映画:ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオ

「ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオ」のネタバレあらすじと結末

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオの紹介:2012年公開の日本アニメ映画。ポケモンアニメーションの大ヒット・シリーズ第15弾。15周年を記念してシリーズ全作を手がける湯山邦彦監督が、バトル&友情というポケモン本来のシンプルなテーマに正攻法で取り組んだ。過去最強のドラゴン型ポケモンや“聖剣士”と呼ばれる新キャラクターなどが続々登場する。

あらすじ動画

ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオの主な出演者

サトシ(松本梨香)、ピカチュウ(大谷育江)、アイリス(悠木碧)、デント(宮野真守)、マリン(ローラ)、ケルディオ(中川翔子)、コバルオン(山寺宏一)、テラキオン(安元洋貴)、ビリジオン(本田貴子)、キュレム(高橋克実)

ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①聖剣士になるため修行を続けるケルディオは、見習いの身でキュレムに戦いを挑んだことで、先輩の3剣士を氷漬けにされ、恐怖から勝負を放棄して逃亡。サトシは傷ついたケルディオを見つけ、保護する。 ②サトシはケルディオに同行してキュレムの城へ行く。ケルディオは覚悟を決めてキュレムと再戦、負けたが聖剣士として認められた。

【起】- ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのあらすじ1

ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのシーン1 ポケットモンスター。ちぢめて、ポケモン。
この星のふしぎな、ふしぎな生き物です。
空に、海に、森に、街に…その種類は100、200、300、いや、それ以上かもしれません。
世界中のいたる所で、ポケモンの姿を見ることができます。
人とポケモンは、さまざまな絆を結び、この世界の中で仲良く暮らしていました。
マサラタウンのサトシは、そんなポケモンが大好きな少年です。
オーキド博士から最初のポケモン、ピカチュウをもらい、
マサラタウンをあとにして、ポケモントレーナーとしての修行の旅に出ました。
幾多の試練を乗り越えて、ポケモンリーグのチャンピオンになるために、
最高のポケモンマスターになるために、出会いと別れを繰り返し、
サトシと、仲間たちの旅は続きます…。


・サトシ…主人公の少年。マサラタウン出身。世界一のポケモンマスターを目指し、ピカチュウと旅を続けている。
・アイリス…ボリュームのある紫の髪の毛の少女。竜の里出身で、ドラゴンマスターを目指している。
・デント…黄緑色の髪の少年。サンヨウシティ出身。世界一のポケモンソムリエを目指している。

・ムサシ…ロケット団の一員。赤髪の女性。
・コジロウ…ロケット団の一員。水色の髪の男性。
・ニャース…ロケット団の一員。ポケモンだが人間の言葉をしゃべるので、ムサシ、コジロウと共に活動している。


…草原を走る4体のポケモンがいました。
それは、聖剣士のリーダー・コバルオン、兄貴分的な存在・テラキオン、落ち着いた女性的な口調のビリジオンと、修行中の身のケルディオです。
ケルディオは聖剣士になるために、コバルオン、テラキオン、ビリジオンの特訓を受けていました。
ケルディオはまず、ビリジオンと勝負をします。勝負の最中は、コバルオンとテラキオンはその様子を見守っています。

続いてテラキオン、コバルオンに勝負を挑んだケルディオには、夢がありました。
一刻も早く聖剣士となって、地上最強といわれるドラゴンポケモン、キュレムと一戦交えるというものです。

【承】- ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのあらすじ2

ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのシーン2 特訓の後、ケルディオは「キュレムと戦いたい」と訴えますが、3体の聖剣士は「お前はまだ、剣の重さが分かっていない」と否定します。


あきらめきれないケルディオは、キュレムが住む剣の山のような場所へ行きました。
キュレムに対し、自分は聖剣士だとうそをついて、ケルディオは戦いを挑みます。
気付いたコバルオン、テラキオン、ビリジオンが駆け付けますが、すでに勝負は始まっていました。1対1の勝負に水をさすことは、本物の聖剣士でも許されません。

ケルディオはキュレムとの戦いに惨敗し、額にある角を折られてしまいました。
見ていられないと思ったテラキオンが助太刀しようとすると、キュレムは怒ってホワイトキュレムとなり、「戦いを邪魔する奴は許さん!」と3体を氷漬けにしてしまいます。
自分のせいで、コバルオン、テラキオン、ビリジオンが氷漬けになったので、ケルディオはショックを受けました…。


サトシ、アイリス、デントはイッシュ地方のローシャンへ行くために、旅をしていました。
列車に乗って移動しています。
途中、風の駅の電車待ち時間を使い、サトシたちは駅弁・ダルマッカ弁当を大量に買い込みます。

その列車の上に、逃げてきたケルディオが落ちました。
ピカチュウが気配を察知し、ケルディオを見つけます。
サトシたちがケルディオを介抱していると、ケルディオを追ってキュレムがやってきました。
サトシはケルディオをかばって逃げます。

キュレムは攻撃をしようとしますが、ちょうどその時、列車がトンネルにはいttので、キュレルの攻撃を避けられました。
アイリスは、伝説のポケモン、キュレムについて説明します。
おばばさまからの言い伝えでは、キュレムはゼクロムやレシラムと同時に生まれた、史上最強のドラゴンポケモンなのだそうです。


ポケモンセンターでケルディオを手当てしてもらったサトシは、ジョーイさんから聖剣士について教わりました。
ケルディオは元気になると、ひとのことばを使ってしゃべります。

【転】- ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのあらすじ3

ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのシーン3 聖剣士だとうそをついてキュレムに戦いを挑んでしまったこと、味方である3体のポケモンたちが氷漬けになってしまったこと、角を折られて怖くなり、逃げ出してしまったこと…それらをケルディオは、サトシに話します。
キュレムはケルディオが「戦いから逃げたこと」「聖剣士だとうそをついたこと」で怒っているだろうと、ケルディオはサトシに打ち明けました。

話を聞いたサトシは、ケルディオに力を貸すと言います。
アイリスとデントも協力すると言い、みんなで行くことになりました。
その前に、買っていたダルマッカ弁当を広げ、みんなで食べます。


ひとやすみしていたサトシたちのところへ、キュレムがやってきました。
キュレムは姿を変えることで、レシラム、ゼクロムが持っているような力を発揮できるポケモンです。
キュレムの仲間として、フリージオという小さな雪の結晶のようなポケモンもついてきました。
キュレムがホワイトキュレムになると炎をあやつり、ブラックキュレムになると雷をあやつります。

ビルの間でフリージオが襲ってきたために、サトシとケルディオ、アイリスとデントははぐれてしまいました。
合流したあと、デントの案内で、今は使われていない地下鉄の通路を使い、町の外へ出ることにします。


地下鉄の通路を通っていると、昔の駅が博物館になっていました。
それを見たデントが、いいことを思いつきます。

博物館の飛行船を使って脱出をしたので、フリージオとキュレムが追っていきました。
しかし飛行船に乗っているのは、アイリスだけでした。おとりになったのです。
続いてデントは列車を使って脱出をし、おとりになります。
そのあいだにサトシとケルディオは、岩山へ移動しました。

移動しながらケルディオは、3体の聖剣士から教わったことを思い出します。
なぜここまでしてくれるのかというケルディオの問いに、サトシは「だって友だちだろ」と答えました。

【結】- ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのあらすじ4

ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオのシーン2 キュレムの城に着きました。しかしケルディオは、おそれをなします。
それを見たサトシが、代わりに行くと言い出しました。
凍りついた3体のポケモン、コバルオン、テラキオン、ビリジオンを見つけ、かえんほうしゃやいわくだきで攻撃をし、氷漬けを解こうとします。
そこへキュレムがやってきました。
サトシを見つけ、攻撃を仕掛けるのを、ケルディオがバリアを張って止めました。


ケルディオはキュレムに対して、うそをついて挑んだと告白します。
キュレムはそれに対して、分かっていたと答えました。そして、もう1度決着をつけようと言います。
おとりになったデントとアイリスも駆け付けました。

ケルディオは先輩の聖剣士たちから学んだことを思い出し、決意をかためました。
恐怖を克服したケルディオは、姿が変わります。

変わった姿で戦い始めたケルディオは、キュレムに挑みました。
サトシはその間に、氷漬けの3体を解放しようとします。
キュレムの攻撃に足を取られ、ケルディオがピンチに陥りました。
とっさにピカチュウが10万ボルトの技を出そうとしますが、それをケルディオが止めます。
1対1の戦いなので、助太刀はいらないのです。

自力で脱出したケルディオは、キュレム相手に奮闘します。
一度は氷漬けにされながらも、神秘のつるぎで氷から脱出し、キュレムに体当たりを食らわせました。
ブラックキュレムに臆することなく、角の剣で対抗します。


…戦いは、ケルディオの負けでした。
ケルディオの角の剣は、キュレムに踏まれます。
しかしキュレムは、ケルディオの実力を買いました。
「お前は勝負よりも、仲間を守ることを選んだ。いい剣だ」
そう言って、キュレムは足を離します。

3体の聖剣士も氷から解放されました。氷の中でも一部始終が分かったそうです。

戦いの余波で、城が崩れ始めます。
サトシたちは3体の聖剣士の背中に乗せてもらい、脱出しました。
キュレムはホワイトキュレムに姿を変え、城の破壊を止めます。
こうして城は、また元通りになりました。


ケルディオは3体の先輩に、聖剣士として認められます。
聖剣士の儀式を終えたケルディオの「かくごのすがた」は、りりしいものでした。

(エンドロール)飛行船で去るサトシたち。
それを見送る聖剣士。
サトシたちは都会へ戻る。
ロケット団はエンスト? 車を押して坂道をのぼっている。
サトシ、アイリス、デントは旅を続ける。

みんなの感想

ライターの感想

いやあ、なかなか満足の出来。
キュレムのフォルムが変わるのもかっこいいし、ケルディオもかくごを決めてから、かっこいい。
キュレムには敵わなかったけれども、認められるというこの展開も、しぶくていい。じーんとする。
ロケット団の存在、映画になるといつも薄くなるけど、今回はとうとう一切セリフなし!
なんか不憫…(笑)。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ポケットモンスターベストウイッシュ15キュレムVS聖剣士ケルディオ」の商品はこちら