映画:ミッキーのアイススケート

「ミッキーのアイススケート」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

ミッキーのアイス・スケートの紹介:1935年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスを主人公としたシリーズの第79作目にあたる作品である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めているペン・シャープスティーン。ミッキーマウスの声をウォルト・ディズニー自らが演じている。日本ではディズニーデラックスで配信されている。

あらすじ動画

ミッキーのアイススケートの主な出演者

ミッキーマウス(ウォルト・ディズニー)、ミニー(マーセリット・ガーナ―)、ドナルドダッグ(クラレンス・ナッシュ)、グーフィー(ピント・コルヴィッグ)、プルート(ピント・コルヴィッグ)

ミッキーのアイススケートのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ミッキーのアイススケートのあらすじ1

ミッキーのアイススケートのシーン1  大勢の人で賑わうスケートリンク。ミッキーとミニーもデートに来ていました。初めてスケートをするミニーはおぼつきませんでしたが、ミッキーは華麗な技を披露します。スイスイと障害を避けながら行くミッキーでしたが、一番大切なラストの決めを失敗して穴に落ちてしまいました。

【承】- ミッキーのアイススケートのあらすじ2

ミッキーのアイススケートのシーン2  グーフィーは凍った池に開いた穴から魚を獲ろうとしていました。しかし、全く上手くいきません。飛び出してくる魚を手づかみで捕えようとしますが、逆に水を吹きかけられてしまいます。最終的には持っていたバットを奪われてタコ殴りにされてしまいました。

【転】- ミッキーのアイススケートのあらすじ3

ミッキーのアイススケートのシーン3  ドナルドは、焚火の近くで居眠りをしていたプルートに目をつけ、悪戯をしようとしました。プルートにスケート靴を履かせて猫の鳴きまねで起こしました。反応して走り出したプルートでしたが、スケート靴でつるつる滑ってしまい、焚火の火が尻尾に引火してしまいました。プルートは急いで水に尻尾をつけましたが、今度は凍ってしまいました。

【結】- ミッキーのアイススケートのあらすじ4

ミッキーのアイススケートのシーン2  凧を持ってドナルドはプルートから逃げますが、そこへ吹いた風に吹き飛ばされてしまいました。それを見たミッキーは急いで助けに行きますが、掴めたのはドナルドの服のみ。どんどん服がほつれていき、ドナルドは結局飛んで行ってしまいました。ドナルドはそのまま、グーフィーが開けた穴に落ちてしまいました。そんなドナルドをプルートは嬉しそうに眺めていました。

みんなの感想

ライターの感想

いつも気の毒な目に遭うドナルド。愛されキャラですね。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください