映画:劇場版 クドわふたー

「劇場版 クドわふたー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

劇場版 クドわふたーの紹介:2021年7月16日公開の日本アニメーション映画。2012~2013年に放送されたテレビアニメ「リトルバスターズ!」のスピンオフ作品で、主人公の直枝理樹と能美クドリャフカの関係を描く。制作のJ.C.STAFF、キャラクターデザインの飯塚晴子はテレビシリーズからの続投。ゲーム版「クドわふたー」のディレクターである魁が脚本を担当し、若林直美、堀江由衣はじめ「リトルバスターズ!」オリジナルキャストが声優を務める。

劇場版 クドわふたーの主な出演者

能美クドリャフカ(若林直美)、直枝理樹(堀江由衣)、棗鈴(たみやすともえ)、棗恭介(緑川光)、井ノ原真人(神奈延年)、宮沢謙吾(織田優成)、神北小毬(やなせなつみ)、来ヶ谷唯湖(田中涼子)、西園美魚(河原木志穂)、二木佳奈多(すずきけいこ)、あーちゃん先輩(平井理子)、氷室憂希(みくみくみ)、有月椎菜(仲野七恵)

劇場版 クドわふたーのネタバレあらすじ

【起】– 劇場版 クドわふたーのあらすじ1

劇場版 クドわふたーのシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版 クドわふたートレーラー映像

夏。セミの声が、校舎に響き渡ります。学校はすでに夏休みに入っており、校庭や教室には生徒の姿はありません。女子寮の自室の部屋のベッドの上で寝ていた能美クドリャフカ、通称:クドは眠りから目覚めました。目の前すぐの場所に、恋人の直枝理樹の寝顔があるのを見て、クドは「目の前に理樹がいます。素敵な、夢なのです」と思いました。理樹が寝ぼけてクドを引き寄せたので、これが夢ではないと気づいたクドは興奮し、「わふー!」と思わず叫びます…。(ここでタイトルです)

大騒ぎするクドの口を、理樹は手で塞いで「落ち着いて」と声をかけます。クドはなぜ同じベッドにいるのかと驚いていました。理樹が危険をかえりみず、女子寮の部屋に忍んできたのかと思っているクドに、理樹は覚えていないのかと質問します。

(ここからしばらく回想シーンです)

それは、夏休みのある日のことでした。リトルバスターズの面々は、みんなで野球大会をしていました。筋肉馬鹿といわれる井ノ原真人が、宮沢健吾と張り合って場外ホームランを打ちました。そのボールが男子寮のほうへ飛んで行って屋根を突き破り、古い水道管を破壊してしまったのです。水が盛大に噴き出して水道管の止水栓をとめるはめになりました。修理はすぐに手配できず、結果、夏休みのあいだは男子寮の水道が使えなくなりました。男子寮に残ったメンバーは、夏休みの期間を教室や体育館などで過ごさねばならなくなります。

事情を聞いた女子たちが、空いている女子寮の部屋を提供しようと言い出します。それは受け入れられて、部屋割りをくじびきで決めることになりました。

棗恭介は、妹の鈴と同じ部屋になります。きょうだいだから男女同室でもよいだろうと、周囲のみんなは納得しました。真人は健吾といっしょの部屋になり、お互い言い争いをしています。理樹が引いたのは、「ハズレ」というくじでした。ハズレを引いた人は、家庭科部の部室が提供されると言われます。荷物を持って移動する理樹に、クドがこっそりやってくると耳打ちしました。「あ、あのですね、ルームメイトさん、今も募集中、なのです」そう言ったクドは、「だからその、私のルームメイトになってくれませんか」と理樹を誘いました。理樹は男女同室はさすがによくないと制しますが、クドは理樹が理性的であることに不満なようで、「ほんとはもっと理樹といっしょにいたい」と告げたため、それで2人はこっそりいっしょの部屋で過ごすことにしたのです…。

(ここまで回想シーンです)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版 クドわふたー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×