映画:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のネタバレあらすじと結末

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の紹介:1995年よりテレビで放映され、社会現象まで巻き起こったアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の、新劇場版全4部作の第一作目。TV版の1~6話のストーリーを踏襲しつつ再構成されているが、作画は完全新作となっている。14歳の少年・シンジが人造人間エヴァンゲリオンのパイロットに任命され、様々な思いを抱えつつも、”使徒”と呼ばれる謎の巨大生命体に立ち向かっていく姿を描いた作品。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の主な出演者

碇シンジ(緒方恵美)、綾波レイ(林原めぐみ)、葛城ミサト(三石琴乃)、赤木リツコ(山口由里子)、碇ゲンドウ(立木文彦)、鈴原トウジ(関智一)、相田ケンスケ(岩永哲哉)、渚カヲル(石田彰)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のネタバレあらすじ

【起】– ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のあらすじ1

舞台は”セカンドインパクト”と呼ばれる大災害から15年後の日本。

この災害によって世界人口の約半分が失われていました。

物語は3年間会っていなかった父に呼び出され、主人公の少年・シンジが第3新東京市にやってくる所から始まります道中、人類の敵である”使徒”と呼ばれる巨大生命体が現れます。

迎えに来た女性・ミサトに間一髪の所で救われ、シンジは彼女と共に第3新東京市の地下に広がる街”ジオフロント”に存在する国連直轄の特務機関”ネルフ”へと向かいます。

ネルフの最高司令官であるシンジの父・ゲンドウは到着早々、汎用ヒト型決戦兵器・人造人間”エヴァンゲリオン”に搭乗して使徒を倒せと言い放ちます 自分にできるわけがないと拒むシンジ。

諦めたゲンドウは代わりのパイロットを出撃させることにします。

運ばれてきたのは怪我で瀕死の少女・レイでした

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×