「ベイマックス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【結】– ベイマックスのあらすじ4

ベイマックスのシーン4

画像引用元:YouTube / ベイマックストレーラー映像

実はヒロたちが隔離地帯で見たクレイの実験失敗の映像には続きがありました。

動画の続きには、実験失敗により慌てて装置を停止させようとするクレイのもとに、いきなりキャラハン教授がやってきて殴りかかってくる様子が残されていました。

その実験にはキャラハン教授の娘が携わっており、実験が失敗したことで娘が犠牲となったためキャラハン教授はクレイへの復讐を企てていたということにヒロたちは気づきます。

クレイは新たな本社ビルの設立パーティを開催していました。

しかしキャラハン教授が現れ、出口のないテレポーテーション装置を発生させクレイへの復讐を開始します。

そこにヒロたちが駆け付けキャラハン教授を止めますが、「マイクロボット」は驚異的でヒロたちは窮地に立たされます。しかし視点を変えて、それぞれが窮地を脱出し再びキャラハン教授の動きを止めにかかり、遂にキャラハン教授の仮面を壊すことに成功します。

「マイクロボット」の動きは止まりましたが、磁場の衰弱により決壊は免れないようでした。その場から離れようとしたとき、ベイマックスがテレポーテーションの装置の中に仮死状態の女性がいるというデータを取得します。キャラハン教授の娘は亡くなっていたわけではありませんでした。

ヒロとベイマックスはキャラハン教授の娘を救うため、装置の中へ入り込みます。

実験当時、彼女が乗っていたポッドを見つけると中には眠るキャラハン教授の娘の姿がありました。彼女を連れて急いで戻ろうとしますが、途中でベイマックスが大きな塊とぶつかってしまいエンジンが故障してしまいます。

ベイマックスは残った片手のパンチにより、ヒロとキャラハン教授の娘は助けられる、と言いヒロに「満足した」と言うよう求めます。

ヒロが答えてしまうと、ベイマックスはこの空間から逃れることはできなくなってしまいます。ヒロはベイマックスを残してはいけない、と答えを拒みますがベイマックスに「私はいつも一緒です」と言われ、涙ながらも「満足した」と答えました。

ヒロは無事にキャラハン教授の娘を連れて異空間から戻ることができ、キャラハン教授の娘も意識を取り戻しました。クレイの悪事は暴かれ、ヒロたちは”スーパーヒーロー”として街中の注目を浴びるようになりました。

ヒロはタダシの研究室を引き継ぎ、新たなベイマックスを作成します。そして仲間たちと共に、タダシの意志を継いで日々人助けに励んでいます。

「ベイマックス」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ベイマックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ベイマックスのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベイマックス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×