映画:ルパン三世東方見聞録アナザーページ

「ルパン三世東方見聞録アナザーページ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【承】– ルパン三世東方見聞録アナザーページのあらすじ2

その記者会見場で銭形警部が「ありえん!」と豪語しました。ルパンは必要性のない殺人を犯さないと銭形警部は主張しますが、一般的にはルパンがアルジェント教授を殺害した犯人にされてしまいます。

アルジェント教授の孫娘であり、考古学を勉強しようとしている若い女性リサ・アルジェントは、ルパンへの復讐を誓いました。

そのリサのところへ銭形警部が聞き込みに来ます。銭形警部は、ルパンの美学に反するから犯人ではないと主張し、リサはルパンという盗賊をICPOの銭形がかばう意味が分かりません。

そこへ黒服の男3人組が現れました。リサを狙おうとする男たちを銭形警部はかばいますが、リサが逃げ始めます。

次元と合流したルパンは、なぜアナザー・ページを盗むのか話します。

ご多聞に洩れず、今回も不二子にねだられて、でした。なんでも、アナザー・ページにはマルコ・ポーロの隠し遺産のありかが書かれている可能性があるそうです。

不二子が絡んでいると知った次元は、一度は手を引こうと立ち去りました。しかしすぐに孫娘・リサを抱いて戻ってきます。

背後にリサを狙う戦車を見たルパンは、次元とリサを連れて逃げました。次元が装甲車向けの銃で撃退します。

リサの素性を知ったルパンは、名前を聞かれて咄嗟に「ICPOのカーネル警部(ルパン)と、部下のサンダース刑事(次元)」と答えました。部下にされた次元は憮然としますが、リサは銭形警部の仲間だと知って、安心します。

ルパンはリサから手がかりを得ようとしますが、そこへクラウディオ准教授と銭形警部が現れたため、ひとまず逃げました。

リサから祖父・アルジェント教授の手記を見せてもらうと、そこには「アナザー・ページを公表すると、世界で諍いが起きる。だから隠すことにした。いつか立派な考古学者が、その謎を解くだろう」と書かれていました。アルジェント教授が、見つけた石板アナザー・ページを隠そうとしていたことと、アナザー・ページの謎を突き止めると、世界で争いが起きるかもしれないことが分かります。

不二子がクルーザーでやってきたので、ルパンと次元はリサを乗せますが、不二子はリサだけ連れて去りました。不二子はベルナルドと組んでいたのです。

ベルナルド・ビラールは船舶、航空機、さまざまなジャンルで売り出し中の、新興の重工業メーカー・ロンバルト重工の社長でした。一代で財を築きあげています。

しかし裏では兵器売買を行なう、いわゆる死の商人でした。

ルパンはベルナルドに捕まった振りをして時間を稼ぎ、その間に次元がベルナルドのパソコンのデータをコピーします。そこにはZEALという衛星兵器のデータもありました。

ZEALとはリモコンで衛星を操作し、地球上の決まった場所にレーザー光線を照射する兵器でした。冒頭でルパンを囲んだマフィアたちが焼失したのは、ZEALを起動したからです。

ルパンは逃げるついでに石板を盗み、次元がリサを助けて逃亡します。

建物に警報が響き渡り、急いでルパンが駐車場の車で脱出しました。直後、そのアジトは爆撃を受けて破壊されます。

アナザー・ページの石板には、イタリア語で『長き旅路の果てに見つけた、あまたの黄金を超える真の宝。東と西が交わりし時、始まりを告げる一対の声に、その扉は開かれる』という文字が書かれていました。

ICPOがなぜ宝さがしもするのかとリサが質問しますが、ルパンと次元はごまかします。

東と西が交わる…と知ったルパンは、中国・北京(ペキン)へ飛びました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ルパン三世東方見聞録アナザーページ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×