映画:プルートの骨どろぼう

「プルートの骨どろぼう」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

プルートの骨どろぼうの紹介:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。ミッキーの飼い犬であるプルートを主人公としたシリーズの第29作目にあたる作品となる。犬のプルートとホリネズミの物語を描いている。監督を務めたのは、プルートシリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。

あらすじ動画

プルートの骨どろぼうの主な出演者

プルート(ピント・コルヴィグ)

プルートの骨どろぼうのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- プルートの骨どろぼうのあらすじ1

プルートの骨どろぼうのシーン1  プルートは犬小屋で眠っていましたが、あまりの空腹に目を覚ましてしまいました。そんなプルートには、庭に埋めて隠しておいた骨を掘り起こすことに決めました。

【承】- プルートの骨どろぼうのあらすじ2

プルートの骨どろぼうのシーン2  その埋めたところへ向かうと、どうも様子がおかしいことに気が付きました。すると、穴の中からホリネズミが顔を出しました。ネズミは花を数本摘んでまた穴の中へ戻っていきました。ネズミが花を振ると花粉が舞います。プルートはこの花粉を吸う度にくしゃみが出てしまいます。ネズミが穴の中へ戻った後、そっと穴の中をプルートが覗くと、今度は別の穴からネズミが出てきて尻尾を引っ張られました。怒るプルートを見てネズミは急いで穴の中へ戻っていきました。

【転】- プルートの骨どろぼうのあらすじ3

プルートの骨どろぼうのシーン3  プルートが穴の中へ手を突っ込んで動かしていると、ようやく自分が隠した骨が見つかりました。それを引っ張り出すと、地中ではネズミの巣が崩れそうになってしまいます。ネズミは、プルートが隠していた骨を支えにして巣を作っていたものでした。ネズミは反撃のために、たくさんの花で花粉を大量にばらまきました。骨を咥えていたプルートはくしゃみの拍子に骨を思いきり飛ばしてしまいました。遂にプルートも我慢の限界です。ネズミを追いかけます。」

【結】- プルートの骨どろぼうのあらすじ4

プルートの骨どろぼうのシーン2  プルートに追いつかれる度に花粉をばらまくネズミ。プルートもその度にくしゃみを繰り返します。すると、バランスの悪い部分に乗ってしまったプルートは、穴の中へ落ちてしまいました。その隙にネズミが大量の花粉を穴の中へ投入しました。しばらくして、まるで爆発のようなプルートのくしゃみで、庭が吹き飛んでしまいました。プルートは傍にあった骨を急いで確保しました。ふと上を見ると、くしゃみの衝撃で宙を舞い、くしゃみをしながら花を持ってゆっくり降りてきていました。

みんなの感想

ライターの感想

ラストのくしゃみは見ものです。ぜひ本編をご覧ください。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください