「劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【転】– 劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよのあらすじ3

劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよのシーン3

画像引用元:YouTube / 劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよトレーラー映像

夜明けとともに、ミチルとヒカルを国外へと脱出させるために一行は移動を開始しました。しかしイシダテを始めとする忍者集団はその動きを予期し、待ち構えていたのです。

第7班は即座に迎え撃とうとします。しかし事前に毒霧を仕込まれ、五感が思うように働きません。ナルトはあっという間に倒され、ミチルが連れ去られます。国王直属部隊の隊長が命を落とし、カカシ、サクラ、リーもまた、次第に追い込まれていきました。

しかし状況を打開したのは、ヒカルの助けを呼ぶ声によって覚醒したナルトでした。九尾の力を解放したナルトの思いがけない強さに、忍者集団は撤退します。

王宮に連れ去られたミチルは、クーデター首謀者である大臣の前に突き出されていました。大臣は私腹を肥やすことに頭を支配されていました。だからこそ、国のため、弱者のために利益を使おうと考える国王を疎ましく思っていたのです。

父である国王の真意を知り、ミチルは心動かされます。しかし大臣は王国乗っ取りの余興として、ミチルの見せしめ処刑を執り行います。

その頃、体勢を立て直すために、ナルトたちはジャングルへと逃げ込んでいました。ミチルを心配し不安になるヒカルに、ナルト、サクラ、リーは友達として戦うことを誓います。

そこにミチルを探して、サーカス団が現れます。ミチルはサーカス団の買収に際し、精算は王宮で行うと話をつけていました。そこで賃金の支払いを求めて王宮を尋ねたサーカス団は、大臣たちに追い返されていたのです。困り果てるサーカス団を見て、カカシは妙案を思い付きます。

サーカス団が、再び王宮に現れました。門兵が追い返そうとしますが、団員の1人が話を付けるために進み出ます。

団員の正体は、変装したカカシでした。カカシは写輪眼で門兵を操ると、王宮に侵入することに成功します。そしてミチルを救出するための作戦が開始されました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×