「ライオン・キング/ディズニー デジタル 3D」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

1994年公開の同名ディズニー長編アニメーション作品をフルCGでリメイク。 アフリカのサバンナを舞台にサバンナの王である父ムファサを亡くした子ライオンのシンバ。父を亡くし、叔父の思惑により故郷を追われることになったシンバが過去を乗り越え王へと成長していく姿を描いた作品です。 原作のドラマチックな心理描写や展開はそのままに、フルCGの壮大でダイナミックな大自然の映像美は見ごたえ充分。

あらすじ動画

ライオン・キング/ディズニー デジタル 3Dの主な出演者

シンバ 賀来賢人 ドナルド・グローヴァー ナラ 門山葉子 ビヨンセ スカー 江口洋介 キウェテル・イジョフォー プンバァ 佐藤二朗 セス・ローゲン ティモン 亜生 ビリー・アイクナー ムファサ 大和田伸也 ジェームズ・アール・ジョーンズ

ライオン・キング/ディズニー デジタル 3Dのネタバレあらすじ

【起】– ライオン・キング/ディズニー デジタル 3Dのあらすじ1

ライオン・キング/ディズニー デジタル 3Dのシーン1

画像引用元:YouTube / ライオン・キング/ディズニー デジタル 3Dトレーラー映像

雄大なサバンナにある動物たちが暮らす王国プライドランド。王国を統べる王であるライオンのムファサは、国民から慕われるよき王であり、よき父だった。

息子でこの物語の主人公であるシンバは、少々やんちゃなとことがあり、親友のナラと共に彼の世話役のサイチョウのザズーをよく困らせていた。彼が生まれた時の儀式には多くの動物たちが集まり、彼の誕生を大いに祝っていました。両親や世話役、親友だけでなく国民にも愛され育ったシンバですが、彼の存在を疎ましく思っている者がおりました。

ムファサの弟でシンバの叔父であるスカーです。スカーはムファサの後継者として王の座を狙っており、ムファサの息子であるシンバがいると王位を継承することが難しくなるため、邪魔だと考えました。シンバの生誕の儀式にも出席しなかったほどです。

ある日ムファサは王の心得としてシンバに様々な命の住むプライドランドがどういうバランスで成り立っているのか、それを表す命の環を説きます。まだ幼いシンバにはピンときていないようでしたが、自分がいずれ王になりこの国を統べることはわかっているようです。

シンバは自分が嫌われているとは微塵も考えず、スカーの元を訪れ「自分はいつか王様になる」とつい口にしてしまいました。するとスカーは“つい”口を滑らせて、プライドランドのはずれにある象の墓場のことを話してしまいました。勿論、「かわいい甥が身の危険に晒されるなんて。絶対に行ってはいけない」と忠告を付けました。しかしやんちゃなシンバの好奇心の前にはそんな言葉は意味を成しません。スカーはそれを踏まえて。口を滑らせたのです。

スカーの元から帰ると、ナラを誘いこっそりと象の墓場へ行こうと企てます。ザズーが目ざとくその様子を見つけ、「危険だから行ってはいけない」と厳しく言い放ちます。おしゃべりなザズーが忠告に必死になっている間に二人は彼を撒き、象の墓場へと足を踏み入れていきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ライオン・キング/ディズニー デジタル 3D」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×