映画:プルートの郵便状

「プルートの郵便状」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

プルートの郵便状の紹介:1947年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。ミッキーの飼い犬であるプルートを主人公としたシリーズの第26作目にあたる作品となる。犬のプルートとウサギの物語を描いている。監督を務めたのは、プルートシリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。

あらすじ動画

プルートの郵便状の主な出演者

プルート(ピント・コルヴィグ)

プルートの郵便状のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- プルートの郵便状のあらすじ1

プルートの郵便状のシーン1  吹雪の雪山を一機の飛行機が飛んでいました。彼らは郵便配達員でしたが、この酷い雪で山を越えることができません。そこで、郵便物のバッグをパラシュートにつけて落下させました。そこには郵便配達犬であるプルートがいました。荷物が降りてきたことを確認したプルートは、それを咥えて走り出しました。

【承】- プルートの郵便状のあらすじ2

プルートの郵便状のシーン2  勢いよく走っていたプルートでしたが、下り坂でスピードを緩めることができず、そのまま雪の固まりに突っ込んでしまいました。顔を出すと、巨大なトーテムポールに郵便物が引っ掛かっていました。プルートは威嚇しながら荷物を取り返し、今度はゆっくり歩生き始めました。

【転】- プルートの郵便状のあらすじ3

プルートの郵便状のシーン3  歩いていると、一羽のウサギを発見しました。ウサギもプルートの方を見ましたが、どうやら寒さでおかしくなっているらしく、プルートをストーブだと勘違いして近寄って来ました。そしてプルートの肌を触り暖をとります。逆にウサギの冷たさで青ざめてしまいました。プルートはウサギを蹴り飛ばして雪の中へ突っ込みました。ウサギもようやくストーブではないことにきづき、プルートを怒って追いかけてきました。

【結】- プルートの郵便状のあらすじ4

プルートの郵便状のシーン2  追いかけ合う中で、スキーに乗って滑っていきます。そして勢いあまって飛び出し、郵便物も飛んで行ってしまいました。怒るプルートでしたが、飛んで行った郵便物はそのまま届け先の相手がキャッチしました。礼を言って飛び立っていく飛行機。プルートとウサギもすっかり機嫌を取り戻し、二人仲良くスキーに乗り込んだのでした。

みんなの感想

ライターの感想

この時期のプルートは雪山で働いていたようで、いつも雪山で災難に遭っています。今回も他のキャラクターと仲良くなれて良かったと思います笑

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください