映画:ルパン三世DEADORALIVE

「ルパン三世DEADORALIVE」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

ルパン三世DEADORALIVEの紹介:1996年4月20日に公開された、モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」の劇場版第6弾。モンキー・パンチがシリーズ史上初めて監督を担当した作品である。また、前作「ルパン三世くたばれ!ノストラダムス」より、二代目ルパン三世の声優としてデビューした栗田貫一が本作品でもルパンを演じている。また、他の映画やTVシリーズと比較して、キャラクター全員が最も原作に近い風貌で描かれているのも特徴のひとつである。

ルパン三世DEADORALIVEの主な出演者

栗田貫一(ルパン三世)、小林清志(次元大介)、井上真樹夫(石川五右衛門)、増山江威子(峰不二子)、納谷悟朗(銭形幸一)、銀河万丈(首狩り将軍)、高山みなみ(オーリーエンダー)、野沢那智(クライシス)、古谷徹(パニシュ)、横山智佐(エメラ)、千葉繁(スパンキー)

ルパン三世DEADORALIVEのネタバレあらすじ

【起】– ルパン三世DEADORALIVEのあらすじ1

ズフ国の刑務所にて、年に一度行われている脱走ゲーム。

しかしその実態は兵士達の訓練目的。生き残る者は誰一人いません。

その日も所長は無差別に四人の囚人を選び、脱走ゲームを開始。

しかしながら実は所長の正体は変装したルパン三世です。

ルパンは四人を乗せた車を勢いよく運転し、兵士達の激しい数々の攻撃を交わして脱出に成功します。

ルパンは自分の計画の為に彼らを助ける必要があったのです。

現在ズフ国は首狩り将軍の独裁政権により支配されていますが、以前は国王により統治される平和な国でした。

ところが二年前軍事クーデターが起こり、国王と一人息子であるパニシュ王子が殺害されたのですが、実は国王が所有していた財宝の全ては離れ島「漂流島」に今も隠されたままだといいます。

ルパン達の今回の目的はその財宝を手に入れることです。

ある早朝、早速漂流島に上陸したルパン、次元大介、石川五右衛門。

島中至る所に白骨が転がっています。

首狩り将軍も当然財宝を手に入れたがっているはずですが、未だに手を出せないのは何かこの島に秘密があるからに違いないとルパンは感づいていました。

無人施設に入っていくルパン一行。

コンピュータールームらしき場所で首狩り将軍に殺されたであろう主任研究員の遺体を見つけます。

ところが財宝の部屋の前でセキュリティー装置が発動。

ルパン達が侵入者だと見抜くや否や、壁中から突如武器がにょきにょき生えてきてルパン達を一斉攻撃します。

武器は自由自在に動き、ルパン達の銃や五右衛門の斬鉄剣で破壊してもすぐにまた形を変え攻撃を繰り返します。

急遽退却するルパン一行。

施設の中だけに留まらず、島全体ありとあらゆるところから武器が生えてきて攻撃し続けてきます。

辛くも脱出したルパン達は政府のコンピューターをハッキングし、情報収集を開始します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ルパン三世DEADORALIVE」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×