「劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠の紹介:2014年に日本で公開された作品。ある時、ノランビー伯爵は久しぶりにソドー島に帰り、ウルフステッド城を建て直す事になった。古く壊れたスティーブンもソドー島に来る事になったのだが、スティーブンは自分の仕事がない事に落ち込んでしまう。そんな時ある事件が起きてしまい…

あらすじ動画

劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠の主な出演者

日本語吹き替え:トーマス(比嘉久美子)、パーシー(神代知衣)、ジェームス(江原正士)、ゴードン(三宅健太)、スペンサー(宗矢樹頼)、スティーブン(中田敦彦)、コナー(河本邦弘)、ケイトリン(吉岡さくら)、ミリー(斎藤美奈子)、トップハム・ハット卿(納谷六郎)、ノランビー伯爵(藤森慎吾)

劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠のネタバレあらすじ

【起】– 劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠のあらすじ1

劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠のシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠トレーラー映像

ある日、トーマスとパーシーはブレンダムの港で貨車をおしていました。二人は貨車で遊んでいたのでした。クランキーに事故を起こすぞと言われていたのに気をつけていなかったのです。すると貨車から荷物が落ち、ヒトの形のロボットが出てきたとパーシーは言います。クランキーがそれは鎧だよと教えてくれたのでした。トーマスは誰の鎧か気になっていたのでした。

ある昔、王がソドー島を支配していたのでした。中でも一番偉大だったのが、ゴッドレッド王でした。彼は島の人々に愛されていたのです。鎧の騎士と共に侵略者からソドー島を守ってきたのでした。そのおかげで島はとても栄えていたのです。

ゴッドレッド王は金の王冠を被っていました。だがある日、その王冠が盗まれてしまったのです。泥棒は捕まったのですが、王冠は見つからないままでした。ゴッドレッド王のお城の遺跡はウルフステッドにまだ残っているのでした。そこはノランビー伯爵の領地なのです。今では鎧ではなく機関車が活躍をしているのでした。彼ら機関車はソドー島だけではなくヴィカーズタウン橋も行き来していたのです。

ある日、トーマスはアニーとクララベルを連れ洗車場にやってきました。そこには他にも大勢の仲間たちも集まっていたのでした。トーマスはなぜみんなが洗車場に集まっているかが気になったのです。するとジェームスが大切なお客様を乗せてくるからだと教えてくれたのでした。トップハム・ハット卿の古い友人のノランビー伯爵がその大切なお客様だったのです。ノランビー伯爵は何年も世界中を旅していたが、今日ソドー島に帰ってくるらしいのです。トーマス達は伯爵に会うのが初めてだったのでワクワクしていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×