「劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【結】– 劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよのあらすじ4

劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよのシーン4

画像引用元:YouTube / 劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよトレーラー映像

サーカス団の喧騒を聞きつけて、町から人々が集まり出します。大臣も機嫌よく、王宮から見物に出て来ました。

そこでカカシは大掛かりな忍術を発動させました。サーカス団の動物たちも、憲兵たちに反旗をひるがえします。

王宮の庭は大パニックです。その騒ぎの隙をついて、ナルトたちはミチル奪還のため王宮に侵入していました。

しかし忍者集団もまた、陽動作戦を見抜いていました。怪力自慢のコンゴウはリーが、幻術持ちのくノ一・カレンバナはサクラが引き受け、ナルトとヒカルは先へと進みます。

広間のバルコニーでは、ミチルがかろうじて1枚板の上でバランスを取っていました。首にはロープがかけられ、落下すれば首が締まる仕組みです。ナルトの前に立ち塞がったのは、忍者集団のリーダー・イシダテでした。

ナルトが苦戦しているあいだに、ミチルの立つ板は遂に途中からへし折れてしまいます。宙吊りになったミチルの姿に、ヒカルは絶望します。

そこへ現れたのはチャムでした。そしてナルトは、ミチルに必死で呼び掛けます。奮い立ったヒカルはチャムの背に乗り、得意の弓矢でミチルの首にかかったロープを切りました。ナルトは大量の影分身でイシダテごと押し流すと、落下してくるミチルとヒカルをキャッチしました。

その頃、リーは表蓮華を発動しコンゴウを仕留めていました。そしてサクラもまた幻術を見破り、カレンバナを撃破していました。

しかしナルトに出し抜かれたイシダテは激怒していました。能力でナルトの片足を石化し、暴走します。そしてミチルを殺すよう指図する大臣すらも、石に変えてしまいました。

ナルトは螺旋丸を発動しますが、足の石化で身動きが取れません。ミチルが勇気を出してナルトを担ぎますが、イシダテの攻撃に合い負傷します。

あっさり倒れそうになるミチルを支えたのは、ヒカルでした。ヒカルに応援され、ミチルは痛みをこらえてイシダテに突撃します。3人の気迫に立ちすくむイシダテに、ナルトの螺旋丸が炸裂しました。

こうして大臣の野望は打ち砕かれ、ミチルは新たな国王に就任します。写輪眼を酷使したカカシの疲労回復を待つあいだ、ナルトたちはバカンスを満喫します。

そしていよいよお別れの日。ヒカルはいつまでも友達だという約束を胸に、ナルトたちを見送るのでした。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×