映画:ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラム

「ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラム」のネタバレあらすじと結末

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと白き英雄 レシラムの紹介:2011年公開の日本アニメ映画。ポケモンアニメーションの大ヒット・シリーズ第14弾。イッシュ地方を舞台に、幻のポケモン・ビクティニをめぐり、“真実”を追求する心が強い人間を認めた時、初めて姿を現すという伝説のポケモン・レシラムを中心としたストーリーが展開する。同日公開作品に、この作品と対になる『黒き英雄 ゼクロム』もある。

あらすじ動画

ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラムの主な出演者

サトシ(松本梨香)、ピカチュウ(大谷育江)、アイリス(悠木碧)、デント(宮野真守)、ムサシ(林原めぐみ)、コジロウ(三木眞一郎)、ニャース(犬山イヌコ)、ドレッド・グランギル(つるの剛士)、ドレッド・グランギル〔少年時代〕(たかはし智秋)、カリータ(石原さとみ)、ジャンタ(大地真央)、モーモント(山寺宏一)、王様(内海賢二)、ビクティニ(水樹奈々)、ゼクロム(高橋英樹)、レシラム(谷原章介)、ジュンサー(たかはし智秋)

ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラムのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①大地の民の青年・ドレッドは故郷を取り戻そうと考えていた。サトシを気に入ってビクティニが姿を現わし、それを見たドレッドは、力をあたえるビクティニの力を借りようと思う。ドレッドはビクティニを使い、城を動かし始めた。 ②城を宙に浮かせたため、竜脈が乱れて暴走を始めた。ドレッド側につくゼクロムに対抗し、サトシはレシラムで対抗。城は竜脈の頭に着地して暴走が止まった。

【起】- ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラムのあらすじ1

(注:今作品は『劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』と基本的には同じストーリーですが、一部ちがうところもあります)

ポケットモンスター。ちぢめて、ポケモン。
この星のふしぎな、ふしぎな生き物です。
空に、海に、森に、街に…その種類は100、200、300、いや、それ以上かもしれません。
世界中のいたる所で、ポケモンの姿を見ることができます。
人とポケモンは、さまざまな絆を結び、この世界の中で仲良く暮らしていました。
マサラタウンのサトシは、そんなポケモンが大好きな少年です。
オーキド博士から最初のポケモン、ピカチュウをもらい、
マサラタウンをあとにして、ポケモントレーナーとしての修行の旅に出ました。
幾多の試練を乗り越えて、ポケモンリーグのチャンピオンになるために、
最高のポケモンマスターになるために、出会いと別れを繰り返し、
サトシと、仲間たちの旅は続きます…。


かつて「大地の民」と呼ばれた一族がいます。
今からおよそ1000年前のこと、彼らは「大地の郷(さと)」という場所に住んでいました。
その国の王様は、ビクティニという伝説のポケモンを飼っていました。
「大地の郷(さと)」は、竜脈の力を使って栄えていました。竜脈とは、大地を流れる、目に見えないエネルギーのことです。
大地の郷は栄えていましたが、王様には双子の兄弟がおり、2人の王子は国の行方をめぐって対立します。

片方の王子は、黒いゼクロムという伝説のポケモンを従え、「理想を追求する勇者」でした。
もう片方の王子は、白いレシラムという伝説のポケモンを従え、「真実を追求する勇者」でした。
2人の王子は国の行方について対立し、やがてそれは大きないくさにまで発展してしまいます。
勝負はつかず、互いに消耗してしまい、ゼクロムとレシラムは石に姿を変え、長い眠りにつきました。

その後、両方の王子はともに「自分の考えは間違っていた」と気づきます。どちらが正しいというのは、なかったのです。
しかし時すでに遅く、竜脈のエネルギーが乱れてしまいました。
王様は自分のポケモン、ビクティニの力を借りることにします。

城の周りに「護(まも)りの柱」という結界を作り、巨大な刀の形をしたお城を動かし、山の上に城を移動させました。
ところがその時に、王様は力尽きてしまい、護りの柱の結界を解かず、他界してしまいます。
王子たちは反省して、ゼクロムとレシラムの石は、城の地下の誰も知らない場所に隠しました。
しかし大地の力を失ってしまった大地の民は、以後、ちりぢりに散らばってしまいました。
それでも、アイントホークの城には、今でもなお王様が飼っていたポケモン、ビクティニが住んでいるとされています…。


大地の民の青年ドレッド・グランギルは、古い言い伝えを聞いて、大地の郷を蘇らせたいと思っています。
各地を旅して、あちこちに散らばった大地の民に、結集を呼びかけていました。

氷原を訪れたドレッドは、村人のドヌークを説得します。
酋長のヤジンも、その息子、オードも同意見でした。
オードは氷原に小さく生える、薬草を集めて回っています。

【承】- ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラムのあらすじ2

そこへ巨大な氷河が移動を開始して、氷原に迫ってきました。
それを見たドレッドは、伝説のポケモン、ゼクロムに乗り、氷河を破壊してヤジンたちを助けます。
「希望の先に、理想はある」
ゼクロムを蘇らせたドレッドを、彼らは信用する気になりました…。


…サトシ、デント、アイリスの3人は、イッシュ地方にあるアイントオークの収穫祭の記念で行なわれる、ポケモンバトル大会に出場するつもりで、街を訪れます。
途中、ガケから落ちそうになっているシキジカを見つけたサトシは、シキジカを助けに行きました。
透明化していたポケモン、ビクティニもはらはらしながら見ています。

シキジカを助けたものの、ガケから落ちそうになったサトシに、ビクティニは力を与えました。
サトシは予想以上に大きなジャンプをし、反対側のガケへ飛んで落下を免れます。
(ビクティニは、強大なパワーを与えることができます)
ビクティニは、サトシを気に入りました。サトシにくっついていきます。
透明なので、サトシはそれを知りません。

反対側のガケにある洞窟で迷いかけたサトシでしたが、デントやアイリスと無事に合流しました。
デントがおやつとしてマカロンを出し、ビクティニはサトシの分のおやつを横取りしました。
3人がいるところは、剣の形をした城でした。
城の修復作業をしていたドレッドは、サトシを町まで案内すると言います。

ふもとではモーモント町長が、収穫祭記念バトルの開催を宣言していました。
勝負は1対1で、ポケモン交代なしで戦うものです。負けると相手に、記念のメダルを渡していき、最後に残った者が勝利者です。
街のあちこちで、戦いが始まりました。
(ここがオープニングの曲)


・デント…色白ほっそり、緑の髪の少年。サンヨウジムの元ジムリーダー。世界一のポケモンソムリエを目指している。料理が得意。
・アイリス…紫の髪の、ボリュームがある少女。ドラゴンタイプのポケモンを操る、ドラゴンマスターを目指している。

・ムサシ…ロケット団の一員。赤髪の女性。
・コジロウ…ロケット団の一員。水色の髪の男性。
・ニャース…ロケット団の一員。ポケモンだが人間の言葉をしゃべるので、ムサシ、コジロウと共に活動している。


戦いですが、アイリスは手違いで2匹めを出したことになってしまい、負けます。
デントは敵が強かったため、負けました。
勝ち進んだサトシは、みずポケモンのダイケンキに、ほのおポケモンのポカブで不利な戦いを挑みます。
ポカブはいとも簡単にはね返されますが、露店にぶつかった時、ビクティニが力を分けました。
力をもらったポカブはパワーアップし、ダイケンキに勝ちました。

その戦いを見ていた露店の少女・カリータは、ビクティニがポカブに力を与えたのではないかと思いました。
カリータがサトシにサザンドラで戦いを挑み、サトシはズルックで応戦します。
カリータの想像どおり、ビクティニがズルックに力を与えました。
カリータは、ビクティニがいることを指摘します。

【転】- ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラムのあらすじ3

町での噂は聞いたものの、本物のビクティニがすぐそばにいると聞いて、サトシは驚きます。
マカロンを放って呼んでみると、ビクティニは透明のままマカロンを食べました。
ビクティニは臆病でしたが、サトシとは打ち解けます。
しかしサトシが城の外へ連れていこうとすると、ビクティニは逃げてしまいました。
サトシは知らなかったのですが、結界があり、ビクティニはその外へは出られないのです。
ビクティニは去り、カリータの母・ジャンタが見えない結界のことを、サトシたちに話します。


不快な思いをしたポケモンは、きっと居心地のいい場所に移動しただろうと、ジャンタはサトシたちを連れて、町長の果樹園に行きました。
思ったとおり、ビクティニはそこにいました。
サトシはビクティニに素直に謝り、ビクティニと仲直りします。
一部始終を見たドレッドは、ビクティニの力を借りようと思っていました。
ドレッドはジャンタの息子で、カリータの兄でもあります。

サトシは大地の民の言い伝え(最初に記載)について、話を聞きます。
ビクティニが王様のポケモンで、1000年以上もこの土地にいたと知り、サトシはビクティニがさびしかっただろうと想像しました。
しかし、ビクティニは他の野生のポケモンと仲良しで、さびしそうでもないとサトシは思いなおします。


ドレッドはモーモント町長に3年前から、大地の民の復活を提案していました。
ほかの土地に点在する大地の民を説得して回っていたことも告げます。
しかし、他の土地に住み着いた大地の民は、容易に説得に応じようとしませんでした。

くじけそうになったドレッドは、ある時、声を聞きます。
「お前の理想はそんなものか。捨ててしまえ、そんな理想は」
そこでドレッドと町長は、城の地下を探し、ゼクロムと会いました。
以来、ドレッドはゼクロムと共に、大地の郷を復活させようと考えています。

夜、寝ているビクティニと同調し、同じ夢を見たサトシは、やはりビクティニは王様がいなくなって、さびしい思いをしていたのだと気付きました。
いっしょに夜明けを見たサトシは、ビクティニが海を見たがっていることを知り、連れていってやると約束します。


ドレッドはビクティニを使い、城を移動させようと考えました。
ゴチルゼルを出し、城の周囲にある護りの柱を抜いたドレッドは、ビクティニの力を借りて城を移動させようと考えます。
ビクティニは城の中央に閉じ込められ、ドレッドはビクティニの力を借り、城に集めたエスパーポケモンの力を増幅することで、城を宙に浮かせました。
この城を使うことで、竜脈を動かそうとドレッドは考えています。

しかし…それは大きな勘違いだったのです。
城が宙に浮かんだ瞬間、眼下に竜脈が走りました。
砂漠の土地に竜脈が走り、エネルギーが広がったものの、竜脈は乱れます。

【結】- ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラムのあらすじ4

サトシはビクティニの苦しむ声を聞いて、ドレッドにやめるようにと言います。
このままだとビクティニの命が危ないと訴えますが、ドレッドは拒否しました。
ドレッドの母・ジャンタや妹・カリータが説得しても、ドレッドは「これが正しい」と思っているので、説得は無理でした。

ビクティニと同調したサトシは、城を抜いたことが誤りだと気付きます。
そもそも、城は「乱れた竜脈を止めるために」今の位置に置かれたのでした。
それ以前に石になり、眠りについたポケモン、ゼクロムは、そのことを知らないのです。
しかしドレッドもゼクロムも止められないと思ったサトシは、もう1匹のポケモン、レシラムの力を借りようと考えました。


城の地下に降りたサトシは、試練の道をとおって「ビクティニを助けたい」と訴え、レシラムを起こすことに成功します。
レシラムは「お前の勇気は真実となる」と言い、力を貸すことを約束しました。


その頃、ドレッドのところへ町長がやってきて、遅ればせながらドレッドも、竜脈が暴走したことを知ります。
そこへレシラムが現れ、ゼクロムと戦い始めました。
サトシはレシラムの背からおり、ビクティニを助けにいきます。

ゼクロムとレシラムが戦い始め、そのあいだにサトシはビクティニを助けようとします。
「犠牲が必要な理想なんていらない」とサトシが言うと、ゼクロムが来て、ビクティニをかこっていた装置を破壊しました。
ゼクロムもレシラムもドレッドも、竜脈の乱れを知り、誤っていたと気付きます。


竜脈を鎮める方法を探ったドレッドは、ゼクロムとレシラムの力を借りて、竜脈の頭の部分に城を着地させようと考えました。
しかし竜脈のエネルギーが逆流しており、城は上空へどんどん上がっていきます。
城は上空へ飛んでしまいました。

サトシはピカチュウとビクティニを抱え、寒い上空で2匹が凍えないよう、守ります。
サトシは自分のふがいなさにいきどおり、「海に連れてくって約束したのに、ごめん」と涙を流しました。
それを見たビクティニは、みずからが力を出し、護りの柱の結界を破壊します。
しかしビクティニは消えました。


ゼクロムとレシラムの力を借り、城はゆっくりと降下します。
途中からドレッドが乗り込むと、寒さで気絶したサトシに毛布をかけ、竜脈の頭部分に着地させるようコントロールし始めました。
着地は成功します。

そこは、波打ち際でした。
サトシは海を見ながら、ビクティニのことを思い返します。
ビクティニに何もしてやれなかったと思いながら、海にマカロンを放ると、宙で浮いたままマカロンが消えました。
ビクティニは無事でした。姿を現わします。
ビクティニが元気そうな姿を見て、サトシは喜びました。


ドレッドは反省しますが、母のジャンタは「これからが大事だ」とさとしました。
ドレッドは、今後も大地の郷の理想を見つけようと考えます。
ゼクロムとレシラムが海すれすれを高速で飛んで行き、虹がかかります。

(エンドロール)
大地の民とサトシたちは、竜脈をめぐる旅に出る。ビクティニも同行。
そのうちに、ドレッドもビクティニと同調し、映像が見えるようになる。

サトシたちは大地の民と別れ、次の町へ。
ロケット団たちは相変わらず、サトシたちを尾行している。

みんなの感想

ライターの感想

面白かった。竜脈が出てくるとは!
ビクティニは可愛いし、レシラム、ゼクロムそれぞれ活躍のシーンもあり、これはなかなか上手。
タイトルにレシラムが出てくるのだけども、登場シーンは実はゼクロムのほうが多い。
レシラムはクライマックスに出てくる。
対になっているほうもあわせて見ると、肝となるストーリーは同じなのだが、
一部対照的なシーン(正対称のシーン)もあって、興味深い。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ポケットモンスターベストウイッシュ14ビクティニと白き英雄レシラム」の商品はこちら