映画:名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー

「名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【結】– 名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーのあらすじ4

出だしはよかったのですが、途中からまるきり違うことを言い始めたので、コナンが麻酔銃で眠らせ、推理を始めます。

照明係と哀が、スクリーンに写真を映します。

面が盗まれた日、劇作家の岩見は病院を抜け出し、歌舞伎座に行っていました。

特に理由はないのです。単に行くあてがなく、歩いていると歌舞伎座に足が向かっていただけでした。

ところがその写真を金子に撮られ、岩見は脅されていました。岩見はATMで現金をおろし、金子に金を渡します。

金子は岩見の件で「証拠写真を見せれば相手は金を渡すのだ」と確信し、真犯人を脅そうとして殺されたのでした。

岩見が「面を盗んだ犯人でない」ことは、金子のカメラに残っていました。何も持たずに出てくる岩見の写真が、証明していました。(要は金子が脅し、びびった岩見が金を払っただけ)

大金を積んで金子の持つ写真を買い取った真犯人は、細尾社長でした。

細尾社長のブレーキオイルの痕は、車道の頂上付近以降に現れており、それまではありませんでした。

歌舞伎座までのルートも不自然で、さらに空き地には車が衝突しても大丈夫なように、緩衝材用の水を入れたウォータークッションが置かれています。

つまり、細尾社長が狙われたというのは狂言でした。監視カメラは細尾社長宅のものなので、いくらでも操作が可能です。

その証明として、コナンは社長宅の最寄りのコンビニから得た監視映像との違いを証明しました。コンビニには赤いスポーツカーが通過した時刻の前後に、社長宅に何も写っていないことから、映像に細工がなされたという裏付けが取れます。

「細尾社長の狙いは二表の面」だということを、コナンが言います。

潮路ゆかりが、「面の複製を作るよう頼まれた」と答えました。

ビルの地下で発見された、壊れた面は偽物でした。社長はゆかりに「本物は本番までしまっておく」という名目で、面の複製を作らせていました。

また死んだ秘書・高橋には、HOホールディングスの会社が高額の保険金をかけていました。

細尾社長の会社は経営難に陥っており、保険金でその損失を補てんしようと考えていました。

コナンが拉致された時にかぶせられたものから得たボタンを見せます。

細尾社長は「私がいつジャケットを着替えたか」と答えました。コナンは「ジャケットとは言っていない」と応じます。

さらにコナンは細尾社長に、売りつけた画像を見せました。カメラマン・金子はやはり画像を消しておらず、自宅パソコンに隠していました。何度も脅すつもりでした。

問題の映像は「高橋が亡くなった時のエンジンルームに落ちていたボタン(左下にある。この時に細尾のジャケットから落ちた)」「空き地に設置されていたウォータークッション(自分の自動車事故を回避するつもりだった)」「細尾のガレージの中にあるビニール手袋の箱(オイルで手が汚れないよう、使い捨てのものを用意していた歌舞伎座で面を盗んだ時に使用した可能性もあるかも)」「コナンが解体中のビルは、以前、細尾社長が入っていたビル」「地下のフロアがスタッフルームで、細尾社長がビル内の間取りに詳しいであろう証拠」でした。

細尾社長は、会社を守るために殺人を犯したことを認めます…。

(エンド後)名推理に感動した海老蔵は、小五郎に「ぜひ次の舞台で使わせてくれ」と握手する。

眠りから覚めた小五郎は、自分が犯人であると思っていた海老蔵がなぜ逮捕されていないのか不思議に思う。

コナンが「俺の役って誰がやるの?」と苦笑しつつ思う。

「名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナンコナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×