映画:僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

週刊ジャンプ連載の堀越耕平原作「僕のヒーローアカデミア」のアニメ劇場版三作目となる。劇場版オリジナルのストーリーとなる。世界中の”個性”を殲滅するために暗躍するヒューマライズ。彼らを止めるため世界中から選抜されたヒーローたち。プロヒーローたちに混じって雄英高校ヒーロー化の緑谷、爆豪、轟の3人はヒューマライズの爆弾を回収するため立ち向かう!2021年7月劇場公開作品、長崎健司監督。

あらすじ動画

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッションの主な出演者

緑谷出久(デク):山下大輝 爆豪勝己:岡本信彦 轟焦凍:梶裕貴 フレクト・ターン:中井和哉 ピノ:林原めぐみ ロディ・ソウル:吉沢亮

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッションのネタバレあらすじ

【起】– 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッションのあらすじ1

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッションのシーン1

画像引用元:YouTube / 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッショントレーラー映像

総人口のうち8割が「個性」と呼ばれる世界。

個性を持たない「無個性」の思想団体、ヒューマライズ。トップに立つフレクト・ターンは

「個性など世界には必要ない、無個性の純粋なる魂が世界を救う」

と過激な思想を掲げ、イディオトリガーボムなる「個性を増幅させ暴走させる」爆弾で無差別テロを起こし、国際的に指名手配されていた。

この事態を重く見た世界中にちらばるプロヒーロー達はヒューマライズ、およびフレクト・ターン逮捕へと乗り出した。小国オセオンでは現在No1ヒーロー、エンデヴァーと彼の事務所にインターンとして参加していたデク、爆豪、轟の3名を含めた雄英高校ヒーロー科の面々が向かっていた。世界中には他の生徒達も散らばっており、フランスにはプロヒーローのリューキュウをはじめとして、麗日、蛙吸、波動。アメリカにはプロヒーロー、ホークスとヒーロー科の常闇。エジプトにはマウントレディをはじめとした上鳴、峰田たち。日本はプレゼントマイク、ギャングオルガや天喰、耳郎、切島たち。シンガポールには八百万たち、そして全ての総括司令部には元No1ヒーロー、オールマイトが静かに事を見つめている。密かに入手した世界支部を強襲するデクたちだがフレクトの姿はない。どうやら秘密裏の支部に既に逃げているらしい。

同時刻、施設から逃げ出した一人の男が銀色のスーツケースを持ち

「何とかこの事実を世界中に知らせないと、世界滅亡する」

と思い詰めた顔で走っていた。

オセオンではフレクトを追うプロヒーロー達を支えるべく、買い出しに出たデク達だが通りすがりに宝石強盗を働くヴィランに出会い、急いで追いかける。

同時刻、粗末なトレーラーハウスの中ではロディ・ソウルが弟と妹に挨拶をして「仕事」へ出かけていた。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×