「ベイマックス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【転】– ベイマックスのあらすじ3

ベイマックスのシーン3

画像引用元:YouTube / ベイマックストレーラー映像

ヒロたちは暖を取るために、仲間の一人・フレッドの家に行きます。

そこでフレッドは、歌舞伎の男はヒロの「マイクロボット」を欲しがっていたクレイであると目星を付けます。するとベイマックスが、歌舞伎の男の健康状態をスキャンしており、男の手掛かりのデータを入手していたことを知らせます。

それにヒントを得たヒロは、町中の人々を一度にスキャンし、一致する人物を探し当てるという案を出します。仲間たちはタダシのために、と一緒に戦う決意をします。

ヒロは仲間たちのそれぞれ得意分野を活かし、戦闘態勢を整えていきます。

またベイマックスもアップデートさせ、エンジンを備えた驚異的な破壊力を持つ「ベイマックス2.0」を完成させました。

そして遂に該当者が”隔離地帯”にいることをスキャンにより導き出します。

一行は隔離地帯に踏み入り、そこでクレイが多額の税金をかけ作り上げた空間移動の装置が誤作動を起こし、実験が失敗した動画を発見しました。

それにより全てはクレイの企みによるものだったと判明しますが、歌舞伎の男が現れ再びヒロたちを襲います。

ベイマックスのスキャンにより歌舞伎の仮面が弱点だと知ったヒロたちは、仮面をはがすために装備した戦闘アイテムで男に攻撃をしかけていきます。

そして遂に仮面をはぎ取ると、男はなんと亡くなったはずのキャラハン教授でした。

キャラハン教授は「マイクロボット」を使って火事現場から脱出していました。

ヒロはキャラハン教授がタダシのことを見殺しにしたと思い、ベイマックスからケアのデータを抜き、戦闘モードにさせて教授を襲わせます。

しかし、仲間たちはベイマックスが教授を攻撃するのを止めようとします。最後の一撃を放つところで、ハニー・レモンがベイマックスにケアのデータを挿入しケアモードを復活させました。

ヒロは自分を止めようとした仲間たちが理解できず、ベイマックスとともに基地に戻りベイマックスの修復を行いました。ヒロのキャラハン教授への殺意を感じたベイマックスは、ヒロにタダシがベイマックスを完成させるまでの動画を見せます。

そこには何度もベイマックスの作成に失敗しながらも、ベイマックスが「多くの人々を助ける」ことを信じて諦めずに何度も挑戦していたタダシの姿がありました。

それを見たヒロは自分の考えやしてきたことが間違いだったことに気づくと、仲間たちもやってきてヒロを優しく抱きしめます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベイマックス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×