映画:ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオス

「ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオス」のネタバレあらすじ動画と結末

ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオスの主な出演者

サトシ(松本梨香)、ピカチュウ(大谷育江)、カスミ(飯塚雅弓)、トゲピー(こおろぎさとみ)、タケシ(上田祐司)、ムサシ(林原めぐみ)、コジロウ(三木眞一郎)、ニャース(犬山犬子)、オーキド博士(石塚運昇)、ママ(豊島まさみ)、ワニノコ(西村ちなみ)、エーフィ(かないみか)、アリアドス(坂口候一)、プテラ(小西克幸)、ロッシ(山寺宏一)、アナウンサー(広川太一郎)、カノン(折笠富美子)、ボンゴレ(グッチ裕三)、ラティオス(江原正士)、ラティアス(林原めぐみ)、ザンナー(神田うの)、リオン(釈由美子)

ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオスのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①水の都アルトマーレで、サトシはむげんポケモンのラティアスに気に入られ、ひみつの庭園に案内される。ラティオスとも会ったサトシは「ゆめうつし」という技を見せてもらった。 ②アルマトーレに古くから伝わるおとぎばなしを手掛かりに、姉妹の怪盗・ザンナーとリオンは「こころのしずく」を盗み、ラティアスとラティオスを使って悪事を働こうとする。サトシたちは阻止するが、こころのしずくは消失、ラティオスが新たなこころのしずくになった。

【起】- ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオスのあらすじ1

ポケットモンスター。ちぢめて、ポケモン。
この星のふしぎな、ふしぎな生き物です。
空に、海に、森に、街に…その種類は100、200、300、いや、それ以上かもしれません。
世界中のいたる所で、ポケモンの姿を見ることができます。
人とポケモンは、さまざまな絆を結び、この世界の中で仲良く暮らしていました。
マサラタウンのサトシは、そんなポケモンが大好きな少年です。
オーキド博士から最初のポケモン、ピカチュウをもらい、
マサラタウンをあとにして、ポケモントレーナーとしての修行の旅に出ました。
幾多の試練を乗り越えて、ポケモンリーグのチャンピオンになるために、
最高のポケモンマスターになるために、出会いと別れを繰り返し、
サトシと、仲間たちの旅は続きます…。


〝むかしむかし、アルトマーレという島に、おじいさんとおばあさんがいました。
ある日ふたりは海岸で、小さな兄妹がケガをしているのを見つけました。
おじいさんとおばあさんの手厚い看護で、ふたりはみるみるよくなりました。
しかし突然、邪悪な怪物が島に攻めてきたのです。
島はたちまち、怪物に呑みこまれました。
とその時、おじいさんとおばあさんの目の前で、ふたりの姿が変わっていきました。
ふたりはむげんポケモン、ラティオスとラティアスだったのです。
二匹は、空から仲間を呼びよせました。
彼らは、邪悪な闇を追い払う力を、持ってきてくれました。
それは、「こころのしずく」という宝石だったのです。
島には平和が戻りました。
それからというおの、「こころのしずく」があるこの島に、ラティオスとラティアスは
しばしば立ち寄るようになりました。
この島が邪悪な怪物に襲われることは、その後、二度とありませんでした〟

…アルトマーレの図書館で、深夜にこの本を読んでいた2人の姉妹の怪盗・ザンナーとリオンは、図書の棚の間にバラとカードを置き、本を盗みます。
姉のザンナーは金髪のカール髪、妹のリオンは水色の髪の女性です。
ザンナーは宝石を好みますが、リオンは別のものを狙っていました。
立ち去りながら、リオンは「物語は実話で、続きがある」と話します…。

…サトシたちは水の都・アルトマーレへ来ていました。この都はあちこちに運河が通っており、道が入り組んでいます。
ちょうど水上レースが催されており、サトシとカスミが参加し、タケシは観戦します。

・タケシ…肌黒、黒髪の少年。世界一のポケモンブリーダーを目指している。年上の美人女性に弱い。
・カスミ…オレンジの髪の少女。水ポケモンのトレーナー。ハナダシティのジムリーダーでもある。

・ムサシ…ロケット団の一員。赤髪の女性。
・コジロウ…ロケット団の一員。水色の髪の男性。
・ニャース…ロケット団の一員。ポケモンだが人間の言葉をしゃべるので、ムサシ、コジロウと共に活動している。
(今回ロケット団は、やたら水しぶきを浴びる役)


透明なので誰も気づきませんが、水上レースの途中からサトシの周囲に、透明のポケモン・ラティアスが付き添っていました。
ワニノコの暴走で壁に叩きつけられそうになったサトシを、ラティアスが守ってくれます。

ゴール近辺では、カスミと前回の優勝者の青年・ロッシが競っていました。
そこへ、サトシが怒涛の追い上げをしますが、途中でコースを外れていきました。これは、ラティアスのいたずらによるものです。
レースは、「角(つの)の差」で、カスミのサニーゴがロッシのホエルコに勝利しました。
ロッシはカスミの健闘をたたえ、自分のゴンドラに乗せると言います。

【承】- ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオスのあらすじ2

サトシとタケシも、ロッシのゴンドラに乗せてもらいました。
運河の途中に、像がありました。ラティアスとラティオスというポケモンだと、サトシたちはロッシから教わります。

街には小型カメラがあり、街ゆく人を映していました。怪盗姉妹・ザンナーとリオンの操作するものです。
リオンは「ラティアスとラティオスは、人間の姿に変化し、まぎれこむことができる」と言いました。ただし、ヒトよりも体温が低いのが特徴です。
温度センサーを起動させると、ひとりの少女が明らかに、他者よりも体温が低いと判明しました。
2人はその少女を連行しようとします。

ザンナーとリオンを見たロケット団のコジロウが、「盗みの世界のナンバーワンだ」と言い出しました。
なにかを狙っている様子だと気付いたロケット団は、怪盗姉妹をだしぬけばいいと考え、姉妹が狙うものを探ろうとします。

街を探索したピカチュウとサトシは、少女がザンナーとリオンに襲われているのを見つけ、ピカチュウが走り出します。
少女はアリアドスとエーフィに襲われていました。サトシは少女を連れて逃げます。

路地裏を走って逃げたので、サトシは道に迷いました。
少女が元の場所まで案内して姿を消しました。
けっきょく少女は、最後まで口をききませんでした。

カメラでサトシを見つけたザンナー・リオン姉妹は、サトシを見張っていればラティアスが再び現れるのではないかと考えます。
標的をサトシに変え、ひそかに追跡しました。

サトシはその後、カスミとタケシと合流し、博物館と大聖堂を見学します。
大聖堂の床には、プテラやカブトプスの化石がありました。
(化石は伏線)
大聖堂の中央部分には、巨大な装置があるのですが、装置の使い道は分かっていないと、案内ガイドのボンゴレが言います。
(これは嘘、本当は知っているのだが、外部に漏らせない)

その大聖堂の2階に先ほどの少女がいると気付いたサトシは、そちらへ行こうとしました。
一度は見失ったサトシですが、再び少女が現れると、サトシを誘うように奥の方へ逃げていきます。
やがて少女は、日陰の中に消えていきました。追ったピカチュウの姿も消えたので、サトシも追っていきます。

着いた先は、綺麗な庭園でした。少女はブランコに乗っています。
サトシが近づこうとすると、風が吹き水の中から透明なラティオスが現れました。
サトシは何かの気配を感じ、ピカチュウが攻撃をしようとします。
その前に、ラティオスのほうが攻撃をしかけましたが、少女がサトシの前に立ちはだかります。

するとラティオスは、姿を現しました。白と水色のポケモンです。
さらにサトシは、口をきかない少女と全く同じ少女が、別の方からやってくるのを見かけます。ガイドのボンゴレも一緒でした。
少女はカノンと名乗り、口をきかないほうは、ラティアスでした。サトシの前で、ポケモンの姿に戻ります。白と赤色です。
ラティアスは、サトシやピカチュウと遊びたくて、ひみつの庭園に誘ったのでした。
それを知ったサトシは喜び、一緒に遊び始めます。
サトシの人柄を知ったラティオスも、友好的になりました。

【転】- ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオスのあらすじ3

ボンゴレとカノンの一族は、島に代々伝わる「こころのしずく」を守っています。
おとぎばなしで出てくる「2人の兄妹」とは、ラティオスとラティアスのことでした。
ラティオスとラティアスは歓迎の意を表し、「ゆめうつし」という技をサトシとピカチュウに見せます。
ラティオスが水中に潜り、進んで行く様子を、ラティアスがテレパシーのような能力で、見せるのです。相手に、自分の見ている世界を見せる技でした。
サトシは「ゆめうつし」を体験し、興奮します。

カノンがサトシに古くから伝わる物語を聞かせ、庭園に保管してある「こころのしずく」を見せました。
大聖堂の中央にあった装置は、島を守るために「こころのしずく」の力を最大限に引き出すものなのだそうです。
その一部始終を、サトシを追跡していたカメラでザンナー、リオン姉妹は見ていました。

ボンゴレはサトシを、ゴンドラの修理工場に案内します。ここから出入りできるのです。
ポケモンセンターに送ってもらう途中、サトシはカノンに「ラティアスが追われていた」ことを話しました。
カノンはそれを聞き、狙う者がいるのかと心配します。

夜。
ボンゴレのところへエーフィが来ると、サイコキネシスで眠らせます。
ザンナーとリオン姉妹は、庭園に侵入しました。
ラティオスとラティアスは警戒し、透明になりますが、ゴーグルをつけたリオンはエーフィとアリアドスに攻撃させます。
ラティオスがおとりになり、ラティアスを逃がしました。ラティオスは捕まります。
ザンナーとリオン姉妹は、「こころのしずく」も手に入れました。
ラティアスは逃げ、サトシを呼びにいきます。

「こころのしずく」を見たザンナーは喜びますが、妹のリオンは「おとぎばなしには続きがある」と言い、庭園の床のタイルの文字を並べ替えました。解読します。

〝悪しき者が「こころのしずく」を使う時、こころはけがれ、
しずくは失われる、この島と共に〟

タイルにはそう書かれていましたが、リオンは装置を使って「こころのしずく」の力を試したいと思います。

目覚めたボンゴレとカノンは、庭園に保管した「こころのしずく」がなくなっていることに気づきました。
同じ頃、捕らえたラティオスを姉妹が大聖堂の床に置くと、装置が動き始めます。
ボンゴレとカノンが大聖堂へやってきましたが、姉妹はサイコキネシスで気絶させます。
「こころのしずく」を装置にセットすると、コントローラーが出てきました。

サトシが眠るポケモンセンターに、カノンの姿を借りたラティアスがやってきます。
起きたサトシは、ラティアスにタケシとカスミを「仲間だ」と紹介しました。
ラティアスは警戒を解いて、本当のポケモンの姿になります。
ラティアスは「ゆめうつし」を使い、サトシたちにラティオスの見ている光景を見せました。
それにより、サトシたちはラティオスやボンゴレ、カノンのピンチを知り、大聖堂へ行きます。

大聖堂では、リオンが装置に乗り込んでコントローラーを操作し始めました。
すると博物館の床にあった化石のプテラとカブトプスが、実体化します。
リオンは、ラティアスを捕まえてこいと、プテラとカブトプスに命じました。
続けてリオンが操作すると、街のあちこちに柵が出没し、閉じ込められます。

【結】- ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオスのあらすじ4

まずいと感じたサトシは、とっさに運河に飛び込みました。タケシとカスミは柵の中に閉じ込められます。
サトシはゴンドラで運河を移動して、大聖堂へ向かおうと考えました。ラティアスの案内で移動します。
プテラが襲ってきたので、ラティアスは透明になりました。
サトシは水上レースのボートを使い、ラティアスに牽引してもらって移動します。
タケシとカスミは後方支援のため、自分の手持ちのポケモン、クロバット、サニーゴ、ニョロトノを出しました。
3匹がカブトプスを倒します。

リオンは装置の力があれば世界征服も夢ではないと思い、装置を使いました。
津波を起こしてラティアスを捕獲しようと考えます。
姉のザンナーは、妹・リオンが暴走を始めたので、制止しようとしますが、リオンは言うことをききません。
津波は、ラティアスが力を使って回避しました。しかし代わりに装置が暴走を始めます。

サトシとピカチュウ、ラティアスが大聖堂に来て、ボンゴレとカノンを助けました。
しかしラティオスの力は、装置に吸収されています。
ラティアスが助け、装置も止まりました。
ザンナーが「こころのしずく」を手に取りますが、色が黒く変色し、消失してしまいます。

「こころのしずく」を失ったことで装置が再び暴走を始め、海の水が島から引きました。
前よりももっと大きな津波が、島を襲おうとします。
ラティオスとラティアスは津波に向かい、白い1つの光になって立ち向かいました。
津波は回避できます。
白い光の中で、ラティオスは妹のラティアスに別れを告げました。

装置はまた静まり、海の水も戻ってきます。島を覆っていた柵も解除されました。
ザンナーとリオン姉妹は、装置の中に閉じ込められたままです。

朝。
サトシたちは船に乗り、ラティオスとラティアスを探しにいきました。
マンタインと2匹のチョンチーが、ラティアスを運んできます。
ラティオスはどこかとカノンが聞きますが、ボンゴレが「ラティオスが街を救ったのだ」と気づきます。

ラティアスが「ゆめうつし」で、ラティオスの見ている世界を見せてくれました。
ラティオスは地球を、はるかに離れた場所から見ています。
再びゴンドラに戻ってきた時、「こころのしずく」がありました。
ラティオスは、新しい「こころのしずく」に生まれ変わっていました。

新しい「こころのしずく」は、保管されます。あたたかい光だと、ボンゴレは言いました。
島に平和が戻ります。

サトシたちは別れを告げ、島を去ろうとしました。
そこへ追ってきたカノン(の姿をしたラティアス)がサトシにキスすると、絵を渡して去ります。
渡された絵には、サトシとピカチュウが描かれていました。
やってきた少女が、カノンなのかラティアスなのか、サトシには分かりません。
さらにサトシは、ラティアスとラティオスの姿を見た気がします。
サトシたちの乗ったボートは、島を去っていきます…。

(エンドロール)装置はボンゴレの指揮のもと、修復作業を開始。
その過程でザンナーとリオン姉妹が見つかり、逮捕される。
刑務所に入ったザンナーとリオンだが、懲りもせずに新たな獲物を図書室で物色中。
(ここで映画『ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』に出てきたジラルダンが、雑誌にちらっと掲載されている)
サトシたちの旅は続く。

みんなの感想

ライターの感想

景色が綺麗! ラティアスとラティオスの造形が綺麗! 綺麗づくし!
…それだけに、ラストでラティオスがいなくなってしまうのが、悲しい。
新しい「こころのしずく」になったというのは判るんだけど、できれば復活してほしかったなあ。
サトシがさわれば、「こころのしずく」のけがれが取れるとかいう設定にしておけばよかったのに。
ラストシーン、どっち(カノンなのかラティアスなのか)だったかはどうでもいいような気がする。
風景の美しさがとても印象に残る作品。ポケモン、ラティオスとラティアスの兄妹愛も。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ポケットモンスター5水の都の護神ラティアスとラティオス」の商品はこちら