映画:ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険

「ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険」のネタバレあらすじと結末

ピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険の紹介:2010年上映の日本短編アニメ映画。おなじみの人気キャラクター、ピカチュウたちが活躍。短編第13作。ある街で遊んでいたピカチュウたちは、迷子のアンノーンを元にいた場所へ戻そうとするが…。

あらすじ動画

ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険の主な出演者

ピカチュウ/マネネ(大谷育江)、ポッチャマ(小桜エツ子)、ゴウカザル/ソーナンス(うえだゆうじ)、ブイゼル/ヒノアラシ(古島清孝)、ドダイトス(三木眞一郎)、フカマル/ウソッキー(阪口大助)、トゲキッス/エムリット(井上喜久子)、ミミロル/ユクシー(雪野五月)、パチリス/エネコ(西村ちなみ)、マンムー(石塚運昇)、グレッグル/ムクホーク(小西克幸)、ピンプク/アグノム(伊東みやこ)、ニャース(犬山イヌコ)、マリル(かないみか)、アンノーン(古島清孝、阪口大助、うえだゆうじ)、ナレーション(堀内賢雄)

ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①遊び場で遊んでいたピカチュウとポッチャマは、迷子になったアンノーンと出会い、住処まで連れていくことに。エネコの案内をたよりに行くが、ニャースたちも尾行していた。 ②紆余曲折の末、ピカチュウもニャースもアンノーンの住処に着き、無事に送り届け成功。

【起】- ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険のあらすじ1

(この作品は、ポケモンたちを主人公に据えていますので、
人間であるサトシたちは、登場はしても顔は映されません。
あくまで、ポケモンたちが主役のものです)

ポケットモンスター。ちぢめて、ポケモン。
この星のふしぎな、ふしぎな生き物です。
空に、海に、森に、街に…その種類は100、200、300、いや、それ以上かもしれません。
世界中のいたる所で、ポケモンの姿を見ることができます。
人とポケモンは、さまざまな絆を結び、この世界の中で仲良く暮らしていました。
マサラタウンのサトシは、そんなポケモンが大好きな少年です。
オーキド博士から最初のポケモン、ピカチュウをもらい、
マサラタウンをあとにして、ポケモントレーナーとしての修行の旅に出ました。
幾多の試練を乗り越えて、ポケモンリーグのチャンピオンになるために、
最高のポケモンマスターになるために、出会いと別れを繰り返し、
サトシと、仲間たちの旅は続きます。
ピカチュウは、そのサトシに同行して旅をしています…。


街のなかにあるポケモン用の遊び場で、ピカチュウたちは遊んでいました。
そこにはブランコ、シーソー、すべり台もあります。

パチリスやポッチャマ、ピカチュウはすべり台をすべりますが、ピカチュウとポッチャマが飛びすぎて、転がるタイヤに入り込んだまま、遊び場から脱線してしまいました。
ピカチュウは転がるタイヤの上に、ポッチャマはタイヤのなかに入ったまま、坂道をころがっていきます…。


タイヤがスピードを落とし、止まりました。横倒しになります。
ピカチュウとポッチャマがタイヤから離れると、上空からアンノーンが落ちてきました。
Fの字のアンノーンです。

アンノーンは迷子になってしまったようです。
自分がどこからやってきたのかも分からず、仲間がいないことを嘆きます。

【承】- ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険のあらすじ2

どこにいたのかとピカチュウが聞くと、アンノーンは「キラキラしたところから来た」と答えました。
それを聞いたニャース、ソーナンス、マネネは、「キラキラ」に反応し、お宝がありそうだと考えて、尾行しようと思います。

ピカチュウとポッチャマは、迷子になったアンノーンが心配でした。
通りかかったエネコに聞くと、アンノーンがいるところを知っていると答えます。
エネコは「知っている」と答えながらも、「忘れた」「思い出した」と、言うことがころころ変わりました。
心配なので、ピカチュウとポッチャマも同行することにします。


エネコの案内で、ピカチュウ、ポッチャマ、アンノーンはついていきました。そのあとを、ニャース、ソーナンス、マネネも尾行します。
ピカチュウたちは地下道を通りますが、地下道は行き止まりでした。
ところがその奥の壁には、パズルみたいに○、△、□の模様がついています。

エネコが壁についてある△を押すと、○の部分が突出しました。
さらに○を押すと、今度は上部にある□が開きます。

ニャースはその瞬間を見逃しませんでした
そこがお宝、キラキラへの通路だと思い、突進します。
しかしその場にいた全員が□の穴に吸い込まれました。
そばにいた、マリルもグレッグルも吸い込まれます。


着いたところは、上空に浮かんだタイルの上でした。
タイルはとびとびになっており、ジャンプして移動せねばなりません。
落ちないように、タイルの位置を確認してジャンプする必要がありますが、ポッチャマはあと先考えず踏み出して、タイルから落ちてしまいます。

【転】- ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険のあらすじ3

しかし、落ちたはずのポッチャマは、しばらくすると上空からタイルの上に落ちてきました。
どうやら落下しても、この場所に戻ってくるのだということは判明します。


ニャースたちも、タイルの場所に到着しました。
おくれを取ったとあせったニャースたちは、移動を開始しようとしますが、そこへマリルが現れ、歌をうたいます。
マリルの歌で眠ったニャースたちは、マリルにタイルから蹴落とされました。
上空から再びタイルの上に落ちたニャースは目覚め、ピカチュウたちのあとを追います。


ニャースたち一行に追われながら、ピカチュウたちはトンネルに入ります。
トンネルを出ると、不思議な空間に巻きこまれました。
ワープして、荒野のような場所に出ます。

その場所では、ピカチュウたちは小さくなり、ニャースたちの姿は巨大化していました。
ニャースは気をよくし、ピカチュウたちを追いかけ回します。


しかしまたワープが起こり、今度は逆になりました。
ピカチュウたちが大きくなり、ニャースが小さくなります。
しかもニャースは、ピカチュウの頭の上にいました。ピカチュウは、10万ボルトをお見舞いしようとします。

マネネがダンスのわざで、10万ボルトを阻止しようとしました。
ピカチュウはわざを出さなかったものの、マネネにつられてダンスを踊ったので、けっきょくニャースたちは飛ばされます。

ニャースが飛ばされた先には、巨大化したマリルがいました。
巨大なマリルが歌をうたい、ニャースはまたもや、眠りにつきます。

【結】- ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険のあらすじ4

ピカチュウたちはまたワープをし、今度は草原のような場所へ着きました。
そこへ、ユクシー、エムリット、アグノムの3体が現れて、ピカチュウたちを果物の実っている場所へ案内してくれます。
ピカチュウたちはひとやすみして、りんごを食べました。

ニャースたちも同じように、木の実がなっている場所へ移動します。
くだものの実と思い、ニャースがひっぱったのは、マリルのしっぽでした。
マリルに歌われて、ニャースはまた眠ります。


ピカチュウたちはやっと、アンノーンの場所の近くへ到着しました。
落ちそうになったピカチュウたちを、伝説のポケモン・デオキシスが助けてくれます。
目的地に着き、アンノーンは仲間と合流できました。
ピカチュウ、ポッチャマ、エネコは、アンノーンたちに感謝されます。

ニャースたちもその場所へ着きますが、がっくりしていました。
確かにその場所はキラキラしていますが、お宝ではなく、単に光がまばゆいだけだと知り、落胆します。

ピカチュウがふと空間の床を見ると、そこに隙間があり、下界の様子が見えました。
アンノーンはこの隙間から落ちて、ピカチュウたちのいる場所に来たのだと判明します。
つまり、この穴を使えば、下界の遊び場の近くまで移動できると思ったピカチュウは、アンノーンと別れを告げ、穴を使って帰ります。
ニャースたちも急いで、穴に飛び込みました。


ピカチュウ、ポッチャマ、エネコの3体は、タイヤにうまく着地して無事に帰れました。
ニャースたちもどうやら、無事に帰還できたようです。


夜。
ピカチュウたちは、夜空の花火を見ます。
ニャースたちもビルの屋上から、花火を見ていました。
ところがニャースの背後にマリルが現れます…。
(この後、どうなるかは、想像がつく)

ふしぎなことがあったけれども、ピカチュウにとって、今日も楽しいいちにちであったことに、変わりはありません。

みんなの感想

ライターの感想

エネコが可愛い~。
目的地にたどりつくまでの、いろいろが楽しい。
特に中盤の、ニャース巨大化、ピカチュウ巨大化のくだりが笑えた。
荒唐無稽なんだけど、面白い。
楽しい気分になれる作品。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ポケットモンスターピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険」の商品はこちら