛行機が飛んでいました。

彼らは郵便配達員でしたが、この酷い雪で山を越えることができません。

そこで、郵便物のバッグをパラシュートにつけて落下させましたそこには郵便配達犬であるプルートがいました。

荷物が降りてきたことを確認したプルートは、それを咥えて走り出しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プルートの郵便状」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×