「劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲」のネタバレあらすじと結末の感想

劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲の紹介:世界一のポケモンマスターを夢見て旅するサトシたちのもとに、手紙が届き、嵐を乗り越えたどり着いた城には、謎のポケモンがいた。サトシたちは、本物のポケモンと、人工的に造られたコピーポケモンの戦いに巻き込まれていきます。

予告動画

劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲の主な出演者

サトシ(松本梨香)、カスミ(飯塚雅弓)、タケシ(上田祐司)、ムサシ(林原めぐみ)、コジロウ(三木眞一郎)、ニャース(犬山犬子)、ミュウツー(市村正親)

劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲のネタバレあらすじ

【起】- 劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲のあらすじ1

世界一のポケモンマスターを夢見て旅するサトシと相棒のピカチュウ、一緒に旅をする、カスミとタケシが主人公となります。
ある日彼らのもとに一通の手紙が届きます。それは、実力のあるポケモントレーナーを集めた、バトル大会の案内でした。大会に参加することにしたサトシたちは、会場の城に行くための港へと向かいます。
しかし、港へ着く直前から、大雨が吹き始めます。
港へと着くと、そこにはたくさんのトレーナーたちがいましたが、嵐のために船が出せないと言われてしまいます。
諦めきれないトレーナーの内、大型の水ポケモンを持つ者や、大型の鳥ポケモンを持つ者たちが、自分のポケモンにまたがり単身海へと飛び出していきます。
サトシたちには、小型の水ポケモンと鳥ポケモンしかいないため、移動できません。そこへ、変装したムサシ、コジロウ、ニャース(通所ロケット団)が、ボートを出してくれますが、波にのまれ、転覆してしまいます。
サトシたちは、自分のポケモンにつかまりながら、なんとか城へと到着します。

【承】- 劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲のあらすじ2

サトシたちが中へと入ると、3人のトレーナーしか辿り着いていませんでした。
それぞれが話していると、部屋の中央に見たことのないポケモンが降り立ちます。ミュウツーと名乗ったポケモンは、自分が城の主人であり、招いた本人だといいます。
ポケモンが主人であることは、この世界ではありえません。そのため、トレーナーたちはそんなことはないと非難し、攻撃を始めますが、躱されてしまいます。
そして、ミュウツーの出した道具により、彼らのポケモンの全てが捕まってしまいます。サトシの相棒のピカチュウも逃げますが、捕まってしまいます。
そのボールを追いかけサトシもまた、城の内部へと潜入します。そこにはロケット団がおり、研究施設のようなものが広がっていました。
そして、捕まったボールが機械を通るたびに、そのポケモンが作り出されていきます。

【転】- 劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲のあらすじ3

ミュウツーは、自分が本物を超えたコピーポケモンであると言います。
伝説のポケモンミュウの遺伝子より、人工的に造られたミュウツーは、本物よりもスピードもパワーも上だと語ります。
それに止めをいれたのは、先ほど捕まったポケモン全てを引き連れたサトシでした。
旅立つ新人トレーナーが最初に持つ基礎ポケモン同士で戦いますが、本物のポケモンたちは歯が立ちません。
サトシは、ミュウツーを止めようと、体当たりをしようとしますが、逆に空中へと投げ飛ばされてしまいます。
そこへ、球体のクッションのようなものが現れ、サトシは屋根へと着地します。サトシを助けたのは、ミュウツーの元となったミュウでした。
ミュウツーは、本物のよりも優れていることを証明することで、コピーポケモンの存在意義を認めようとさせ、ミュウは、本物は本物だと語ります。
ミュウとミュウツーが戦いだし、全てのポケモンたちが、本物とコピー同士戦いを始めます。

【結】- 劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲のあらすじ4

それを見ているしかないトレーナーたちは、「確かにコピーポケモンたちは本物から造られたコピー。けれど、彼らも生きている生き物」と考え、この戦いに意味があるのかと見つめます。
サトシは屋根から下りながら、ポケモンたちがボロボロになりながらも、戦いをやめられない様子をみて、泣いてしまいます。
降り立ったサトシは、戦いを止めようとミュウとミュウツーの間に割り込みますが、両者の攻撃を受けてしまいます。サトシは、石になってしまいました。
ピカチュウが呼んでも、電撃を食らわせても起きません。ピカチュウは、泣きました。そして、それを見ていたポケモンたちもまた泣き出します。
その涙がサトシへと集まり、彼は光に包まれ息を吹き返します。それを見ていたミュウツーは、自分たちコピーポケモンも生き物なのだと理解します。
そして、今日の出来事は覚えていない方がいいのだと告げ、コピーポケモンたちとともに消えます。サトシたちは気がつくと、港にいました。どうして港にいるのかはわかりませんが、外へ出てみると嵐がやんでいました。
雲の合間にサトシはミュウを一瞬見かけます。それを仲間に告げると、今会えたのだから、また会える、と言われ、サトシたちはまた旅立ちます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲」の商品はこちら