「劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

劇場版ミッフィーどうぶつえんで宝さがしの紹介:2013年に公開された作品。オランダの絵本作家であるディック・ブルーナが1955年に発表したミッフィーは世界中で愛され続けており、待望の初めての映画化となっている。みんなでどうぶつえんに遊びに来たミッフィーはおとうさんから、たからものを探しておいでと言われ最後に見つけた、たからものは…。

あらすじ動画

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがしの主な出演者

日本語吹き替え版:小松未可子(ミッフィー)、中上育美(メラニー)、細野雅世(グランティ)、清水秀光(おとうさん)、日高のり子(おかあさん)、宝亀克寿(園長さん)

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがしのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

ミッフィーと仲間たちでどうぶつえんにいる5つのどうぶつを探してほしいとおとうさんから頼まれ、たからものを探します。どうぶつえんで色んな冒険をしながら最後に手にした、たからものとは一体…?

【起】– 劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがしのあらすじ1

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがしのシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがしトレーラー映像

ミッフィーはおとうさん、おかあさん、愛犬のスナッフィー、メラニー、グランティと一緒に電車に乗っていました。そして到着した場所は、どうぶつえんです。誰が一番最初に入り口に入れるかの競争が始まりました。一番最初に走っていったのはスナッフィーでした。グランティーは遅れながら、私が一番よとみんなに話しかけるのでした。おとうさんとおかあさんは急ぐみんなを笑いながら、急ぐと迷子になるよと言っています。

そして、入り口に着くと園長さんがお出迎えをしてくれていました。ミッフィーは園長さんにスナッフィーを紹介しました。すると、園長さんは犬はどうぶつえんに入れてはいけない決まりなんだとみんなに告げるのでした。みんなは悲しがり、スナッフィーはお友達ですというミッフィー、そしてみんなで声を揃えて世界で一番良い子だから大丈夫と園長さんに言うのでした。園長さんはそれを聞くと、じゃあ入っても良いよと言ってくれたのです。みんなはすごく喜びました。園長さんは、ただしこの子の面倒をちゃんと見るんだよと皆んなに言うのでした。皆んなは約束をし、ちゃんと面倒を見ますと口々に言うのでした。

そして、ミッフィー達は走ってどうぶつえんに入っていくのでした。その後、おとうさんとおかあさんは追いつき園長さんにミッフィー達を見ませんでしたか?と尋ねました。

園長さんはあっちへ行きましたよと優しく教えてくれるのでした。

おとうさんとおかあさんが中に入るとミッフィー達は楽しそうに歌を歌っていました。おとうさんはそれじゃあ話すとしようと、話し出すのでした。ミッフィーたちは何の事か全くわかりません。おとうさんは皆んなにお楽しみを用意したと告げるのでした。おかあさんはとっても素敵なものだよと教えてくれました。ミッフィーたちはお楽しみが何か気になり早く教えてと言うのでした。おとうさんは探しものだよと教えてくれたのです。ミッフィーたちはそれを聞くと、とても大喜びしたのでした。おとうさんは宝さがしをしてもらうと皆んなに伝えました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×