「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【承】– 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)のあらすじ2

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)のシーン2

画像引用元:YouTube / 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)トレーラー映像

そしてまだハンターから殺害される可能性が高い人物をFBIが調べた所、少なくとも後3人はいると言うのでした。

その3人はマーフィー、ウォルツ、森山という人物で現在日本に暮らしていたのです。

世良は何故6年も経った今になって犯行を行おうとしたのかを疑問に思うのでした次の日、FBIは日本の警察に、今ハンターが連絡を取る可能性が高い3人のマークスペンサー、ケビン・ヨシノ、スコットグリーンを教え、警察は各班に分かれて捜査をするのでした。

コナンは博士の家でみんなと夏休みの宿題をしていると博士が通信バッチの改良版を作ったのでみんなに披露するのでした。

新しい通信バッチは電波が改良されLEDランプで光るようになっていたのでした ランプを光らせていると子ども達は変な音が聞こえると話すのでした。

ですが博士にはその音が聞こえず、困っているとコナンと灰原がモスキートーンだと説明するのでした。

モスキートーンは高周波の音の事で年齢と共に聞こえなくなってくるので子ども達にしか音が聞こえないのでした車に乗っていたキャメル捜査官はハンターのスナイパーの腕前に対抗できるのは赤井さんだけだと呟くのでした。

消息不明な赤井を気にしていたジョディーの前でその発言をしてしまい、キャメルは謝るのでした。

するとジョディーも同じ事を考えていたと話し、赤井に聞きたい事があると話すのでしたそして昔の事を思い出しジョディーは目に涙を浮かべるのでした。

世良はコナンに電話をかけ、森山がいる家の前にいると話すとコナンも落とした携帯を取りに近くの警察署に来ていたので一緒に行くと言うのでした。

家の前に着くと駐車場から森山が車で出て来たので話しを聞く為に近付くと、近くのビルから狙撃され森山は殺されてしまったのでしたコナンと世良は近くのビルの屋上に向かうと、サイコロと薬莢が飾られていたのでした。

サイコロの目には藤波が殺された現場には4を上にして置き、森山の殺害場所には3を上にして置いていたのです。

ジョディーはこれをカウントダウンではないかと考えるのでしたそして残りの2と1はマーフィーとウォルツで間違いないと思うのでした。

2人は事件が解決するまで外に出ないように気をつけるように警察から言われるのでした。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×