映画:千と千尋の神隠し

「千と千尋の神隠し」のネタバレあらすじと結末

千と千尋の神隠しの紹介:2001年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作で、監督は宮崎駿。名前を奪われた少女が、さまざまな出来事を経ることによって、いままで自分も知らなかった己の可能性を見出していく物語である。

あらすじ動画

千と千尋の神隠しの主な出演者

荻野千尋[千](柊瑠美)、ハク(入野自由)、湯婆婆(夏木マリ)、銭婆(夏木マリ)、釜爺(菅原文太)、カオナシ(中村彰男)、リン(玉井夕海)、坊(神木隆之介)、荻野明夫(内藤剛志)、荻野悠子(沢口靖子)

千と千尋の神隠しのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①千尋は内気な10歳の少女。転校先へ移動途中、道を間違えて山に入り込んだ両親は、御馳走を口にしたために豚の姿に。千尋は両親を元に戻そうと、自分を知る少年・ハクの助けを借り湯婆婆と契約、千尋という名を奪われ、千と呼ばれるように。 ②湯婆婆の経営する『油屋』で働いた千は経験を経て成長し、湯婆婆と交渉、元の世界へ戻れるように。ハクは幼少期に千尋が溺れた川の神様だった。ハクも名を思い出したので解放される。

【起】- 千と千尋の神隠しのあらすじ1

10歳の少女・千尋はこれといった個性のない、ごく普通の少女です。もやしっ子の千尋は典型的な現代の子どもで、自分からは行動を起こそうとしない、常に受け身の立場に甘んじていました。
そんな千尋は、両親とともに引っ越しすることを、車中で嘆いています。
千尋は、前の学校の同級生たちにもらった花束を、ずっと握っていました。千尋が長いあいだ握りしめていたために、花束はしおれかかっています。
花束には、千尋に宛てた同級生たちのカードが添えられています(このカードが劇中で重要な役割を果たす)。
千尋の父も母も気持ちはすでに新しい転居先に向かっていますが、千尋だけは「前の学校のほうがいい」と駄々をこねています。

転居先の家に向かう途中、父・明夫が運転する車は、一本道を間違えてしまいました。楽観的な父親は、それでも行けるだろうとまっすぐ進みます。
途中、千尋は石の祠に目を留めますが、両親はさして気にしませんでした。
車はやがて、トンネルにさしかかりました。トンネルの手前に石の障害物があったために、父は停車します。
両親は車を降りて、トンネルに見入りました。新しい建物だと面白がった両親は、トンネルの先へ行こうとします。
千尋は気味悪がり、両親を必死で止めますが、両親がトンネルに向けて歩き始めたので、仕方なくあとをついていきました。

トンネルを抜けると、そこには廃墟化した施設がありました。父が言うには、バブルの煽りをくらってつぶれた、テーマパークの残骸ではないかとのことです。
施設は広く、草原が一面に広がっており、それを見た母が「サンドイッチを持ってくればよかった」と言いました。
空腹を思い出した父親が「匂う。何かまだやってる(営業している)のかも」と言い、匂いを頼りに両親はすたすたと先へ行きます。
角を曲がると温泉街のような飲食店が立ち並んでおり、無人でありながら、食べ物が山盛りになっていました。
食欲に負けた両親は、「店の人が来たら金を払えばよい」と、勝手に食べ物を食べ始めます。

千尋は廃屋に御馳走があるのを不自然に感じ、食べるのを拒否して反対側の道へ行きました。
階段の先には大きな建物があり、『油屋』という看板が掲げられています。
その煙突から煙がたちのぼっているのを見て、千尋はやはりおかしいと感じます。

橋のところを渡りかけた千尋に、「ここへ来てはならない。早く戻れ」と言った少年がいました。ハクという、白髪のミステリアスな少年です。

その頃、日没を迎えました。
千尋は両親のところへ戻りますが、両親は豚になっています。
両親は知らずに食べてしまいましたが、その料理は神様への供物でした。呪いをかけられて、両親は豚になったのです。
帰れなくなった千尋は、自分の輪郭がぼやけて消えかけていると気付きました。
先ほどの少年・ハクが来ると、「この世界のものを食べないと消えてしまう」と言い、丸薬のようなものを千尋に食べさせました。
ハクは千尋に、外の階段を一番下まで降りて、ボイラー室にいるカマジイに会い、仕事をもらえと指示しました。
この場所では、仕事をしないと生きていけないのだそうです。

ハクに教わったボイラー室へ行くと、手をたくさん持つ人物・カマジイがいました。
カマジイはススワタリという黒いもじゃもじゃした物体を使い、せわしなくボイラーで火を焚いていました。
(映画『となりのトトロ』の「まっくろくろすけ」と「ススワタリ」は一緒)
千尋はカマジイに仕事をしたいと言いますが、カマジイは「手が足りている」と言い、最上階にいる湯婆婆(ゆばーば)に仕事をもらえと答えます。
食事を運んで来た孫娘のリンに、カマジイは千尋を託しました。
リンは千尋に「礼くらい言え」「靴を脱げ」と、行儀作法を教えます。

【承】- 千と千尋の神隠しのあらすじ2

建物のてっぺんまで行くと、『油屋』の経営者・湯婆婆がいました。
湯婆婆は千尋に、この場所は「八百万(やおよろず)の神様が疲れを取りにくる、お湯屋」だと教えます。
契約書に名前を書けと言われた千尋は、フルネームの「荻野千尋」と書きました。
湯婆婆はその名前を取り上げて、代わりに千尋に「千(せん)」という名にします。
湯婆婆は、相手の名前を奪うことで、相手を支配下に置くことができました。
名前を奪われた千尋は、千として働き始めます。

千には世話役として、リンがつけられました。リンは千が雇ってもらえたと知り、喜びます。

翌朝早く、千のところへハクがやってきて、「橋のところへおいで。お父さんとお母さんに会わせてあげる」と言いました。千は橋まで行きます。
途中、橋のところにカオナシという、黒い化け物がいました。千が橋を渡り切って振り向くと、カオナシはいませんでした。
両親はやはり豚になっており、養豚場に入れられています。千が話しかけても無反応でした。ハクが「人間だったことを忘れている」と言います。
ハクは千の服を持っており、隠しておけと言いました。服の中に花束のカード(映画冒頭のカード)があったため、千は「自分も名前を忘れかけていた」ことに気づき、愕然とします。

ハクは、すでに自分の名前を忘れたと言いました。そのため湯婆婆の弟子になり、働いているそうです。
名前は忘れているのですが、ハクは千と会ったことがあると言いました。それで、ハクは千を助けてくれたのでした。
ハクからおむすびをもらった千は、がんばって働くことで、湯婆婆から両親ともども解放されようと、決意を固めます。

雨が降る夜。
大湯番を言いつかったリンと千は、大きな浴槽の掃除をしました。しばらく使われていなかったので浴槽の汚れが取れず、リンは千に「薬湯の札をもらってこい」と言います。
庭にひっそりとカオナシがいるのを見つけた千は、客だと思い込み、カオナシのために扉を開けました。「濡れますよ。ここ開けときますね」と言い、千は去ります。
千が去った後に、カオナシが『油屋』に入りました。
(千に親切にされたカオナシは、千を慕うようになる)

番台に行った千は、風呂の釜掃除に薬湯の札をくれと訴えますが、番台に意地悪されます。
するとカオナシが透明になり、札を代わりにくれました。千はお礼を言います。
戻った千が札を渡すと、リンが札を壁に入れて、千がレバーを引きました。すると頭上から湯が降ってきます。
カオナシが追ってきて、さらに高級な札をくれようとしますが、千は「ひとつでいいの」と言いました。カオナシは悲しそうな顔をして、札を置いて去っていきます。

『油屋』へ予約なしに、「オクサレ様」という神様がやってきました。くさい臭いを発し、みんなは辟易します。
湯婆婆は千に相手をさせようとしました。
千はオクサレ様を案内し、先ほどの釜に入れました。それでもまだ、腐臭は消えません。
千はカオナシからもらった札を追加し、足し湯をしました。その際に、オクサレ様にトゲみたいなものが刺さっていると気付きます。

【転】- 千と千尋の神隠しのあらすじ3

それを聞いた湯婆婆は、全従業員を出動させ、トゲを抜こうとしました。
先頭にいる千は、トゲみたいなものが自転車のハンドルグリップだと気付きます。
自転車に続き、捨てられたゴミが続々と出てきました。
ゴミを取り除いたあとの神様は、河の神でした。
ゴミは砂金に変わり、『油屋』は大繁盛です。
河の神は「よきかな」と言い、千にニガダンゴを渡して、喜んで去っていきました。

夜、蛙が砂金を探しに現れたところ、カオナシが砂金を手から出し、近づいてきた蛙を丸のみします。
さらに番台の男にもカエルの声でおびき寄せ、丸のみしました。
カオナシは砂金を出すことで、『油屋』のもてなしを受けます。

千がカマジイのところへ行く途中、上空に白い竜を見ました。
それがハクの別の姿と気づいた千は、ハク(竜)が大量の式神(人の形をした紙きれ。これに術をかけることができる)に追われていると気付き、ハク(竜)をかくまいました。
式神は去っていきますが、1枚だけ足元に残ります。
ハク(竜)は大けがをしており、そのまま湯婆婆のところへ行きました。心配してあとを追う千に、式神がくっつきます。
道中、カオナシと会った千ですが、相手にせず上階へ行きました。カオナシは悲しそうな顔をし、周囲にいた者を丸のみします。

最上階へ行った千は、子ども部屋に入り込みました。
そこには超巨大な赤ん坊、通称:坊(ぼう)がいます。
坊は千を遊びに誘おうとします。千が断ると坊は泣き出しました。
式神が湯婆婆に変身し、坊をネズミの姿に、湯バードをハエドリの姿に変え、頭だけの怪物3体を、代わりに坊に仕立てあげます。

式神に術をかけているのは、湯婆婆の双子の姉・銭婆(ぜにーば)でした。
銭婆は千に「ハクが大事なハンコを盗んだ」と言います。
ハクは湯婆婆の弟子でした。湯婆婆は銭婆から大事な魔法のハンコを奪うため、手先としてハクを遣わしたのです。
ハク(竜)を引き渡せと銭婆は千に要求しますが、満身創痍のハク(竜)を渡したくない千は拒否しました。
弱ったハク(竜)が一瞬の隙をついて式神を破ったので、銭婆は消えます。
ハク(竜)、千、ネズミ、ハエドリは煙突を落ち、最下層のボイラー室に着きました。

カマジイがハク(竜)を見て、「何かが体内で命を削っている」と言います。
それを聞いた千は、河の神にもらったニガダンゴを半分に割り、ハク(竜)に食べさせました。
(もう半分は、両親のために取っておくつもりだった)
するとハクが何かを吐き出し、人間の姿に戻ります。

出たのはハンコと、黒いヒルのようなものでした。
気持ち悪いと思った千は、黒いヒルを避けようとしますが、誤って踏んでしまいます。
カマジイにエンガチョを切ってもらった千は(エンガチョは穢れの感染を防ぐ儀式のようなもの)、ハンコを銭婆に返すことで、ハクの命を助けてもらおうと考えました。
それを聞いたカマジイは切符を渡し、「6つめの『沼の底』という駅で降りろ」と言います。

【結】- 千と千尋の神隠しのあらすじ4

同じ頃。
『油屋』では巨大になったカオナシが、大暴れしていました。カオナシは千を要求します。
湯婆婆は、カオナシという厄介な化け物を引き入れたのは、千だったのかと思いました。
リンの呼び出しで向かった千は、「あ、そうかも」と肯定します。
(雨の夜に扉を開ける行動が、結果的にカオナシを招き入れることになっていたから)
千はカオナシと話をつけることにしました。カオナシのところへ行きます。

カオナシは「寂しい、千欲しい(千にそばにいてもらいたい)」と要求しました。
千は謝りながら、残りのニガダンゴをカオナシに食べさせます。
するとカオナシは暴れ、今までに呑みこんだ人物を吐き出しました。その後、また元の無害なカオナシに戻ります。
千はカオナシ、坊、ハエドリを連れ、電車に乗り込みました。

千が去った後、ハクが起き上がります。
湯婆婆は、千が逃げたと思っていました。
ハクは湯婆婆にとって大事な坊が、入れ代わっていることを指摘します。
「坊を連れ戻す代わりに、千と両親を元の世界へ戻せ」と、ハクは交渉しました。そして千を追っていきます。

6つめの駅で降りた千たちは、銭婆のところへ行きます。
銭婆は穏やかに千たちを迎え入れ、お茶を振る舞いました。千は銭婆にハンコを渡します。
銭婆は、ハンコと共に何かがついていなかったかと聞きました。千が踏みつぶしたことを話すと、銭婆は大笑いします。
千が踏みつぶしたものは、湯婆婆がハクを束縛するために呑ませた虫でした。

ハクが本当の名前を思い出せないと相談した千に、銭婆は「会ったのならば、思い出せるはず」とアドバイスします。
千は湯婆婆のところへ戻ろうと考えました。そこへ、竜の姿のハクが迎えにきます。
ハク(竜)が無事だと知り、喜んだ千は、銭婆に本当の名前を明かしました。
銭婆はカオナシを自分のところへ引き留め、千、ネズミ、ハエドリたちはハク(竜)に載って帰ります。

ハク(竜)の背に乗った千は、その時思い出します。
幼い頃、千は川に落ちたことがありました。母親からあとで聞いて知ったことですが、千は奇跡的に命を取り留めました。
小さな川で埋め立てられており、現在はその川はありません。しかしその川こそが、ハクの正体だと気付いた千は、ハク(竜)に「あなたの本当の名は、コハク川」と言います。
千の言葉を聞いた瞬間、ハク(竜)は湯婆婆の束縛から完全に解き放たれました。
うろこが取れ、少年の姿になったハクは、千に「僕の本名はニギハヤミコハクヌシだ」と言います。

『油屋』に戻った千は、湯婆婆との契約を解消するべく交渉を開始しました。魔法が解けて、ネズミが坊に変わると立てるようになっています。
(坊も銭婆のところへ行くという冒険を経て、成長した)
湯婆婆は嫌がりますが、坊が「解放しろ」と口添えしました。
湯婆婆は豚を並べ、本当の両親を見つけろという課題を出します。

「この中にはいない」と千が答えると、正解でした。契約は解消され、千は千尋という名前を取り戻します。
自由になった千尋は、従業員たちに見送られながらハクと橋を渡っていきます。
階段のところまで行ったハクは、これ以上は行けないと言いました。
ハクはあとで湯婆婆と話をし、弟子を辞めて元の世界へ戻るつもりだと千尋に言います。

階段の先へ行くと、両親は元の姿になっていました。豚の頃の記憶はありません。
両親は記憶がないので、すぐ帰ろうと言い、千尋たちはトンネルをくぐって戻ります。
車の周辺は草がぼうぼうで、車は埃だらけでした。父はいぶかしみます。
千尋たちは車に乗り込むと、山を去りました。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の、観ている人を惹き込むあのファンタジー感は宮崎駿監督でなければ出せないと思います。私が一番好きなシーンは、千尋がハクの本当の名前を思い出すシーン。飛んでいる竜の姿のハクに、本当の名前を教えてあげるのですが、その瞬間のハクのハッとした瞳、記憶がみるみる蘇ったように体の鱗がはがれていって人間の姿に戻る表現が美しいです。
名前がわかって自分の進むべき道がわかり喜ぶハクと、大事な人を苦しみから解放することができ安堵する千尋、奥深い愛情を感じることができる1シーンだと思います。

ライターの感想

非常に深読みができる作品。…のだが、単純に娯楽として見たので正解だと思う。
トンネルの先の世界だけでも「異世界」「彼岸と此岸(臨死体験)」「無意識の世界」いくらでもあてはめられそう。
(この世界のものを食べないと消える、というのは、昔の「あの世」と酷似しているし)
しかし、そういうのを考えずに見ても、じゅうぶん娯楽作品として通用するところが素晴らしい。
大人になって見返すと、またちがった感想を持てる作品だろう。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「千と千尋の神隠し」の商品はこちら

千と千尋の神隠し サウンドトラック