映画:ベルセルク黄金時代篇Ⅰ覇王の卵

「ベルセルク黄金時代篇Ⅰ覇王の卵」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵の紹介:20年以上連載が続く三浦健太郎原作の同名漫画の中から黄金時代篇を三部作としてアニメ映画化。百年戦争と呼ばれる長く続く戦いの中、巨大な剣を操る傭兵ガッツは傭兵集団「鷹の団」を率いる美貌の剣士グリフィスに出会う。2012年公開。監督:窪岡俊之、脚本:大河内一楼、音楽:鷺巣詩郎、主題曲:平沢進。

あらすじ動画

ベルセルク黄金時代篇Ⅰ覇王の卵の主な出演者

ガッツ(岩永洋昭)、グリフィス(櫻井孝宏)、キャスカ(行成とあ)、ジュドー(梶裕貴)、リッケルト(寿美菜子)、ピピン(藤原貴弘)、コルカス(松本ヨシロウ)、シャルロット姫(豊崎愛生)、ユリウス(小山力也)、ゾッド(三宅健太)、ミッドランド王(勝部演之)

ベルセルク黄金時代篇Ⅰ覇王の卵のネタバレあらすじ

【起】– ベルセルク黄金時代篇Ⅰ覇王の卵のあらすじ1

舞台は中世ヨーロッパのような町並みの、魔法や妖精、魔物などが存在する世界。

百年戦争と呼ばれる、ミッドランド王国とチューダー帝国の長い争いが続いています。

主人公のガッツは戦地で死んだ母の腹から生まれ落ちて傭兵に拾われ、幼少期から剣術を叩き込まれ戦士として育ちますが、はずみで養父を殺して傭兵団を飛び出します。

成長して自分の身の丈より長い巨大な剣を使いこなす傭兵となり、死をも恐れぬ戦いぶりで戦場を渡り歩きます。

ある日、傭兵の集団から襲われたガッツは返り討ちにして隊長を追い詰めますが、そこに現れた団長のグリフィスの剣の一撃で敗れ気を失ってしまいます。

目覚めると、その傭兵団「鷹の団」のテントに寝かされていました。

自分の国を手に入れるという野望を抱くグリフィスは、ガッツの戦いぶりを見て「お前が欲しい」と仲間に誘いますが、ガッツはこれをはねつけてグリフィスと決闘になります。

しかし剣でも素手でもグリフィスに完敗したガッツは、鷹の団に入ることになりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベルセルク黄金時代篇Ⅰ覇王の卵」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×