映画:ルパン三世血の刻印永遠のMermaid

「ルパン三世血の刻印永遠のMermaid」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~の紹介:2011年放送の日本アニメーションTVスペシャル。アニメ『ルパン三世』のTVスペシャル版第22弾でアニメ化40周年記念作品。五ェ門、不二子、銭形のメインキャストが新声優に変更。「人魚の鱗」という宝石に隠された秘密を探り、ルパンが氷室と戦いを展開する。

ルパン三世血の刻印永遠のMermaidの主な出演者

ルパン三世&ルパン一世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、石川五エ門(浪川大輔)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、美沙&八百比兵尼(清水理沙)、麻紀(渋谷はるか)、氷室(石田彰)、藤堂昌江(野沢雅子)、影浦(斎藤志郎)、支配人(村治学)、司会者(中川慶一)、刑事(阪口周平)、園長(大澤洋子)、警官A(早志勇紀)、警官C(荻沢俊彦)、子供A(下田レイ)、子供B(斉藤佑圭)、女の子(楠見藍子)、囚人(中田隼人)、ブローカーA(かぬか光明)、部下A(広田みのる)、部下B(山口りゅう)、館内アナウンス(兼田奈緒子)

ルパン三世血の刻印永遠のMermaidのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①裏社会のボス・昌江に人魚の鱗を盗めと指示されたルパン。盗むが昌江は出品者・氷室に殺される。宝石も偽物。氷室は古文書の八百比丘尼の財宝(というか比丘尼の血)を狙っていた。 ②ルパンも祖父・一世が唯一盗まなかった宝として八百比丘尼の宝を見たいと思う。財宝のほかに生きているかのような比丘尼の遺体があり、ルパン一世はひとめぼれして宝を盗まなかったことが判明。氷室は死ぬ。

【起】– ルパン三世血の刻印永遠のMermaidのあらすじ1

ルパン三世は世界を股にかけて活動する、神出鬼没の怪盗です。怪盗アルセーヌ・ルパンを祖父に持ちます。

20代後半くらいの男性で、普段は緑や赤のスーツを着ていますが、変装を得意としています。

高い知能と技術を持つ一方で、おっちょこちょいで女性に弱いところがありました。特に美女にはめっぽう弱く、いつも峰不二子(後述)に騙されています。

狙った獲物は必ず奪うのがモットーで、無益な殺生をしないポリシーも持ち合わせています。ワルサーP38という自動式拳銃を好んで使っています。

次元大介はルパンの一番の仲間です。30歳近くの男性です。

早撃ちと正確な射撃を得意としており、いつも黒系のスーツを着ています。長い前髪と黒い帽子とあごひげがトレードマークで、クールでニヒルな人物です。いっぽうで義理がたい一面も持っています。S&WM19のコンバットマグナム、レミントンM700、H&K MP5など目的に応じて銃を使い分けしています。

ルパンと組んで怪盗をすることもありますが、用心棒として雇われ仕事をすることもあります。

石川五ェ門は20代後半の男性です。青系統の着物と袴の和装で、いにしえの大泥棒・石川五右衛門を先祖に持つ剣士です。

刀が武器で居合いの達人でもあり、斬鉄剣というなんでも斬れる刀を誇りにしています。硬派でうぶで女性は基本的に苦手ですが、清楚な女性に惚れることもあります。

峰不二子は20代前半から半ばくらいの女性で、絶世の美女でスタイルも抜群です。その魅力を使ってターゲットに近づくことを得意としています。金や宝石が大好きで、そのためには仲間を裏切ることもあります。バイクに乗るのが得意で、武器もさまざまです。

ルパン、次元、五ェ門、不二子はルパン一味としてチームを組むこともありますが、単独で活動することも多くあります。

銭形幸一警部は30代前半の男性です。銭形平次の子孫で、ルパン一味、特にルパンを逮捕することを悲願としています。そのため、ルパンが死んだと聞くと落胆することもあります。インターポール(ICPO 国際刑事警察機構)に所属しています。警官になった当初は埼玉県警にいたため、埼玉県警ともなじみが深い人物です。

大抵ベージュのバーバリー風トレンチコートと同じ色の帽子をかぶっています…。

日本。

…銃をつきつけられたルパンは、裏社会を牛耳る親玉、またの名を「熊殺しのおマサ」と呼ばれている中年女性・藤堂昌江のところへ連れられました。

昌江は3日後に開かれる闇オークションに出品される、飛鳥時代から伝わる幻の宝玉「人魚の鱗」を盗んで来いとルパンに命令します。

落札すればいいとルパンは言いますが、オークションでは必ず落札できるとは限らず、盗みのほうが確実だと昌江は答えました。ルパンは引き受けて帰ります。

昌江にルパンを紹介したのは、不二子でした。秘書の女性・美沙もそれを聞いています。

3日後、闇オークションが開かれる会場に、ルパンが現れました。銭形警部も外で突入の準備をしています。

出品する氷室が「人魚の鱗」を出し、オークションが始まりました。次元はコックに変装しています。

「人魚の鱗」を盗んだルパンはシャンデリアを撃って、展示されてある自転車式飛行機に乗って次元と共に逃げました。

その様子を、ポップコーン売りの少女・麻紀が観察し、ルパンを知ります。

銭形警部を追い払うためにポップコーンのワゴンごと買い取ったルパンは、そのワゴンを坂道から落として銭形警部を足止めしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

…なんかラストシーンが、かぎりなくカリオストロ風味。
どきどきはらはらしていた声優陣の入れ替えは、私はあまり違和感なく受け止められた。
むしろ声優さん、努力してるなあと思ったくらい。今までの声優さんの口調とか聞いて、必死で練習したんだろうな…。
今回は珍しく日本が舞台。しかも人魚伝説。悪くなかった。
ラストが無難にまとめすぎ…というか、ほんと、カリオストロの城の名シーン名科白を彷彿とさせるものだった。

映画の感想を投稿する

映画「ルパン三世血の刻印永遠のMermaid」の商品はこちら

IMAGE

ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~ 豪華版 [Blu-ray]

Blu-ray > アニメ
バップ
栗田貫一(出演),小林清志(出演),浪川大輔(出演),沢城みゆき(出演),山寺宏一(出演),滝口禎一(監督)

¥6,263
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20