映画:劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸

「劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸」のネタバレあらすじと結末

劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸の紹介:BLEACHの劇場版第二弾で、大人気キャラの日番谷冬獅郎を主人公にしたストーリーとなっています。原作では描かれなかった日番谷の過去が明らかにされ、前作の映画よりも多数のキャラが活躍します。原作者の久保帯人氏も原案の段階からかかわっていて、シナリオやキャラデザの制作に携わっています。なお本作のキャッチコピーは「日番谷冬獅郎を処刑せよ」です。

あらすじ動画

劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸の主な出演者

黒崎一護(森田成一)、日番谷冬獅郎(朴璐美)、朽木ルキア(折笠富美子)、阿散井恋次(伊藤健太郎)、松本乱菊(松谷彼哉)、草冠宗次郎(石田彰)、イン(久川綾)、ヤン(ゆかな)、氷輪丸(松岡大介)

劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のあらすじ1

劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のシーン1 日番谷冬獅郎の指揮の元、松本乱菊を始めとした十番隊は、尸魂界の王族に伝わる宝「王印」の警護と運搬を行っていました。「王印」について日番谷と松本が話していると、どこからともなく二人の女性がやってきて、お宝が入っている大名籠のようなものに突撃しました。
十番隊は即座に包囲網を敷き、警戒態勢に入ります。二人組の女性に対して、日番谷と松本は斬魄刀を解放しました。その戦闘の最中、日番谷の前に新たな刺客が現れます。日番谷は首謀者らしき男の後を追い、そのまま姿を消してしまいました。
一方現世では黒崎一護が空座町の森で怪しい霊圧を感じ、結界を切り裂いて中に突入しました。するとたくさんの人が倒れています。何が起きているんだと驚く前に隠密機動と二番隊隊長の砕蜂が現れ、訳を話しました。
その後結界を追い出された一護は、石田雨竜と共に霊圧を隠していた日番谷を見つけます。日番谷は満身創痍の状態で、「草冠」とつぶやいて意識を失いました。
同時刻、尸魂界では砕蜂が山本総隊長に、日番谷が自らの意思で姿を消していると報告しました。その言葉に異議を申し立てる松本でしたが、その甲斐むなしく、十番隊の活動は制限され、斬魄刀を取り上げられてしまいます。
松本は阿散井恋次と朽木ルキアに襲撃者の男を調べるように頼みました。現世では日番谷が目を覚まし、一護に礼を言って去ろうとすると女性の二人組がまたもや姿を見せます。
日番谷は一護を攻撃し、襲撃者と共に去っていきました。気を失った一護は恋次とルキアに助けられます。一護は日番谷と出会ったことを話し、女を追いかけてどこかに去っていったと言いました。それと日番谷が話していた「草冠」という人物のことを口にします。「殺された男の名」だと日番谷が話していたと一護は言い、それを聞いたルキアは首謀者と何か関係があるかもしれないと、恋次に調べるよう託します。

【承】- 劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のあらすじ2

劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のシーン2 日番谷は過去を思い出していました。日番谷の斬魄刀、氷輪丸、何の因果かもう一人使い手がいたのです。そのもう一人の使い手は日番谷にとって大切な人物で、彼が怪我している姿を思い出したところで目を覚ましました。
首謀者の男の元に二人組の女性が、日番谷は護廷十三隊と連絡を取っていないと報告します。その報告を聞いて、「奴はもう俺に従うしかない」と言いました。
現世では一護、朽木、石田、井上、佐渡、浦原と共に日番谷のことについて話し合っていました。幼馴染の雛森に対しても何も話していないと聞いて、井上は日番谷を「強い人だ」と言います。しかし一護は日番谷の強さを否定しました。本当に強いなら周囲を悲しませるはずがない、それが一護の考えです。
尸魂界では阿散井が松本に会おうとしていましたが、二番隊の副隊長、大前田に邪魔されてしまいます。そこに八番隊隊長の享楽と副隊長の伊勢がやってきて、阿散井は松本と会うことに成功します。
ですが「草冠」について松本は何も知りませんでした。伊勢は調べればいいだけだと話し、皆は彼女に任せることにしました。伊勢は「草冠」が流魂街出身であることと真央霊術院の名簿には載っていないこと、そしてすでに死んでいることを突き止めます。
享楽は何者かに尾行され交戦します。襲撃者はなぜか日番谷と同じ氷輪丸を使っていて、彼の顔を見た享楽は驚きの声を上げました。
別の場所では吉良と檜佐木が日番谷を見つけ、連れ戻そうとしていました。日番谷は戻る気はないと氷輪丸を彼らに向け退けます。
襲撃された享楽は深手を負っていました。現場検証をした死神は氷輪丸の使い手に襲撃されたと結論付けます。
山本総隊長は日番谷への疑念を強め、抵抗するようであれば、処刑せよとの命令を下しました。処刑のことをルキアは一護に伝えに行き、「草冠」は死んだ男だということを伝えます。そのとき二人組の女性と首謀者が襲撃を仕掛けてきました。

【転】- 劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のあらすじ3

劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のシーン3 享楽が目を覚ますのを待っていた浮竹は、白夜から「吉良たちへの攻撃と享楽への襲撃を同時にできるはずがない」と聞かされ、涅マユリの元へ行きます。彼らは双子の斬魄刀はあるかと問いかけました。マユリはないと答えますが、氷輪丸の話だと知った途端、過去のデータを嬉しそうに調べ始めます。
一方の一護は襲撃者との対戦の中で、相手の記憶を感じていました。中央四十六室の命令により、日番谷と草冠は氷輪丸を巡り一騎打ちをせざるを得なくなったのです。結果は日番谷の勝利で終わり、破れた草冠は死んだものだと思われていました。
首謀者イコール草冠は日番谷は俺と一緒に来ると語り、二人組の女性に後を任せて、去りました。
草冠は日番谷の元へと赴き、「王印」の力を使って、尸魂界へと一瞬で移動します。日番谷との決闘で敗れた際、「王印」の光に当たり、草冠の体は虚圏で再生されました。そうして草冠は戻ってきたのです。
彼は日番谷に向かって、卍解の力で斬れと語りかけます。その頃、現世での闘いの場に石田と茶渡、井上がやってきて、彼らに戦いを任せた一護とルキアは日番谷の元へと向かいます。
草冠と日番谷は班目、弓親、恋次、砕蜂、狛村に囲まれていました。命令により、二人を捕獲しようとした彼らでしたが、その前に一度とルキアが現れ、日番谷へ刃を向けるのは止めるようにと言います。
一触即発の状況の中、山本総隊長が享楽、伊勢、松本、白哉、マユリ、卯ノ花らを引き連れ、やってきます。ようやく首謀者の正体にたどり着いた総隊長でしたが、草冠は「王印」の力を発動させようとします。
そのとき日番谷が草冠に切りかかりました。驚く草冠でしたが、最初から日番谷は一人で決着をつけようとしていたのです。日番谷が仲間にならないと分かった草冠は自らの手で「王印」を切りました。
一人で切りかかろうとする日番谷でしたが、一護が殴って説得します。仲間に頼れと一人じゃないんだと、その説得に対し、日番谷は静かに構え、一護に対して「来るぞ」と声をかけました。

【結】- 劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のあらすじ4

劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸のシーン2 「王印」の力を解放した草冠は一体の氷の龍となっていました。姿を変貌させた草冠に一足早く斬り込んだのは十一番隊隊長の更木でした。圧倒的な力で草冠は更木を吹っ飛ばします。草冠の元にやってきた二人の部下を取り込み、今度は巨大な氷の木へと姿を変えました。
恐れおののく隊員たちでしたが、総隊長の一声で、隊長格と副隊長が草冠へと一気に切りかかります。しかし生半可な攻撃は通じず、草冠は黒い結界のようなものを広げました。
マユリは「王印」が暴走していることに気付き、このままでは尸魂界が滅却してしまうかもしれないと言います。総隊長は地震の力で、結界の範囲を押しとどめました。
一方結界内には日番谷と松本、一護とルキア、恋次がいました。そこに砕蜂と夜一がやってきて今起きている事態を説明し、暴走を止めるには草冠を斬るしかないと宣言しました。一角と弓親も戦いに参戦します。
塔へ向かう彼らでしたが、有象無象の虚が放たれます。砕蜂と夜一の二人が虚の群れを引き受けました。日番谷は松本と一角、弓親、一護はルキアや恋次を引き連れ、二手に分かれます。
塔の上へ急ぐ彼らの前に取り込まれた二人の女性が姿を変えて現れました。恋次は卍解で一護とルキアを上へ向かわせます。日番谷一行も怪物と対峙していましたが、そのとき突然塔が揺れ動きます。動くのかとびっくりする松本でしたが、揺れの正体は更木の攻撃でした。塔を一刀両断するほどの力を更木は見せつけます。
それぞれが斬魄刀を駆使し、敵を追い払っていましたが、敵の数が多すぎて、草冠にまでたどり着けません。一角は卍解のち力を解放して、道を切り開くと言いました。
一方の一護グループも道を作るために策を練りましたが、メノスグランデの群れに囲まれ、絶体絶命のピンチに陥ります。放たれた一斉光線は一護たちへ届く前に、桜色の壁に阻まれました。その壁は白哉の卍解、千本桜景厳の力によるものです。
阿散井が狒狒王蛇尾丸で、一角が竜紋鬼灯丸で切り開いた道を一護と日番谷がさっそうと駆け抜けます。
氷の龍と化した草冠の首に日番谷が氷輪丸を巻きつかせ、一護が月牙天衝を決めました。その瞬間、結界は崩壊し、草冠は元の姿へと戻ります。
日番谷と草冠は一騎打ちの対決に臨みました。かつて氷輪丸を巡って争った時、日番谷には戦う気はありませんでした。ですが草冠は氷輪丸を求め、日番谷に斬りかかったのです。その結果、氷輪丸の使い手には日番谷が選ばれたのでした。
そして現代、二度目の一騎打ちを制したのも日番谷でした。草冠は日番谷に対して「天才だよ、お前は」との言葉を残して消えていきます。日番谷は「俺たちは親友だ」と言いました。
「王印」は再生し、一護は日番谷に向かって、「あいつは後悔してねえと思う。決着をつけられたんだから」と慰めの言葉を吐きました。「戻ろうぜ冬獅郎」という言葉に、日番谷は「冬獅郎じゃない。日番谷隊長だ」と返して、皆の元へと向かいます。
全てを終えた後、日番谷は松本ともに草冠の墓参りを行っていました。日番谷は松本に礼を言いますが、テレてしまい、言っていないとツンとした言葉を返してしまいます。
松本は「温泉に行きましょうよ」と誘いますが、日番谷は「お前一人で行け」と断りました。軽口のたたき合いをしながら、二人は元の生活へと戻っていきました。

みんなの感想

ライターの感想

日番谷冬獅郎の過去を知ることができる話で、友との確執や対立が悲しかったです。護廷十三隊を敵に回すことになった日番谷はどうなってしまうのか、最後までハラハラドキドキと楽しむことができ、終盤の集団戦は少年漫画のアニメらしい心燃えるものでした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸」の商品はこちら