映画:ルパン三世27プリズンオブザパスト

「ルパン三世27プリズンオブザパスト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パストの紹介:2019年11月29日放送の日本アニメーション。モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のテレビスペシャルシリーズ第27作。前作である第26作『ルパン三世 グッバイ・パートナー』に続くテレビスペシャルであり、「金曜ロードSHOW!」枠で放送予定の完全新作ストーリーとして製作された作品である。2019年4月11日に原作者のモンキー・パンチが死去したため、死去後最初のルパン三世のアニメ作品となる。また、新作のテレビスペシャルが1年に2本放送されるのは今回が初めてである。

ルパン三世27プリズンオブザパストの主な出演者

ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、石川五ェ門(浪川大輔)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、八咫烏五郎(島﨑信長)、ロレンサ(桑島法子)、ベルテ(三木眞一郎)、フィネガン(平田広明)、ドルエンテ国王(緒方賢一)、スカラトス(坂詰貴之)、ダイナマイト・ジョー(三宅健太)、ドク・ハインツ(家中宏)、バルマー兄(佐藤せつじ)、バルマー弟(小林親弘)、バルマー三号(藤高智大)、オレジャーネ(青山穣)、商人(羽鳥佑)、露店商(和田緑郎)、老人(篦津弘順)、監獄警備兵A(練馬大輔)、監獄警備兵B(早川毅)、監獄所員A(小玉雄大)、監獄所員B(瀧村直樹)、所員(山田寛人)、テロリストA(鷲見昂大)、テロリストB(佐藤愁貴)、アナウンサーA(渡辺江里子)、アナウンサーB(木村美穂)

ルパン三世27プリズンオブザパストのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①義賊フィネガンが死刑執行されると聞き、隠した財宝を目当てにルパンや他の泥棒がドルエンテ王国へ。しかしフィネガンは国王の命を盾にロレンサ所長を脅し、王国を悪の取引マーケットにしていた。 ②ルパンは地下に幽閉されていた国王とロレンサを救った。フィネガンは捕まる。フィオ王子が生きており即位。ルパンはフィネガンの宝をゲット。

【起】– ルパン三世27プリズンオブザパストのあらすじ1

ルパン三世27プリズンオブザパストのシーン1

画像引用元:YouTube / ルパン三世27プリズンオブザパストトレーラー映像

〔北海道某所:未明〕

刑務所の看守が、ルパン三世の監獄が空っぽなのに気づきました。

刑務所内にいた銭形警部は、ルパン三世の脱獄を聞きます。

刑務所の中に、それらしき人影を見た銭形警部は、慌ててパトカーで追いかけました。

人影は車に乗り込んだので、銭形警部は並走し、前に回り込みます。

ところがそれは、次元大介の変装でした。

脱獄したルパン三世は、銭形警部の乗る車のトランクに隠れていました。

銭形警部がパトカーを出動させ、前に回り込んだため、ルパンは次元の運転する車に乗り移ります。

図らずも、銭形警部はルパン三世の脱獄に一枚噛んでしまいました。

それに気づき、銭形警部は歯噛みします。

銭形警部はパトカーで、脱獄したルパンと次元を追跡しました。

しかし途中、峰不二子と石川五ェ門の妨害に遭い、パトカーは立往生します。

五ェ門は斬鉄剣でルパンたちの逃走ルートを確保し、不二子は砲撃してきたため、パトカーは追跡不可能になりました。

ルパンはゆうゆうと逃げおおせました。

騒動の後、五ェ門はヘルメットをかぶり、スクーターを運転して去ります…。

(このスクーターが、終盤に出てくる水上ケーブルカーの動力源!?)

…そんな夢を見てうなされていた銭形警部は、ICPOの部下・八咫烏(やたがらす)五郎に起こされて目覚めます。

銭形警部は、ドルエンテ王国へ向かう機内でうたたねし、夢を見ていたのでした。

八咫烏に問われて「昔の夢だ」と答えた銭形警部は、今回はいつもと勝手が違うと考えました。

いつもは、捕らえたルパンを脱獄しないよう見張るのが銭形警部の役目です。

しかし今回は逆でした。ルパンを「牢獄に近づけないために」銭形警部はドルエンテ王国へやってきたのです。

ニュースでドルエンテ王国のことが、報道されています。

世界的に義賊と呼ばれているヘクター・コルベット・フィネガンという男性の、死刑執行が決まりました。

フィネガンはドルエンテ王国にある、難攻不落の刑務所・エルギュイユ監獄に投獄されています。

現代の義賊と呼ばれたフィネガンは、ルパン三世と双璧をなす存在だと、ニュースでは表現されていました。

フィネガンはドルエンテ王国でそのまま処刑されるそうです。

ルパンは次元、五ェ門と共に、そのドルエンテ王国へ入り込んでいました。

ルパンはフィネガンを救出し、フィネガンが隠し持っているであろう財宝の分け前をいただこうと考えています。

空を見上げたルパンは、銭形がやってきた気配を感じ取ります。

ルパンはガイドブックを購入しており、ドルエンテ王国の観光名所について話していました。

王国の後継ぎであるフィオ王子は、数年前に若くして病死していると、ルパンは知ります。

背後から赤いスポーツカーが砂煙を上げて近づくと、ルパンたちに話しかけます。

彼はダイナマイト・ジョーという男性で、次元の昔の傭兵仲間でした。

ダイナマイト・ジョーも、フィネガンを脱獄させに来たと、次元に言います。

ガイドブックを見ているルパンの態度を浮かれていると評し、次元に対しても私情を絡ませていると指摘した五ェ門ですが、五ェ門も先祖が義賊なのです。

同じ義賊仲間ということで、五ェ門もフィネガンを助けようとしているのではないかと言われ、五ェ門は言葉に詰まります。

ルパンに電話がかかり、不二子が関係していると判明しました。

ルパン、次元、五ェ門の関係が悪化します。

五ェ門が冷めたハンバーガーのことを、悪く言いました。

ルパンがベーコンにたとえられたと次元が言い、ルパンは、次元がピクルスなのかと返します。

それを聞いた五ェ門は、自分自身はカラシなのかとぼやきました…。

街へ移動したルパンたちは、街がにぎやかなことを話題にします。

王国はかつて黄金とダイヤで栄えていましたが、資源が枯渇してからは、さびれていました。

ところがこの数年、新しい鉱山が見つかったことで、また再興しているそうです。

宿泊している部屋からは、真向かいにエルギュイユ監獄が見えます。

監獄は塔の外側にごつごつした突起があり、ジェンガみたいな形をしています。

フィネガンが投獄されているのは、かつてはドルエンテ王国の城だった砦です。

120年前には城だったものを改築して作った監獄が、このエルギュイユ監獄です。

先に潜入し、城内の見取り図を完成させた不二子から送られてきた資料をもとに、ルパンは脱獄計画を考えていました。

不二子はルパンに「正面突破のルート」を指示していましたが、ルパンが検証したところ、ほかに4パターン脱獄できるルートがあります。

疑いたくはないのですが、五股をかけられているのではないかとあやしんだルパンがハッキングすると、不二子はほかに4つのチームに資料を送信していたことが判明しました。

不二子は五股かけていました。

・空飛ぶ大泥棒/ドク・ハインツ(眼鏡をかけたダンディな紳士風)

・泥棒ロボット使い/バルマー兄弟(ロボットが「三号」で、三男という設定)

・百獣の泥棒(ドロボー・オブ・ビースト)/オレジャーネ男爵(貧相な身体、おかっぱの髪型、マスクは何重にも重なっており、絶対に素顔は拝めない)

・大爆発泥棒/ダイナマイト・ジョー(次元とは昔馴染み)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ルパン三世27プリズンオブザパスト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×