映画:リスの汽車ごっこ

「リスの汽車ごっこ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

リスの汽車ごっこの紹介:1951年にウォルト・ディズニー・プロダクションが製作した作品。『リスの汽車ごっこ』というタイトルでありながら、ドナルド・ダッグが主人公のシリーズ第101作品目にあたる作品。監督を務めたのは、ドナルド・ダッグシリーズを多く監督しているジャック・ハンナ。日本ではディズニーデラックスで配信されている。

あらすじ動画

リスの汽車ごっこの主な出演者

ドナルドダッグ(クラレンス・ナッシュ)、チップ(ジェームズ・マクドナルド)、デール(デジー・フリン)

リスの汽車ごっこのネタバレあらすじ

【起】– リスの汽車ごっこのあらすじ1

リスの汽車ごっこのシーン1

画像引用元:YouTube / リスの汽車ごっこトレーラー映像

 鉄道模型が趣味のドナルドは模型の街を作って、その中をミニチュア鉄道に乗って走っていました。

ある時、外に生えている一本の木が気に入ったドナルドはそれを引っこ抜き、電車に乗せて行ってしまいました。

その木はチップとデールの住処であり、帰ってきた二人は自分たちの家が無くなっていることに気づきますそして、電車に乗って移動する木を見つけたチップとデールは急いでそこへ向かいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リスの汽車ごっこ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×