映画:ベルセルク黄金時代篇Ⅱドルドレイ攻略

「ベルセルク黄金時代篇Ⅱドルドレイ攻略」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略の紹介:「ベルセルク 黄金時代篇」三部作の2作目。ドルドレイ要塞の攻略によるミッドランド王国の勝利で長きに渡った百年戦争は終結を迎えるが、グリフィスの言葉から自分の夢を考えるようになったガッツは鷹の団との訣別を決意する。2012年公開(PG12指定)。監督:窪岡俊之、脚本:大河内一楼、音楽:鷺巣詩郎、主題曲:平沢進。

あらすじ動画

ベルセルク黄金時代篇Ⅱドルドレイ攻略の主な出演者

ガッツ(岩永洋昭)、グリフィス(櫻井孝宏)、キャスカ(行成とあ)、ジュドー(梶裕貴)、リッケルト(寿美菜子)、ピピン(藤原貴弘)、コルカス(松本ヨシロウ)、シャルロット姫(豊崎愛生)、ミッドランド王(勝部演之)、ゲノン(矢尾一樹)、ボスコーン(菅生隆之)、アドン(小山力也)、ラバン(大塚芳忠)、拷問官(茶風林)

ベルセルク黄金時代篇Ⅱドルドレイ攻略のネタバレあらすじ

【起】– ベルセルク黄金時代篇Ⅱドルドレイ攻略のあらすじ1

ミッドランド王国軍の一翼を担った戦場で、体調の悪いキャスカはチューダー軍の騎士団長アドンに崖に追いつめられ、助けに入ったガッツと一緒に崖から谷川へ落ちてしまいます。

ガッツが雨宿りした洞窟で高熱を出したキャスカの濡れた服を脱がせると、キャスカは生理中でした。

熱にうなされるキャスカは過去の夢を見ます。

貧しい家に生まれたキャスカは貴族に売られ凌辱されそうになりますが、そこに現れたグリフィスが差し出した剣で貴族を殺し、鷹の団に入ったのです。

目覚めたキャスカはガッツに当たり散らし、「お前にだけは助けられたくなかった」と涙を流します。

キャスカの夢はグリフィスの剣になって戦うことでしたが、グリフィスが欲しいと言った人間はガッツだけでした。

手下を率いたアドンの襲撃を受け、ガッツはキャスカを逃がして独りで百人近い敵をただひたすら斬りまくり、満身創痍で朦朧とする頭にユリウス暗殺の夜に聞いたグリフィスの言葉が浮かびます。

「生まれてしまったから、ただ生きる…そんな生き方、耐えられない…真の友とは…そんな対等のもの」

グリフィスたちが駆けつけた時、ガッツは夥しい屍の中で独り静かに佇んでいました。

ガッツに「百人斬り」の称号が新たに加わりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベルセルク黄金時代篇Ⅱドルドレイ攻略」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×