「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【転】– 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)のあらすじ3

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)のシーン3

画像引用元:YouTube / 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)トレーラー映像

次の日、コナンはテレビをつけるとハンターが射殺されたとニュースが流れていたのです。

警察はハンターの家にあった日記を翻訳すると藤波と森山を殺害したのは自分ではなく他の人物が横取りをしたと書いており、残りの2人は必ず自分の手で殺すと更に記されていたのでした。

そして狙撃地点にはサイコロと薬莢がまた置かれていたのでしたそしてサイコロには2の数字が上に置かれていたのです。

この事によって、残りの殺害される可能性が高い2名が殺される訳では無い事が分かり、警察は頭を悩ますのでした。

そして今回のハンターの殺害によってテレビでは無差別殺人という報道をし、東京では外に出る事を恐れネットでも無差別殺人の事でもちきりなのでした コナンはジョディーに電話で分かった事はないかと聞くとハンターの死体がとても痩せていたと話すのでした。

コナンはジョディーに司法解剖だけでなく病理解剖と頭部のレントゲン写真をとった方が良いとアドバイスをするのでした。

殺される可能性があった2人はある宿泊施設でそれぞれ身を隠しているのですが、マーフィーに速達が届き過去の行いをバラされたくなければウォルツには内緒で東京に来いという内容なのでしたそして最後にマークスペンサーと書かれていたのです。

コナンはジョディーから電話がかかって来たので出ると、ハンターの胃の中から大量の強い鎮痛剤の成分が検出されたと話すのでした。

そして頭部のMRIを撮ってみると8年前戦地で受けた銃弾の破片が残っていたのですその破片のせいで頻繁に頭痛が起き目もあまり見えなくなっていた事がわかったのでした。

コナンはその話を聞きハンターが狙撃するのは不可能だと気付くのです。

そして高木刑事に電話をしウォルツとマーフィーがどうなっているのかを聞くのでしたするとウォルツはまだ京都に滞在しているが、マーフィーは警察の制止を振り切り東京に向かったと話すのでした。

世良とコナンはマーフィーが狙われる事がわかり急いでマーフィーが到着する駅に向かおうとすると橋の真ん中で止まっている車を見つけたのです。

そしてその車にはライフルを構えた人物がいたのでしたコナンはライフルから見えるスコープの邪魔をする為に、スケボーを投げて巨大なサッカーボールを膨らませ妨害するのでした。

その姿に気づいたスナイパーはコナンの頭を狙い撃とうしたのです。

そこにバイクで世良が現れコナンを体ごと庇うのでした世良は肩を撃たれ気絶してしまったのです。

マーフィーも新幹線に乗っている状態で射殺されてしまうのでした。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×