映画:名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー

「名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

名探偵コナン コナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーの紹介:テレビアニメ『名探偵コナン』放送20周年記念スペシャル番組。2016年1月9日・16日の2週連続で日本テレビ系列にて放送されたスペシャルアニメ番組。歌舞伎役者の市川海老蔵が、本人役でアニメ声優に初挑戦した。

名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーの主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(小山力也)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、鈴木園子(松井菜桜子)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(井上和彦)、高木刑事(高木渉)、千葉刑事(千葉一伸)、市川海老蔵(市川海老蔵・本人)、藪崎由幸(菅生隆之)、岩見進之介(うえだゆうじ)、箕輪卓三(星野充昭)、金子英司(成田剣)、細尾拓也(津田英三)、潮路ゆかり(櫻井智)、高橋鈞(加藤康之)

名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①歌舞伎の面を届けに行く細尾社長の車の事故を防いだコナンは海老蔵に紹介される。その面が盗難に遭い秘書・高橋が死体で発見される。コナンは拉致されカメラマン・金子の遺体と壊れた面も発見された。 ②犯人は細尾社長。面は複製で本物は壊れていない。経営難に陥った会社を、高橋にかけた保険金で立ち直らせようとしていた。金子を殺したのは脅されたから。

【起】– 名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーのあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。

取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。

ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。

「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。

蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。

コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。

コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。

阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。

(オープニング)平成28年をもって、名探偵コナンのテレビ放送が20周年を迎えたことを、歌舞伎座の壇上でコナンがお礼申し上げます。

そのうえで、今回はスペシャルゲストとして、歌舞伎役者・十一代目市川海老蔵が登場することを告げます。

〔前編〕

空き地で少年探偵団の光彦、元太、コナンがサッカーで遊び、歩美と哀がそれを見ています。

空き地から出たサッカーボールを拾いに出たコナンは、そばの車道にブレーキオイルが落ちているのを見つけ、その先に暴走車を見ました。スケートボードで追跡します。

そのままいくと踏切に飛びこむと判断したコナンは、サッカーボールを巨大化して踏切前のカーブで車の進路を変えさせました。車は古紙再生工場の段ボールに突っ込み、事なきを得ます。

車の運転手はHOホールディングス社長・細尾拓也でした。

ブレーキホースが切断され、明らかに何者かが切れこみを入れたと思われます。

警察の聴取を振り切り、細尾は「時間がないんだ」と、どこかへ移動したがりました。

たまたま事件を目撃した園子が電話をし、蘭と小五郎も駆け付けます。

園子は運転手の細尾と知り合いでした。細尾とは歌舞伎の舞台で何度も会っていると言います。

細尾が小五郎の名を聞いて反応しました。実は細尾は十一代目市川海老蔵に頼まれて、「二表の面(におもてのめん)」を運んでいる最中でした。海老蔵がミステリー好きで、小五郎のファンだと指摘します。

細尾の秘書・高橋鈞の車に細尾、園子、蘭、小五郎、コナンが乗り、一同は歌舞伎座に行きました。

皆を迎えたのは、頭取の男性・薮崎由幸です。頭取とは歌舞伎界の言葉で、俳優全体を管理する人のことです。

歌舞伎座では稽古の最中でした。来月に上演する次の舞台として『七つ面』という演目をするのだそうです。

『七つ面』は江戸時代から続く歌舞伎の演目で、五つの面を使って演じられるものでした。

五つなのにタイトルがなぜ七なのかとコナンが聞くと、当初から『七つ面』には五つしか出てこず、そのうちに江戸時代の原本の脚本が焼失したため、現在となっては謎なのだ…と、アンチョコを見ながら園子が答えます。

(詳細を知りたい方は調べてください)

海老蔵はそれを現代風にアレンジし、平成風の『七つ面』を演じたいと考えていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×