「ホーホケキョ となりの山田くん」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【承】– ホーホケキョ となりの山田くんのあらすじ2

ホーホケキョ となりの山田くんのシーン2

画像引用元:YouTube / ホーホケキョ となりの山田くんトレーラー映像

〔家政の天才〕

雨が降り始めたので母・まつ子は慌てます。急いで洗濯物を取り込もうとしますが、物干しざおに洗濯物がありません。洗濯したあと、そもそも干していませんでした。洗濯籠のなかに入れたままです。

祖母・しげが出かけるのを見たまつ子は、ついでの買い物を頼もうとしますが思い出しません。思い出したら頼もうと思い、結果的にしげにくっついてまつ子も外出します。

まつ子が父・たかしに買い物を頼んだ場合には、たかしは「何を買うか」は忘れませんが「買ってくること」を忘れます。

映画を見たいまつ子と、延長になった野球を見たいたかしのあいだで、テレビのチャンネル権争奪戦が行なわれます。チャンネルを変えたいまつ子、野球を死守したいたかしの争いは、途中から争い自体が主たる目的になっていました。

〔親子の会話〕

たまには親子で会話でも…と思ったたかしが、息子ののぼるをキャッチボールに誘います。シチュエーションを細かく設定し、なりきってボールを投げるとご近所の窓ガラスを割ってしまいました。

英会話を覚えたい父・たかしが、繰り返し聞くと覚える英会話を聞いています。それを見たのぼるは、母・まつ子に繰り返し「勉強しなはれ」と言われるけれども、まったくやる気になれないとこぼしました。

別の日、たかしがのぼるをまたキャッチボールに誘いますが、のぼるは「いいよ、めんどくさい」と父の誘いを断ります。

〔父権の回復〕

父親の権威が失われていると、たかしは落ち込みます。そんな父にのぼるが、自由研究のテーマを考えてくれと言いました。考えていたたかしは、「自由」だと却って何をしてよいか分からないと思い至ります。その挙句自分の定年後のことまで想像し、落ち込みました。

〔親父の背中〕

休日にたかしが庭でゴルフの素振りをしていると、初雪が舞い始めました。喜んだたかしは、茶の間にいる他の家族にそれを告げますが、他の家族はみんな、テレビの映画に夢中で、たかしのほうなど見向きもしません。

癪に障ったたかしはカメラを取り出して記念撮影をしようとしますが、それでも他の家族はテレビを見ていました。たかしはテレビ台の上にカメラを置き、タイマー機能を使って記念撮影します。〝うしろ姿のしぐれてゆくか(種田山頭火)〟

〔山田家の歳時記抄〕

年賀状が届くと、たかしが宛名を見て仕分けするタイムを計るのが、山田家の元旦の恒例行事です。

寒いので席を立った者に、他の人がいっぺんに用事を言いつけるのもならわしでした。父・たかしはリクエストを聞きながら、憮然としています。

傘を忘れたたかしは最寄り駅で、傘を持ってきてくれと家に電話をかけます。しかしみんな面倒くさがり、たかしはむっとしてビニール傘をスーパーへ買いに行きました。その際にたかしは、電話でまつ子が言っていた豚バラ肉を購入し、まつ子、のぼる、のの子も面倒くさがりながらお迎えに来ていました。〝春雨やものがたりゆく蓑と傘(与謝蕪村)〟

〔名コンビ〕

祖母・しげが作るお寿司を食べたいと思ったまつ子ですが、しげはアマノジャクの嫌いがあります。作ってくれと素直に言っても作ってくれないので、まつ子は一計を案じました。「お寿司でも取ろう」とまつ子が提案すると、金がもったいないと言ってしげが台所に立ちます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホーホケキョ となりの山田くん」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×