映画:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。一世を風靡したテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版全4部作の第3弾。前作よりもオリジナル要素が強く、渚カヲルを迎えクライマックスに向け話が展開する。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの主な出演者

碇シンジ(緒方恵美)、アヤナミレイ〔仮称〕(林原めぐみ)、式波・アスカ・ラングレー(宮村優子)、渚カヲル(石田彰)、葛城ミサト(三石琴乃)、碇ゲンドウ(立木文彦)、赤木リツコ(山口由里子)、冬月コウゾウ(清川元夢)、真希波・マリ・イラストリアス(坂本真綾)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのネタバレあらすじ

【起】– ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのあらすじ1

前作終盤(『破』参照)のニアサードインパクトから14年後。

ミサトたち旧ネルフ所属職員の一部はネルフを脱退し、反ネルフ組織・ヴィレを立ち上げ、使徒やネルフ側のエヴァと戦っていました。

ヴィレはネルフによって衛星軌道上に封印された初号機を強奪するUS作戦を、アスカが乗る改2号機とマリが乗る8号機とで成功させます。

回収した初号機をコアにし、ミサトたちは艦艇・AAAヴンダーを作りました。

そのヴンダー艦内でシンジが眠りから目を覚まし、14年経過したことを知らされました。シンジがニアサードインパクトを起こした結果、世界が半壊しています。エヴァの呪縛でパイロットだけは14歳の姿のままです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×