「モンスターホテル2」のネタバレあらすじと結末の感想

モンスター・ホテル2の紹介:2015年製作のアメリカ長編アニメーション映画。モンスターが集うホテルを舞台にしたコミカルなアニメ『モンスター・ホテル』の続編。ホテルで出会った人間の青年とドラキュラの娘が結婚して生まれた息子。その誕生日パーティを巡って両家族が巻き起こすトラブルが描かれる。

予告動画

モンスターホテル2の主な出演者

ドラキュラ(アダム・サンドラー&山寺宏一)、メイヴィス(セレーナ・ゴメス&川島海荷)、ジョナサン・ラフラン(アンディ・サムバーグ&藤森慎吾)、ヴラッド(メル・ブルックス&稲川淳二)、デニス(アッシャー・ブリンコフ&大谷育江)、フランケンシュタイン(ケヴィン・ジェームズ&チョー)、ウェイン(スティーヴ・ブシェーミ&我修院達也)、マーレイ(シーロー・グリーン&三ツ矢雄二)、グリフィン(デヴィッド・スペード&若本規夫)、ホシクビ(ルネル&クリス松村)

モンスターホテル2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ヴァンパイアの娘・メイヴィスと人間の青年・ジョナサンは結婚し、デニスという男の子が生まれる。ドラキュラは孫・デニスにヴァンパイアになってほしいと思うが、デニスになかなか牙が生えない。メイヴィスはデニスが人間だった時の可能性を考え、人間界への転居を考える。 ②5歳の誕生パーティーの最中、デニスに牙が生えた。ヴァンパイア決定でメイヴィス一家はホテルに留まることになり、ドラキュラは喜んだ。

【起】- モンスターホテル2のあらすじ1

ヨーロッパ、トランシルバニア。
ドラキュラはヴァンパイア(吸血鬼)の男です。その娘・メイヴィスもヴァンパイアで、父娘はコウモリに変身して空を飛ぶことができました。
ドラキュラはモンスターたちがつどう場所で「ホテル・トランシルバニア」を経営しています。ドラキュラには父親・ヴラッドがいますが、妻を人間に殺された父は大の人間嫌いでした。
ドラキュラもかつては娘・メイヴィスを、人間から遠ざけていました。
ところがある時、人間の青年・ジョナサンがモンスターの村に迷い込んできます。ジョナサンとメイヴィスが互いに惹かれ合うようになり、ドラキュラは2人の恋を認めました(『モンスター・ホテル』参照)…。
ヴァンパイアの女性・メイヴィスと、人間の青年・ジョナサンが結婚しました。ジョナサンの両親もメイヴィスの正体を知っていますが、好意的です。両家の親とモンスターたちに囲まれて、メイヴィスとジョナサンは盛大な披露宴を開きました。
ジョナサンはホテル・トランシルバニアの従業員として働きます。
1年後、メイヴィスが妊娠しました。報告を聞いたドラキュラは、世継ぎができたと大喜びします。
気の早いドラキュラは、孫が生まれる前から、一緒にコウモリになって空を飛ぶ夢を見ていました。メイヴィスが「生まれてくる子は人間の可能性もある」と指摘しますが、それは考えたくないようです。
予定日は13日の金曜日でした。
男の赤ん坊が生まれました。赤ちゃんはデニスと名付けられ、すくすくと育ちますが、ドラキュラだけはデニスと呼ばずに「デニソヴィッチ」と呼びます。
生まれたデニスには、牙がありませんでした。それでもドラキュラは「わしは牙が生えるのが遅くて、5歳の時だった」と言います。5歳までに牙が生えればヴァンパイア決定です。
半分は人間の血が流れていると、再三にわたってメイヴィスとジョナサンはドラキュラに注意しました。それでもドラキュラは孫にヴァンパイアになってもらいたいと思います。その執着ぶりはもはや、願望というより切望している感じでした。
デニスは2歳で喋り始めます。
ホテル・トランシルバニアは盛況でした。デニスが人間社会にSNSで宣伝している甲斐があって、最近では人間の宿泊客も大勢押し掛けています。よき観光名物の場所として人間にも楽しまれていました。
人間の宿泊数が増えたので、ジョナサンはホテルで行なわれているイベントのマジックショーを、近代風にアレンジしたいと思っています。古めかしい感覚で、現代人には合わないと言いました。
デニスの5歳の誕生日が迫ってきたある時、メイヴィスは考えます。

【承】- モンスターホテル2のあらすじ2

今現在メイヴィスとジョナサンとデニスたちはモンスターの世界で生きていますが、もしデニスが人間の赤ん坊だった場合、人間の世界で暮らしておいた方がいいのではないか…そう考えたメイヴィスは、ジョナサンの出身地、アメリカ・カリフォルニア州に視察に行って、人間世界がどんな暮らしなのか見てみようと思いました。
デニスは現在前歯が抜け始めていますが、牙らしきものが生えてこないのも、メイヴィスを後押しする理由です。
ところが…娘夫婦と孫がいなくなってしまうわけなので、ドラキュラは寂しく思います。
意向を聞いてみると、娘婿のジョナサンもドラキュラと同じで「モンスターの世界で住み続けたい」と思っていました。ジョナサンはホテル・トランシルバニアの仕事も大好きで、これ以上ない理想的な職場だと感じています。ジョナサンはむしろモンスター世界に留まりたいと思っています。
ドラキュラとジョナサンは相談しました。
ジョナサンとメイヴィスは夫婦2人だけで人間世界に行って、なんとかメイヴィスを幻滅させる…そしてその間に、孫・デニスはドラキュラが預かり、モンスターの修行をする…相談した2人はそのプランを決行しました。
「メイヴィスを楽しませつつ、でも楽しませすぎてはならない作戦」を遂行するために、ジョナサンは自分の故郷にメイヴィスを連れて行きます。
人間世界に降り立ったメイヴィスは、コンビニエンスストアに興奮し、ドリンクバーにはしゃぎ、監視カメラまで喜びます。
人間の子どもの世界を見に行ったメイヴィスは、自転車で遊ぶスケートパークを見学しました。
ジョナサンは久しぶりなので上手に操れず、生まれて初めてするメイヴィスが神技テクニックを見せ、子どもたちから拍手喝采を受けます。
同じ頃。
娘夫婦を見送ったドラキュラは、孫・デニスを連れてホテルを旅立ち、モンスター修行に出かけます。
モンスターがたくさんいるスロボジアの暗い森に行ってみましたが、近代的になってしまっていて当てが外れました。
そこでまずフランケンに人間を怖がらせる様子を見せて、孫・デニスにモンスターの恐ろしさを教え込もうとします。ところがフランケンが驚かせても、人間は慣れっこになってしまっていて、むしろ記念写真をせがまれるくらいでした。
続いてオオカミ男のウェインにシカ狩りを見せてやれと指示しますが、ウェインはもう何年もシカ狩りをしていません。だってシカを殺さなくても菓子パンがあれば生きていけますから。
シカ狩りをするつもりが、犬用に投げられたフリスビーをウェインは追いかけてしまい、モンスター修行は前途多難です。

【転】- モンスターホテル2のあらすじ3

ミイラ男のマーレイが手本を見せることになり、砂嵐を起こそうとしますが、これまた何年もやっていなかったので失敗し、ダンスで腰を痛めました。降ってきた砂はてのひらにのるほどの少量です。
メイヴィスが心配し、父・ドラキュラにテレビ電話をかけてきました。爪で上手にスマホを操作できないドラキュラは、なんとか電話を取って、なにごともない振りを装います。
デニスは疲れて眠っていたのですが、サングラスをかけてごまかしました。
アメリカ・カリフォルニア州のジョナサンの実家では、ジョナサンの両親やきょうだいたちがメイヴィスを歓待しました。
ジョナサンの両親は、地元に住むモンスターのカップルを自宅に招いています。人種(?)の違う人たちの話を聞いて参考にできるかも、と思っての配慮でした。
そのモンスターたちは人間世界にうまく適応して、生活しているようです。
話を聞いたメイヴィスは、だんだん不安になってきました。生まれてずっと暮らしたモンスターの世界を離れて人間世界に馴染めるか心配し、「家族が一緒にいさえすれば、それがどこででも(人間世界だろうがモンスターの世界だろうが)一番幸福なのではないか」と考え始めました。ジョナサンは内心、しめしめと思います。
同じ頃。
ドラキュラはキャンプ・ウィニカカへ孫・デニスを連れて行きました。ところがここも近代化に伴って安全性を最優先に考慮したものとなっており、いるのはモンスターの子どもたちですが、キャンプ指導員・デイナは安全ばかり気にしています。
業を煮やしたドラキュラは、夜中に木の発電塔の上まで登り、思い切ってデニスを落とそうと思いました。もしデニスがモンスターだったら、コウモリに変身して飛ぶだろうと考えたのです。変身しなかったら、自分が助けるつもりでした。
ぎりぎりまで待ちましたが、デニスはコウモリに変身せず、ドラキュラはコウモリに変身してデニスを助けます。
ところがその騒動で古い発電塔が倒れてしまい、発火しました。火がミイラ男に燃え移り、ミイラ男が建物を走りまわったため、キャンプ場が火事になります。
騒動が動画にアップデートされました。そこには、デニスが落ちる動画もあります。
メイヴィスはホテルに留まる考えに動きつつあったのですが、たまたま動画を見つけてしまい、急いで父・ドラキュラに電話しました。ドラキュラは「デニスじゃない」とごまかしますが、メイヴィスは怒って「今すぐホテルに戻る。もしホテルにいなかったら承知しない」と言います。
飛行機の便がなかったので、メイヴィスはコウモリに変身してジョナサンを運びました。

【結】- モンスターホテル2のあらすじ4

ドラキュラたちは急いでホテルに戻ろうとしますが、火事で車が燃えています。
困ったドラキュラは、緑色のスライム・ブロビーに皆を乗せて、ブロビーに限界まで空気を入れ、空気が抜ける力でホテルに戻りました。デニスはかっこいいと喜びます。
ホテルにぎりぎり到着したつもりですが、ほんのひと足先にジョナサンとメイヴィスが着いていました。
メイヴィスは「一番危ないのはパパだった。水曜日のデニス5歳の誕生日パーティーが済んだら、すぐ家を出て行く」と宣言します。ドラキュラは落胆しました。
メイヴィスは引っ越しの準備を始め、デニスはその横で飛ぶ練習をします。
誕生日パーティーの日になり、夫・ジョナサンの両親もホテルに訪ねてきました。
ところがここで誤算がありました。誕生パーティーの招待状が、メイヴィスの祖父(デニスにとっては曽祖父)のヴラッドに渡ったのです。
ヴラッドは人間嫌いなので、ドラキュラは娘のメイヴィスが人間の男・ジョナサンと結婚したことも黙っていました。
ヴラッドは孫娘の結婚と曾孫の誕生を始めて知り、パーティーにやってきます。
それを知ったドラキュラは、急いでジョナサンと両親にゾンビの仮装をさせ、誤魔化しました。ところがメイヴィスが「人間と結婚した」と言ったため、すぐばれます。
ドラキュラは父・ヴラッドに「人間の血が入っているだけで愛せないのだったら、家族じゃない」と言い、ヴラッドも考えを改めました。
もめごとの原因が自分にあると考えたデニスは、仲良しのオオカミ少女・ウィニーと一緒にパーティーを抜け出します。ヴラッドのおつきの妖怪・ベラが襲い、ウィニーを突き飛ばした。怒ったデニスに牙が映え、コウモリに化けてベラをやっつけました。
戦いを見たドラキュラとヴラッドは、家族が互いを思いやる姿がいちばんで、人間だのモンスターだの考えるのは瑣末なことだと気づきます。
デニスがヴァンパイアだと発覚し、メイヴィスはホテルに留まることにしました。ジョナサンの両親は休暇のたびに遊びに来ると言って去ります。
いつ牙が映えるかなど問題ではない、そう発言するヴラッドはとっくに入れ歯になっており、外してみせると笑いました。
デニスはトランシルバニアに残ることが決まり、娘一家が残るのをドラキュラは喜びます。パーティーの続きが始まり、皆どんちゃん騒ぎをしました。
ケーキが運ばれてきますが、一瞬で干し首が食べてしまいました。
(エンドロール)ホテルで開かれている、古めかしいマジック。

みんなの感想

ライターの感想

こんなホテル、泊まってみたい!
にぎやかさは相変わらず。老若男女問わず楽しめる娯楽作品。
デニスが、生まれたときにはS字マークの頭髪が、長じるにつれて徐々にもじゃ毛になってくるのは、笑えた。
『モンスター・ホテル』第1作と同じレベルの面白さ。もしこのワールドが好きなかたはぜひ必見。

映画の感想を投稿する

映画「モンスターホテル2」の商品はこちら