「ルパン三世DEADORALIVE」のネタバレあらすじと結末の感想

ルパン三世DEADORALIVEの紹介:1996年4月20日に公開された、モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」の劇場版第6弾。モンキー・パンチがシリーズ史上初めて監督を担当した作品である。また、前作「ルパン三世くたばれ!ノストラダムス」より、二代目ルパン三世の声優としてデビューした栗田貫一が本作品でもルパンを演じている。また、他の映画やTVシリーズと比較して、キャラクター全員が最も原作に近い風貌で描かれているのも特徴のひとつである。

ルパン三世DEADORALIVEの主な出演者

栗田貫一(ルパン三世)、小林清志(次元大介)、井上真樹夫(石川五右衛門)、増山江威子(峰不二子)、納谷悟朗(銭形幸一)、銀河万丈(首狩り将軍)、高山みなみ(オーリーエンダー)、野沢那智(クライシス)、古谷徹(パニシュ)、横山智佐(エメラ)、千葉繁(スパンキー)

ルパン三世DEADORALIVEのネタバレあらすじ

【起】- ルパン三世DEADORALIVEのあらすじ1

ズフ国の刑務所にて、年に一度行われている脱走ゲーム。
しかしその実態は兵士達の訓練目的。生き残る者は誰一人いません。
その日も所長は無差別に四人の囚人を選び、脱走ゲームを開始。
しかしながら実は所長の正体は変装したルパン三世です。
ルパンは四人を乗せた車を勢いよく運転し、兵士達の激しい数々の攻撃を交わして脱出に成功します。
ルパンは自分の計画の為に彼らを助ける必要があったのです。
現在ズフ国は首狩り将軍の独裁政権により支配されていますが、以前は国王により統治される平和な国でした。
ところが二年前軍事クーデターが起こり、国王と一人息子であるパニシュ王子が殺害されたのですが、実は国王が所有していた財宝の全ては離れ島「漂流島」に今も隠されたままだといいます。
ルパン達の今回の目的はその財宝を手に入れることです。
ある早朝、早速漂流島に上陸したルパン、次元大介、石川五右衛門。
島中至る所に白骨が転がっています。
首狩り将軍も当然財宝を手に入れたがっているはずですが、未だに手を出せないのは何かこの島に秘密があるからに違いないとルパンは感づいていました。
無人施設に入っていくルパン一行。
コンピュータールームらしき場所で首狩り将軍に殺されたであろう主任研究員の遺体を見つけます。
ところが財宝の部屋の前でセキュリティー装置が発動。
ルパン達が侵入者だと見抜くや否や、壁中から突如武器がにょきにょき生えてきてルパン達を一斉攻撃します。
武器は自由自在に動き、ルパン達の銃や五右衛門の斬鉄剣で破壊してもすぐにまた形を変え攻撃を繰り返します。
急遽退却するルパン一行。
施設の中だけに留まらず、島全体ありとあらゆるところから武器が生えてきて攻撃し続けてきます。
辛くも脱出したルパン達は政府のコンピューターをハッキングし、情報収集を開始します。

【承】- ルパン三世DEADORALIVEのあらすじ2

その頃、ズフ国の財宝を盗むという犯行予告を受け取ったICPOの銭形幸一がズフ国にやって来ます。
迎えに来ていた国家警察のクライシスと共に王宮に向かおうとしますが、その道中クライシスは死んだ筈のパニシュの姿を目撃し、驚愕します。
その頃ルパン一行は、町の住民から貴重な情報を聞き出しました。
どうやら首狩り将軍の一人娘であるエメラが漂流島の秘密を握っているという噂があるようです。
早速ルパンは派手な巨大バルーンを町に飛ばし、エメラを誘拐するという犯行予告を出します。
その夜、ルパン達によりまんまとエメラは誘拐されてしまいますが、実はそれは銭形の罠。
その正体はエメラに変装した国家警察秘密工作員のオーリーエンダーです。
オーリーが指輪に仕掛けていた小型カメラの映像によりルパン達のアジトを突き止めた首狩り将軍は、クライシス率いる兵士達を派遣し、まだオーリーが中にいるにも関わらずアジトに総攻撃を仕掛けます。
やり過ぎだと銭形は止めようとしますが、「この国では逮捕も処刑も同じことなのだよ」と冷たく言い放つクライシス。
ルパンは攻撃に巻き込まれそうになったオーリーを助けます。
その時オーリーの付けていたペンダントが外れ、中にパニシュとオーリーが写った写真が収められているのを見つけるルパン。
つい一昨日その男を町で見かけたとルパンと次元は話します。
そんなわけない、彼は二年前に死んだと暗い顔で否定するオーリー。
オーリーと共に脱出に成功したルパン一行は、オーリーを残して崖に落ちていき、姿をくらまします。
クライシスは銭形に、明日までにこの国から出て行け、見かけたらお前を逮捕すると言います。
一方、エメラの監視役の座に収まった峰不二子もまた漂流島の財宝を狙っていました。
実はエメラは首狩り将軍の実の娘ではないようです。
エメラは首狩り将軍をひどく嫌っており、部屋にやって来た不二子に「ここから逃がしてくれたら漂流島の秘密を教えてあげる」と取引を持ちかけます。

【転】- ルパン三世DEADORALIVEのあらすじ3

その頃、ルパン達が見かけたというパニシュを探して町中を徘徊するオーリー。
しかし何処を探しても見当たらず、悲しみに暮れて路地裏でうずくまるオーリーの前に、突如パニシュは現れたのです。
固く抱きしめ合う二人。
この二年間、首狩り将軍を倒すためにレジスタンスの仲間を集めていたと話すパニシュ。
そしてパニシュは、首狩り将軍の情報をこちらに流してほしいとオーリーに頼みます。
次の日レストランで食事をしている銭形の元に警察官が現れ、逮捕に踏み切ろうとしますが、あっけなく銭形にやられてしまいます。
その時です。
ずっと首狩り将軍の演説を流していたレストランのチャンネルが突然変わり、パニシュの映像に切り替わったのです。
驚愕する人々。
パニッシュは言います。二年前に殺されたのは自分の忠実な影武者であったこと、この二年間で組織したレジスタンスを率いて独裁者首狩り将軍を倒し、この国に自由を取り戻すこと。
人々は歓喜します。
首狩り将軍は、必ず生かしてパニッシュを捕らえるようにとクライシスに命令します。
その頃、ルパンのお陰で脱獄した男の一人スパンキーは、脱獄犯であるにも関わらず飲み歩いてばかり。
元々スパンキーは国王の側近であり、ルパン達は漂流島の秘密を聞き出すために彼を脱獄させたのです。
スパンキーは、あの島の防御システムに使われているのはナノマシンという超高性能コンピューターであり、解除する方法はないと言います。
一方、不二子の手を借りて脱出に成功したエメラ。
しかし実はエメラは漂流島の秘密を何一つ知らないのだと告白し、不二子に謝ります。
漂流島の防御システムを開発したエメラの実の父ヴォルトスキー(漂流島のコンピュータールームに残されていた遺体)は、殺される直前「エメラが生きている事が漂流島の秘密を解く鍵だ」と言い残したのです。
しかし実はそれはエメラを守るための嘘でした。
もしかしたら首狩り将軍のコンピューターに何かしら秘密があるかもしれないと言い残し、去っていくエメラ。
その頃、オーリーがパニシュと通じているのではないかと疑りながら、町の監視目的でオーリーに営業させているバーに顔を出すクライシス。
一方でクライシスはルパンを捕まえたものには賞金を与える、生死は問わないとネットに流します。
沢山の賞金稼ぎがズフ国にやって来て、町はなんだか物騒な雰囲気に。
ルパン達は、漂流島にて襲われた際お尻に付いた砂粒を分析してみた結果、あの島の砂の一粒一粒が極小の精密機械ナノマシンであることを突き止めます。
オーリーの店で酔いつぶれているスパンキーの元へ再度足を運ぶルパン。
ふと煙草を吸おうとして、オーリーがじっと見ていることに気付きます。
そういえばアジトにいたときも煙草は嫌いだと言っていたオーリー。
ルパンが謝ったその時、店にパニシュが入ってこようとしてあわてて立ち去ります。
ルパンが真っ先に飛び出して追いかけて行き、続けてオーリーも後を追いますが、見失ってしまいます。
その頃首狩り将軍の部屋に忍び込んだ不二子は、隠された彼のコンピューターをハッキングし、漂流島に関するデータをMOにコピーします。
王宮がパニシュ達レジスタンスの攻撃を受け始めたその夜、追っ手から逃げてきたパニシュがオーリーのバーへやって来ます。
心配するオーリーにパニシュは、明朝に一斉攻撃を開始する、この国から逃げた方がいいと言います。
これが最後の瞬間になるかもしれない二人。
二人は固く抱きしめあいキスをします。
が、その時オーリーは何かに気付いたような顔をします。
パニシュが去った瞬間、オーリーを見張っていたクライシスがやって来て、オーリーは捕らえられてしまいます。

【結】- ルパン三世DEADORALIVEのあらすじ4

次の日再び漂流島に向かうルパン一行。
ナノマシンを止める方法が見つからないなら行っても同じじゃないのかと次元と五右衛門は言いますが、まぁ何とかなると楽観的なルパン。
一方レジスタンスによる総攻撃を受け始める王宮。
パニッシュはどこかと尋問されたオーリーは、漂流島だと嘘をつきます。
その頃不二子と合流したルパン一行は、島のコンピュータールームにて不二子のコピーしてきたMOを解析し始めます。
そこにはナノマシンを止める為の緊急用のプログラムがインプットされていました。
更に画面には、財宝の部屋の扉を開けるのに必要だと思われる奇妙な形の物体が映し出されており、その形がオーリーのいつも付けているペンダントの形に酷似していることに気付くルパン。
そこにやって来たのはオーリーを連れた首狩り将軍とクライシス。
財宝の扉の前に辿り着く三人ですが、オーリーはパニシュがここにはいないことをバラします。
首狩り将軍がオーリーを殺そうとした瞬間、防御システムが作動。
オーリーが串刺しにされそうになったその時、パニシュが現れたのです。
その瞬間、ナノマシンの攻撃が一斉に止まり、扉から何かをはめ込むくぼみが現れます。
パニシュがオーリーのペンダントをはめ込むと、扉がゆっくりと開き、中にあったのは巨大なナノマシンの制御システムでした。
首狩り将軍は言います。国王はこのシステムを人々の平和の為に使いたいと言い、軍事利用したいという野望を持った首狩り将軍の言うことには聞く耳を持たなかったのだと。
だから首狩り将軍は全てを手に入れるべく、邪魔な国王とパニシュを殺したのです。
しかし後々国王のコンピューターを調べていた際、漂流島に入る為にはパニシュが必要だったという事が発覚。後悔先に立たずだったのです。
しかしナノマシンの全てを手に入れた今、もうパニシュとオーリーに用はない、殺せとクライシスに命じる首狩り将軍。
クライシスが撃った弾はパニシュの頬をかすめますが、パニシュは素早く打ち返し、クライシスの銃を破壊。
すると、パニシュの撃たれた頬からどんどんヒビが入っていくのです。
顔も服も完全に崩れ去り、中にいたのはなんとルパンでした。
パニシュの正体はルパンだったのです。
すると、パニシュが消えたことにより再び防御システムが作動。
激しい攻撃の中、クライシスが死亡。
ルパン一行はオーリーを守りながら首狩り将軍と対決。
一方不二子は何とか制御システムの中央部に辿り着き、ナノメカ制御装置にMOを挿入。
緊急停止プログラムが作動し、ナノシステムは動きを止め砂になって崩れ始めます。
その最中、ルパンは首狩り将軍を倒し、一行はオーリーと共に脱出。
島全体から砂となったナノマシンが溢れていきます。
そして不思議なことに、やがて大量の砂は全て金になったのです。
ナノマシンは基本素材に原子レベルで変化させた金が使われており、あのMOのお陰で原子が元に戻ったのだと言います。
その後、夕日の沈む海辺で話すルパンとオーリー。
パニシュが偽者だと気付いたのはいつだと尋ねるルパンに、キスをした時だとオーリーは答えます。
パニシュは煙草を吸わなかったのです。
それを聞き、俺も修行が足りねぇなぁと笑うルパン。
ひとつ分からないことは、オーリーのバーでルパンとパニシュが一緒になったあの時。
ルパンは、あれは次元に変装してもらったと話しますが、しかし小細工だったな…と呟きます。
そこへ現れたのは銭形です。
今度こそルパンを逮捕しようとしますが、逃げられてしまいます。
ペンダントの写真を見つめながら佇むオーリーの元へやって来た銭形。
君は秘密工作員?それともレジスタンス?どっちかね?と銭形は尋ねます。
ルパンは?と尋ねるオーリーに、逃げたとだけ答え、手錠を見せる銭形。
残っているのは手錠の先に引っかかった、パニシュに変装するときに使った手の皮のみ。
しばらく写真を見つめていたオーリーは、ありがとう。いい夢だった。と呟き、微笑みながらペンダントを海に投げ捨てます。
その頃アジトにいたルパン一行。
結局手元に残ったのは、今となっては何の価値もないMOとナノメカ制御装置のみ。
皆それぞれルパンを残し、西へ、東へ、南へ行くと言って出て行きます。
何気なくルパンがMOをナノメカ制御装置に挿入したその時、突如玄関のドアから現れたのは首狩り将軍。
ルパンを串刺しにしようとしてくる首狩り将軍に、四方から総射撃を仕掛ける一行。
その瞬間首狩り将軍は金になって崩れ去ります。
実は首狩り将軍自身も、国王が作ったナノマシンで出来たアンドロイドだったのです。
ボートに金を乗せ、ズフ国から出発する一行。
さて皆どっちに行く?と質問するルパンに、西へ、東へ、南へと皆バラバラの答え。
んじゃ間を取って北に行くか!とルパンはボートを進めました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ルパン三世DEADORALIVE」の商品はこちら