映画:ミッキーの大探検

「ミッキーの大探検」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

ミッキーの大探検の紹介:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスが主人公のシリーズ第115作品目にあたる作品である。監督を務めたのはウォルト・ディズニー・カンパニーに所属し、シリーズで多く監督を務めているチャールズ・オーガスト・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。

あらすじ動画

ミッキーの大探検の主な出演者

ミッキーマウス(ジム・マクドナルド)、プルート(ピント・コルヴィッグ)

ミッキーの大探検のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ミッキーの大探検のあらすじ1

ミッキーの大探検のシーン1  ミッキーは飼い犬のプルートを連れて、オーストラリアの森へやってきました。早速ミッキーはブーメランで遊び始めました。ミッキーは器用にブーメランを使って木からバナナを取り、その皮を向いてみせました。プルートはブーメランに興味を示して追いかけますが、ミッキーの技に翻弄されてしまいます。

【承】- ミッキーの大探検のあらすじ2

ミッキーの大探検のシーン2  プルートがブーメランにむきになり、追いかけていきます。するとブーメランはとんでもない軌道を描きます。プルートの体の周りを高速でぐるぐると回り、プルートの体はねじれてしまいました。プルートが怒っていると、ブーメランはプルートの口の中に入ってしまいました。吐き出そうとしますが、ぴったりとはまって取れなくなってしまいました。

【転】- ミッキーの大探検のあらすじ3

ミッキーの大探検のシーン3  ミッキーがプルートとブーメランを探していると、白い物体を発見しました。興味を示して近づくと、それはダチョウの卵でした。上を見ると、親のダチョウが睨んでいました。冷や汗を掻くミッキー。色々な食べ物で機嫌を取ろうとしますが上手くいきません。とうとうミッキーは逃げ出してしまいました。

【結】- ミッキーの大探検のあらすじ4

ミッキーの大探検のシーン2  逃げる途中でミッキーはプルートと合流しました。プルートはまだブーメランを口から取ろうと頑張っています。するとそこで、プルートの口から勢いよくブーメランが飛び出し、それがダチョウを襲いました。その隙にミッキーとプルートは急いで逃げて行ったのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ブーメランがもはや、自分の意思を持つ生物のようになっているのが面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください