「名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊」のネタバレあらすじと結末の感想

名探偵コナン ベイカー街の亡霊の紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第6作目。キャッチコピーは「待ってろ…絶対、また逢えっから…」「夢か幻か!?歴史の迷宮に隠された真実をつかめ!」。19世紀末ロンドンに歴史の光と闇として存在した、シャーロック・ホームズと切り裂きジャックを大きなテーマにしている。

名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊の主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(塩沢兼人)、千葉刑事(千葉一伸)、工藤優作(田中秀幸)、工藤有希子(島本須美)、ヒロキ・サワダ(折笠愛)、トマス・シンドラー(津嘉山正種)、樫村忠彬(平田広明)

名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①体感型バーチャルゲーム『コクーン』の試作機が披露され、日本の要人ジュニアが招待された。同じ会場内で開発者・樫村が刺殺される。手掛かりを得ようとゲーム内に入ったコナンたちは、ひとりでもクリアしないと全員が死ぬゲームに参加することに。 ②樫村を殺したのはシンドラー社長。100年前に実在する殺人鬼ジャック・ザ・リッパーの子孫だと知られたくないためDNA探査プログラムを破壊した。コナンはゲームをクリアして皆を救った。

【起】- 名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊のあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。
取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。
ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。
「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。
蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。
コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。
コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。
阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。
…アメリカ、マサチューセッツ州。
10歳の少年ヒロキ・サワダは天才でした。この年齢でマサチューセッツ工科大学の大学院生です。
ヒロキは皮膚や血液のデータからその人間の先祖を突き止めることもできる『DNA探査プログラム』を開発しました。
現在は、1年で人間の5歳分成長するという人工頭脳の開発を手がけています。
ヒロキをバックアップしているのは、IT産業界の帝王、シンドラー・カンパニーのトマス・シンドラー社長でした。
ヒロキの両親は2年前に離婚してヒロキは父と別れ、教育熱心な母とアメリカに移住しましたが、間もなく母が病死しました。
身寄りがなくなったヒロキの親代わりとして、シンドラーが面倒を見ています。
人工頭脳『ノアズ・アーク(旧約聖書に出てくる『ノアの方舟』のこと)』は、人類史上最大の発明になると言われ、ヒロキは厳重なセキュリティの中に置かれています。
『ノアズ・アーク』を完成させたヒロキは、エンターキーを押してプログラムを一般回線に流しました。その後、ヒロキは投身自殺をします。
…2年後。東京都米花市、米花シティホール。
そこでは今度新たにできるバーチャルリアリティ(仮想現実)のゲーム機『コクーン』のお披露目パーティーと、試作品の体験会が開かれていました。シンドラー・カンパニーが手掛けたもので、会場にはシンドラー社長も出席しています。
『コクーン』を試せるのは、いずれも政財界の要人の子どもたちばかりです。
そのゲームのシナリオを書いたのは、工藤新一の父であり、世界に名を響かせる推理小説家・工藤優作でした。また阿笠博士もゲームの製作に関わっており、アメリカに行っていた関係で招待されています。
コナンたちは、蘭の親友・園子が招待されたのにくっついてパーティーに参加しました。
パーティーに参加している子どもたちはトップクラスの人たちの二世ということもあり、わがままな子たちが揃っています。特に狂言師の息子・菊川清一郎、警視庁副総監の孫・諸星秀樹、政治家の息子・滝沢進也、財閥銀行頭取の孫・江守晃は、会場内で勝手にサッカーを始め、周囲の迷惑などおかまいなしです。
サッカーをしていた時、江守と諸星がサッカーボールを彫刻に当てて、ナイフを落としてしまいますが、元に戻します。

【承】- 名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊のあらすじ2

好奇心の強い少年探偵団は、新しいゲームをしたくて、仮面ヤイバー超レアカードと体験者だけがもらえるバッジを交換しました。ゲームはいずれ公開されるからいつでもできるけれども、超レアカードはなかなか手に入らないという誘い水を向けてコナンの分まで手に入れます。
しかし実はコナンはコンピューターゲームの類は苦手でした。少年探偵団の3人も知っていて、からかいます。
同じ頃。
別室の樫村ルームでは、シンドラーがDNA探査プログラムをみせてくれと『コクーン』の開発者・樫村に頼み、データを呼び出したところで刺殺しました。その後データを削除し、ナイフの指紋を消して立ち去ります。
瀕死の樫村はRとTとJの3つのキーを押して息絶えました。
樫村の死はすぐに知れ、目暮警部と白鳥警部が捜査に現れました。3つの文字が「JTR(ジャック・ザ・リッパー)」つまりおよそ100年前のイギリス・ロンドンで起きた連続殺人鬼のことを指していると気づいたコナンは、ゲーム機『コクーン』の中に謎を解くカギがあると思い、ゲームを体験します。
コクーンとは繭を意味しています。体験ゲームが始まり、要人の子どもたちは繭の形のゲーム機に入ります。ほかに、少年探偵団3人と灰原哀とコナン、園子の代わりに蘭が入りました。
ゲーム開始と共に人工コンピューターのノアズ・アークが作動し、ゲーム内で死ぬと実際の世界でも死ぬと告げられます。要人ばかりが集まった子どもたちを殺し、日本のリセットを図るのが狙いでした。但しひとりでも出口に辿り着くことができれば、全員助かるそうです。
命がかかったゲームに、コナンたちは緊張します。
ところでゲームは5つの中から選べるようになっていました。「ヴァイキング」「パリ・ダカール・ラリー」「コロセウム」「ソロモンの秘宝」「オールド・タイム・ロンドン」の中から、コナンは最後のロンドンを選びます。例の礼儀知らずの少年4人も同じゲームを選んでいました…。
…外の世界では、ゲームを妨害しようとした大人たちが、コクーンを触ろうとしてレーザービームで脅されていました。ゲームをやめさせるのは無理なようです。
新一の父・優作は樫村と大学時代からの同窓生で、あることを樫村から頼まれていました。実は自殺したヒロキ・サワダは樫村の息子でした…。
…コナンの読みどおり、そのゲームはロンドンで起きた女性ばかりを狙った殺人鬼ジャック・ザ・リッパーを探すというものでした。
ゲームの中には「お助けキャラ」なるものがあるそうです。
橋が崩れるトラブルが起き、コナンは菊川を助けます。
殺人事件に出くわしたコナンは「レストレード警部という名を聞き驚きました。この警部はアーサー・コナン・ドイルの作品『シャーロック・ホームズ』シリーズで出てくる警部、つまり架空の人物なのです。

【転】- 名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊のあらすじ3

バーチャルの世界では現実の事件と小説のものが混在していると知ったコナンは、シャーロック・ホームズがお助けキャラだと思い、ベイカー街を訪問しました。
途中、時計台を見た諸星が「あの時計はおかしい」と言います。時計は進むのではなく50から戻っていました。それが「ゲームの生き残りの子どもの数」だとコナンは気づきます。
ベイカー街の探偵事務所にホームズはいませんでした。コナンはこの事件が起きた頃、ホームズが別の事件に関わっており、ベイカー街にはいないと思い出します。
棚にぶつかった滝沢が、100年前のサッカーボールを見つけて興奮します。
ホームズの捜査資料を見たコナンは、ホームズがモリアーティ教授というホームズ最大の敵が犯人だと目星をつけていたと知りました。
独力でゲームを解くことをコナンは決意し、ホームズの銃を見つけましたが、「自分の身は自分で守らないと」と言って置いていきます。代わりに諸星が持っていきました。
モリアーティ教授の手下・モラン大佐のいる居酒屋に行くと、トランプゲームをしています。ペットの猿が相手のカードを見て大佐に教えているのを知った諸星が銃を出し、騒動を巻き起こします。そこで橋の崩落の時に助けてもらった菊川が、コナンをかばってゲームオーバーになりました。
歩美、光彦、元太もモラン大佐たちの銃弾に倒れてゲームオーバーになります。
コナンは咄嗟にワインを手に持ち、モラン大佐に取引を持ちかけました。そのワインはモリアーティ教授のために用意されたものです。
やむなく大佐は銃をおろし、モリアーティ教授の使いがやってきます。
馬車に乗った人物に案内されましたが、コナンは使いの者が教授だと、コロンで気づきます。
認めた教授は、ジャック・ザ・リッパーは元は孤児で、自分が拾って犯罪者に育てたと答えます。暴走し始めているので、明日の新聞にメッセージを送ると言いました。
別れ際、コナンはモリアーティ教授に「3年後のライヘンバッハの滝にご注意を」と声をかけます。この事件の時のラストでホームズと教授は一緒に滝に落ち、ホームズのみ助かったという設定になっています。
蘭はそれを聞きながら、モリアーティ教授も気に入っていた新一が特に好きなセリフを思い出そうとしますが、思い出せませんでした。
諸星は自分のせいで4人が犠牲になったことを謝罪します。残っているのはコナン、蘭、灰原、諸星、江守、滝沢でした。
新聞を見たコナンは『今宵 オペラ劇場にて掃除しろ MからJへ』というのを読み、ホームズが愛する女性アイリーン・アドラーが殺されると気づきます。
劇場にアイリーンの知り合いと偽って入りこむと、アイリーンに舞台を中止にしろと言いましたが、彼女は断りました。ちなみにアイリーンは新一の母にそっくりです。優作がゲームに関わっているからでしょう。

【結】- 名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊のあらすじ4

舞台の最中にライトが落下し、江守と滝沢がアイリーンをかばって倒れます。しかしアイリーンにありがとうと言われ「感謝されるのも悪くない」と言いました。
さらに倒れて来た像からコナンをかばい、灰原もゲームオーバーになります。
ジャック・ザ・リッパーと会ったコナンは追跡を開始しました。チャリングクロス駅から最終列車に飛び乗ります(注:ホームズの最愛の女性・アイリーンが結婚して旅立つのがこの駅なので、ホームズワールドでは縁起が悪い)。
車掌に事情を話して乗客を1つの部屋にまとめたコナンは、2人目の被害者がジャック・ザ・リッパーの生みの母だと指摘し、指輪をずっと嵌めて細くなった指の持ち主が犯人だと言います。
ちなみに1人目はおとり、ダミーのための殺人で、2人目の殺害が本命です。自分を捨てた母への恨みが動機でした。そして3人目以降は暴走して歯止めがきかなくなり、母と同じような女性を殺したとコナンは説明します。
ジャック・ザ・リッパーは女性に変装していました。ジャックは煙幕を張って逃げます…。
…外の世界では、樫村が殺された凶器がブロンズ像にあったものとされ、会場の照明が消えた時にすりかえたのだろうと目されました。
本来ならばサッカーボールを当てて壊した諸星たちの指紋があるはずと指摘した優作は、シンドラーがジャック・ザ・リッパーの子孫であることを知られたくないために、DNA探査プログラムを破壊したのだと見抜きます。
シンドラー社長はその口封じのためにヒロキを殺し、樫村も手にかけたとされ、逮捕されました。現実世界の方では事件が解決します…。
…ゲームではあと10分で終着駅なのですが、列車のブレーキが壊されていました。このままだと終着駅に着いた時、全員がゲームオーバーです。
ジャックは蘭を人質にして列車の上に乗っていました。蘭は新一お気に入りのセリフを思い出し「君を確実に破滅させることができれば、私は喜んでこの命を差し出そう」と言って、列車から飛び降ります。
蘭はゲームオーバーですが、ジャックも落ちました。残るは列車を止める手段です。
しかし石炭はいっぱい燃やされており、急ブレーキはできません。本当は蘭が残っていれば、客車と蒸気機関車の連結部分を壊してもらおうと思っていたのですが、それも叶いません。
その時、お助けキャラのホームズが登場して「君たちはまだ血まみれになっていない」と言います。それを聞いたコナンは助かる方法を思い付きました。
唯一残った諸星を引き立てると、ワインの貯蔵車両に移動し、たるを斧で割ってワインでいっぱいにします。
駅に到着して列車は脱線しますが、コナンたちはワインの水で衝撃を緩和して無事でした。ゲームはクリアし、全員が復活します。
ところで諸星は本物ではなく、死んだヒロキでした。本物の諸星は眠らされています。
ビッグ・ベンの時計の針が動く前に諸星が指摘したことや、あんなにサッカーが好きだった諸星がゲーム世界の100年前のサッカーボールに無関心だったことなどを上げます。
ヒロキはそれを認め「一度くらい、友だちと遊びたかったから諸星の身体を借りた」と言いました。
子どもたちは解放され、コンピューターの人工頭脳は自分で自分の命を絶ちました。悪い大人たちに悪用されるのを防ぐために、でした。
(エンド後)その夜…。みんなにばかにされぬよう、必死でコンピューターゲームの練習にいそしむコナン。

みんなの感想

ライターの感想

今回はホームズファンが喜びそうな内容がもりだくさん。
ちなみに、知らなくてもその都度、蘭やコナンが説明してくれるので理解できます。
現実世界でも殺人事件の謎解きがあり、いっぽうゲーム内でもゲームクリアのために奔走…と
優作・新一(コナン)コンビが活躍する回でもあります。
しかし、ストーリーが駆け足で展開するのでせわしない。
ただ、現実世界で起こる殺人は1つだけで、しかも最初から犯人が判っているという形式なので、現実世界のほうで謎解き要素は必要ありません。
しかし動機がいまいち。シンドラー社長のほうも、ジャック・ザ・リッパーのほうも(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「名探偵コナンベイカー街(ストリート)の亡霊」の商品はこちら