映画:リトルプリンス 星の王子さまと私

「リトルプリンス 星の王子さまと私」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

【結】– リトルプリンス 星の王子さまと私のあらすじ4

リトルプリンス 星の王子さまと私のシーン4

画像引用元:YouTube / リトルプリンス 星の王子さまと私トレーラー映像

ミスター・プリンスは女の子を惑星にある学校へと連れていきます。

そこはかつてプリンスも教育を受けた場所であり、女の子はそこでビジネスマンになるための教育を強制的に受けさせられることになるのでした。

拘束されロボットアームで無理やり勉強をさせられそうになっている女の子でしたが、プリンスは彼女が持っていたおじいさんの書いた紙を見て、忘れていたことを思い出します。

自分が王子であることを悟ったプリンスとともに、女の子は押収されてしまった飛行機を取り戻すために奮闘します。

そしてその途中でかごの中に入れられているたくさんの星を見つけるのでした。

それは独占欲の強いビジネスマンが集めた星であり、星の光を惑星のエネルギーに変えていたのでした。

ビジネスマンたちに詰め寄られるプリンスですが、彼は自分が星の王子であることを主張し、彼らに抵抗します。

がれきの山を登り飛行機を取り戻すと、女の子はたくさんの星が入れられているガラスのかごを割り、星を夜空に返すのでした。

空一面に輝く星を見て、プリンスは過去のことをすべて思い出します。

プリンスが自分の星に戻ってみると、そこにはバオバブが生い茂っており、バラはすっかり枯れてしまっているのでした。

思わず涙する女の子でしたが、惑星から見える朝日を見て息を飲みます。

真っ赤に染まった空はバラのように美しく、それは「この世にたったひとつの僕だけのバラだ」とプリンスは話すのでした。

プリンスはいつの間にかかつておじいさんと出会ったときのような子どもの姿に戻っており、「心で見たときだけ本当のことが分かる」という彼の言葉に、女の子はおじいさんが言っていたことの意味を理解するのでした。

王子はおじいさんのことを今でも覚えており、それを伝えてほしいと女の子に告げて別れていきます。

地球に戻った女の子はすぐさまおじいさんの病室へ行き、これまでおじいさんが書いた紙を一冊の本にまとめておじいさんにプレゼントするのでした。

女の子は涙を流しながら「泣くのは仕方ないよね。もうなついちゃったから」と話し、おじいさんに抱きつくのでした。

その様子を見ていた母親もおじいさんに感謝し、それからは一緒に星を見ながら過ごすようになります。

「リトルプリンス 星の王子さまと私」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

リトルプリンス 星の王子さまと私はVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

リトルプリンス 星の王子さまと私のネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リトルプリンス 星の王子さまと私」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×