映画:ルパン三世東方見聞録アナザーページ

「ルパン三世東方見聞録アナザーページ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~の紹介:2012年放送の日本アニメーションTVスペシャル。アニメ『ルパン三世』のTVスペシャル版第23弾。マルコ・ポーロの旅行記『東方見聞録』にまつわるなぞをルパンが解き明かす。

ルパン三世東方見聞録アナザーページの主な出演者

ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、石川五エ門(浪川大輔)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、ベルナルド・ビラール(石井康嗣)、リサ・アルジェント(井上麻里奈)、住職〔第22代武蔵坊弁慶〕(永井一郎)、博美(朴璐美)、留美(寺崎裕香)、亜美(徳井青空)、テオ・アルジェント(中村正)、クラウディオ・ベラルディ(土田大)、包龍(宮澤正)、長官(坂本大地)、警備員(西村拓也)、記者1(清水秀光)、記者2(貴志昌文)、記者3(山本格)、警察官(浅利遼太)、パイロット(櫻井トオル)

ルパン三世東方見聞録アナザーページのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①マルコ・ポーロの『東方見聞録』のあとがきともいえるアナザー・ページが見つかった。ルパンは宝発掘時に命を落とした教授の孫・リサに身分を偽って行動を共にし、日本の平泉に宝があると突き止める。 ②教授を殺したのは准教授で、殺害の罪をルパンに着せていた。宝は爪楊枝サイズの刀。五ェ門は迷いをふっ切って斬鉄剣を持つ決意を固める。

【起】– ルパン三世東方見聞録アナザーページのあらすじ1

ルパン三世は世界を股にかけて活動する、神出鬼没の怪盗です。怪盗アルセーヌ・ルパンを祖父に持ちます。

20代後半くらいの男性で、普段は緑や赤のスーツを着ていますが、変装を得意としています。

高い知能と技術を持つ一方で、おっちょこちょいで女性に弱いところがありました。特に美女にはめっぽう弱く、いつも峰不二子(後述)に騙されています。

狙った獲物は必ず奪うのがモットーで、無益な殺生をしないポリシーも持ち合わせています。ワルサーP38という自動式拳銃を好んで使っています。

次元大介はルパンの一番の仲間です。30歳近くの男性です。

早撃ちと正確な射撃を得意としており、いつも黒系のスーツを着ています。長い前髪と黒い帽子とあごひげがトレードマークで、クールでニヒルな人物です。いっぽうで義理がたい一面も持っています。S&WM19のコンバットマグナム、レミントンM700、H&K MP5など目的に応じて銃を使い分けしています。

ルパンと組んで怪盗をすることもありますが、用心棒として雇われ仕事をすることもあります。

石川五ェ門は20代後半の男性です。青系統の着物と袴の和装で、いにしえの大泥棒・石川五右衛門を先祖に持つ剣士です。

刀が武器で居合いの達人でもあり、斬鉄剣というなんでも斬れる刀を誇りにしています。硬派でうぶで女性は基本的に苦手ですが、清楚な女性に惚れることもあります。

峰不二子は20代前半から半ばくらいの女性で、絶世の美女でスタイルも抜群です。その魅力を使ってターゲットに近づくことを得意としています。金や宝石が大好きで、そのためには仲間を裏切ることもあります。バイクに乗るのが得意で、武器もさまざまです。

ルパン、次元、五ェ門、不二子はルパン一味としてチームを組むこともありますが、単独で活動することも多くあります。

銭形幸一警部は30代前半の男性です。銭形平次の子孫で、ルパン一味、特にルパンを逮捕することを悲願としています。そのため、ルパンが死んだと聞くと落胆することもあります。インターポール(ICPO 国際刑事警察機構)に所属しています。警官になった当初は埼玉県警にいたため、埼玉県警ともなじみが深い人物です。

大抵ベージュのバーバリー風トレンチコートと同じ色の帽子をかぶっています…。

…イタリア・ジェノバのサン・ジョルジョ宮殿。

かの有名な商人兼冒険家のマルコ・ポーロが書いた旅行記の幻とされる1ページ、通称『アナザー・ページ』が記された石板が発見されました。

発見したのは考古学の権威とされる老齢の男性テオ・アルジェント教授です。

ルパンはそのニュースを聞きつけて、盗みに行きました。そこで、アルジェント教授が何者かに殴られて殺される現場を目撃します。

ちょうど警備員に見つかったのがルパンだったので、ルパンが殺人犯の汚名を着せられました。ルパンは石板を持って逃げますが、宮殿を脱出したところで黒服のマフィアに取り囲まれます。

しかし石板が光ると同時に、ルパンの周囲にいたマフィアたちは焼失しました。ルパンはマンホールに入って無事でしたが、アナザー・ページの石板を持って立ち去る男ベルナルド・ビラールの後ろ姿を見ます…。

後日、アナザー・ページが発見されたという記者会見を、考古学の准教授クラウディオ・ベラルディが行ないました。

クラウディオ准教授もその場に立ち会っていました。

アナザー・ページが、『東方見聞録』のあとがき、家族への手紙のようなものだと発表したクラウディオ准教授は、その詳細を調べる前にルパンが盗み、アルジェント教授も殺したと言います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

見終わったあと、なんかもやもや感が残ってしまう。
話は悪くないのだけれども、結局何がしたかったのか、とか、なぜ悪ボス・ベルナルドがリサを執拗に追いかけたのかが謎のまま。
この辺りになると、毎回不二子が裏切っているので、「またか」と思わないでもない。
五ェ門も同じく。いつまでも悩んでいるのは、いかがなものか。
こうして考えてみると、不二子と五ェ門がサブキャラっぽくなってるんだな。
若干、マンネリ感が否めない作品。

映画の感想を投稿する

映画「ルパン三世東方見聞録アナザーページ」の商品はこちら

IMAGE

ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~ 通常版 [Blu-ray]

Blu-ray > アニメ
バップ
栗田貫一(出演),亀垣一(監督)

¥5,280
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20