「劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

2010年公開の日本のアニメ映画。漫画『NARUTO -ナルト-』を原作としたテレビアニメの劇場版。アニメ第2期の劇場版としては、これが第4作目となる。かつて四代目火影が施した封印を解き、龍脈を活発化させた抜け忍ムカデ。それを追ったことで過去にタイムスリップしたナルトは、若き日の父・ミナトと出会う。互いに親子であることを知らないまま、ナルトとミナトは共にムカデと戦い、楼蘭(ろうらん)の都とその女王サーラを守ろうとする。

あらすじ動画

劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワーの主な出演者

うずまきナルト( 竹内順子)、 春野サクラ( 中村千絵)、 ヤマト(小山力也)、 サイ(日野聡)、 五代目火影・綱手( 勝生真沙子)、 波風ミナト(森川智之)、 幼少のカカシ(田村睦心)、 秋道チョウザ(福田信昭)、 油女シビ(浜田賢二)、 幼少のアスマ( 瀧本富士子)、 自来也(大塚芳忠)、 シズネ(根本圭子)、 幼少のガイ(牧口真幸)、 三代目火影・猿飛ヒルゼン(柴田秀勝)、 サーラ( 早見沙織)、 セーラム (冬馬由美)、 ムカデ / アンロクザン (大友龍三郎)、 マサコ( 小林優子)、 サライ(瀧本富士子)

劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワーのネタバレあらすじ

【起】– 劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワーのあらすじ1

劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワーのシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワートレーラー映像

傀儡の術を使う抜け忍、ムカデを追い、ナルト、サクラ、ヤマトとサイは砂隠れにある楼蘭(ろうらん)の廃墟に辿り着く。その地下深くには、かつて四代目火影によって封印された、龍脈があった。ムカデは封印された龍脈を解き放ち、そのエネルギーを利用して世界を支配しようと企んでいるのだ。

ムカデによって封印が解かれた瞬間、眩しい光がほとばしる。それに吸収されたムカデを捕えようとしたナルトとヤマトも飲み込まれてしまう。

ナルトが目覚めた時、彼は廃墟の地下にいた。ふと、歌声がする方向を見れば、倒れた柱の上で遠い目をして歌っている少女がいる。しかしナルトが声をかけると、彼女は驚いて走り去り、代わって土偶のような姿をした傀儡の兵士がナルトを攻撃してくるのだった。

地上に出たナルトは、そこが多数の高い塔の聳える都市であることを知る。そこでも傀儡に襲われ、脚を負傷するナルト。そこへ、仮面を被った複数の木の葉の忍たちが現れ、ナルトのピンチを救う。ある任務に携わっているという忍たちから、ナルトはそこが楼蘭の都であると聞かされて愕然とする。ナルトの知る楼蘭は、既に遠い昔、戦乱で滅びていたからである。

忍たちはナルトに楼蘭を離れるように言い、彼を残して去る。ヤマトや他の仲間が来ていないか探すため、都市を探索するナルトは、楼蘭の女王が民衆の前にバルコニーから姿を現しているのを見る。女王は、先ほどナルトが廃墟で見かけたあの少女だった。しかしナルトの目の前で、女王は何者かに後ろから押され、バルコニーの下へと転落する。

咄嗟に躍り出たナルトは間一髪、女王を救う。女王の名はサーラと言い、彼女の母である先代の女王から楼蘭を引き継いだのだと語った。そこへ、先ほど別れた3人の忍たちが現れる。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×