映画:ミッキーとあざらし

「ミッキーとあざらし」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

ミッキーとあざらし:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスが主人公のシリーズ第116作品目にあたる作品である。監督を務めたのはウォルト・ディズニー・カンパニーに所属し、シリーズで多く監督を務めているチャールズ・オーガスト・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。

あらすじ動画

ミッキーとあざらしの主な出演者

ミッキーマウス(ジム・マクドナルド)、プルート(ピント・コルヴィッグ)

ミッキーとあざらしのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ミッキーとあざらしのあらすじ1

ミッキーとあざらしのシーン1  動物園にやってきたミッキーはあざらしのコーナーへやってきました。そして、カゴいっぱいに持ってきた魚をあざらしにあげ始めました。群がるあざたしたち。その中で、小さな子供のあざらしもいました。子あざらしは、大人たちが餌に群がる中で、ミッキーの足元に置いてあるカゴを発見し、こっそり忍び込みました。ミッキーは気づかずにそのままカゴごと子あざらしを持ち帰ってしまいました。

【承】- ミッキーとあざらしのあらすじ2

ミッキーとあざらしのシーン2  家に帰ったミッキー。まだ気づいていませんでしたが、プルートはその嗅覚でカゴの中に何かが入っていることを見抜きました。ミッキーがいない間にカゴの中をのぞくと子あざらしが飛び出して来ました。逃げる子あざらしをプルートは追いかけていきます。しかし子あざらしがいることを知らないミッキーはプルートがはしゃぎだしたと勘違いして、プルートを外へ追い出してしまいました。

【転】- ミッキーとあざらしのあらすじ3

ミッキーとあざらしのシーン3  ミッキーはお風呂に入りました。すると、違和感を感じて中を覗きました。するとそこに子あざらしがいました。驚くミッキーでしたが、子あざらしをブラシで洗ってあげました。

【結】- ミッキーとあざらしのあらすじ4

ミッキーとあざらしのシーン2  ミッキーとプルートは子あざらしを動物園に帰してあげました。子あざらしは大人たちに、ブラシで体を洗われる風呂が気持ちいいことを伝えました。
 
 ミッキーとプルートが家に戻ると、何か騒がしい音が聴こえてきます。風呂場に向かうと、子あざらしだけではなく大人のあざらしたちが風呂場ではしゃいでいました。その様子を見たミッキーとプルートは困った様子で顔を見合わせました。

みんなの感想

ライターの感想

とにかく子あざらしが可愛いです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ミッキーとあざらし」の商品はこちら