映画:名探偵コナン 緋色の不在証明

「名探偵コナン 緋色の不在証明」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

名探偵コナン 緋色の不在証明の紹介:2021年2月11日公開の日本長編アニメーション映画。「名探偵コナン」のアニメシリーズから、「赤井一家」の正体や謎に迫るシーンを集めた特別総集編。FBI捜査官で狙撃の名手でもある赤井秀一を中心に、女子高生探偵の妹・世良真純、プロ棋士の弟・羽田秀吉、「領域外の妹」こと母メアリーなどのエピソードで構成され、新たに収録された江戸川コナンによるナレーションが追加される。ボイスキャストには高山みなみ、池田秀一、日高のり子、森川智之、田中敦子が名を連ねる。

名探偵コナン 緋色の不在証明の主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、赤井秀一(池田秀一)、世良真純(日高のり子)、羽田秀吉(森川智之)、メアリー・世良&領域外の妹(田中敦子)、毛利小五郎(小山力也)、毛利蘭(山崎和佳奈)、灰原哀(林原めぐみ)

名探偵コナン 緋色の不在証明のネタバレあらすじ

【起】– 名探偵コナン 緋色の不在証明のあらすじ1

名探偵コナン 緋色の不在証明のシーン1

画像引用元:YouTube / 名探偵コナン 緋色の不在証明トレーラー映像

赤井秀一という男性は、現FBI捜査官で射撃の名手です。黒ずくめの組織に潜入捜査をしており、コードネームは『ライ』と言います。赤井秀一はかつて、来葉峠で死亡したと思われていました。しかし実際は生き延びており、沖矢昴という大学院生に変装して工藤新一の実家で暮らしています。

赤井秀一をはじめとする赤井一族は、その正体が謎に包まれており、それぞれが複雑に絡み合っています。赤井秀一、世良真純、羽田秀吉、メアリーいずれも関係は謎でした。

赤井ファミリーは世界を射抜く、危険な一家です――。

〔世良真純のターン〕

新一や蘭と同じ帝丹高校に通い、女子高校生探偵を名乗る世良真純は、截拳道(ジークンドー)の使い手でもあります。

真純とコナンたちとの最初の出会いは、バスの車中でした。園子が痴漢と間違えて、真純の手を掴んだのがきっかけです。男まさりの容貌をしている真純を、園子も蘭もコナンも当初、男子だと思っていました。懲らしめようと車中で蘭が真純に空手で挑みますが、真純がジークンドーで応戦します。その腕前は、都大会で優勝する蘭の空手と互角でした。

止めに入ったコナンは、真純が痴漢ではないと話します。園子に痴漢を働いた男性を先に見つけた真純が、痴漢の手を掴んで制止していたのです。痴漢の手を掴んだ真純のその手を、園子が掴んでいたのでした。痴漢は次のバス停でそそくさと逃げ出し、誤解は解けました。園子と蘭は真純に詫びます。

その後、行き先が同じだということで、コナン、蘭、園子は真純といっしょに杯戸ホテルへ行きました。3人はホテルのケーキバイキングが目当てでしたが、着いた時にはバイキングは締め切られていました。そのホテルで4人は転落死事件に遭遇します。

屋上には、上着の上に靴が置かれており、自殺かと思われました。それを偽装だと見破ったのは真純で、真純は自らを探偵と名乗ります。

最終的にペンキの缶のトリックを見破ったのはコナンでしたが、真純はコナンと渡り合うかのように、推理に向けて動きました。真相が分かっていながら、わざとコナンに譲ったようにも見受けられます。

後日、真純は蘭と園子が通う帝丹高校に、転校生としてやってきました。制服のスカートを履いていたため、そこでようやく蘭も園子も真純が女子だと知ります。それまで男子だと思っていた園子は、「イケメン」だと真純を気に入っていたので、ずっこけました。蘭もショックを受けました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン 緋色の不在証明」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×