映画:名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエム

「名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【転】– 名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエムのあらすじ3

コナンと服部は大学構内で、警視総監の息子で高校生探偵である3人めの探偵・白馬探(すぐる)と合流しました。

CRYが横浜犯罪研究会と思ったコナンは、サークルの部屋に入り、スナップ写真を撮影します。

この時点で服部にホットラインの電話がありました(コナンは小五郎と別行動をしており、コナン&小五郎用の携帯は小五郎が持っている)。ここまでは正解であることと、ここから先はノーヒントだと言われます。

サークルの部屋には歴代の部長の写真の額が飾られていますが、3代目だけ外されていました。サークルの人に聞くと、3代目の部長・伊東末彦は除名処分になったそうです。

伊藤は現金輸送車を襲った強盗事件の犯人と目されており、そのために除名されたとのことでした。コナンたちは伊藤のことを調べます。

…目暮警部と白鳥警部はミラクルランドへ行き、さりげなく蘭たちを見張りました。

…伊東は大学を卒業後、ファー・イースト・オフィスという会社を立ちあげて、同級生の西尾正治や清水麗子と働いていました。

西尾がオフィスにいる時に、ライフルで狙撃されて亡くなりました。

狙撃したのはオフィスから少し離れた場所のビルからです。

西尾は総弾数8発のうち1発が当たって死んでいました。また1発は椅子のキャスターに当たっています。

現場の椅子を見ると、血痕は椅子の背に流れるように垂直に垂れていました。

事情聴取を受けた麗子は5月15日に投身自殺し、伊東は現金輸送車事件の直後に事故を起こし、2か月後に面会許可がおりますが、入院中に逃亡して現在は行方不明です。

調べている最中にバイク集団が襲ってきて、コナンは逃げている最中に川に落ちました。

…午後7時55分。

遊園地・ミラクルランドでひったくり犯を目撃した蘭や少年探偵団たちは、ひったくり犯を見つけますが、犯人はナイフを手に歩美を人質にとって出口に近づきます。外に出ると爆弾が起動するので、灰原は焦っていました。

ちょうどその時、ゲートにいた園子に犯人が突き飛ばされて(園子は入り口から入場しようとし、犯人はその入り口から出ようとしていた)歩美を離し、犯人は代わりに近くにいた女性を人質にとろうとします。

ところが犯人が掴んだ相手は、休みに高木刑事とデートしていた佐藤刑事でした。佐藤刑事は犯人を捕まえます。

…白馬はコナンを助けた後、どこかへ行ったそうです。コナンが目を覚ますと阿笠博士と服部がいました。コナンは川に落ちる直前に足を打って、左足にひびが入っている可能性がありました。阿笠はコナンと服部を乗せ、ホテル『レッド・キャッスル』に向かって運転します。

車中で服部が新事実をコナンに話しました。見つかった現場には伊東の足跡も指紋もありましたが、ライフルのスコープには麗子が使うマスカラが付着していたそうです。

また麗子は5月15日に聴取を受けた後、釣り人2人が見ている時に海へ投身自殺したそうですが、遺体はあがっていないとのことでした。

また同日の深山美術館のオーナーは、伊東たちの大学の4つ年上の先輩・深山総一郎です。深山は深山商事を経営していました。

銀行強盗は伊東、西尾、清水の3人で襲撃し、逃亡の最中に怪盗キッドと鉢合わせて顔を見られたため、怪盗キッドを狙うようになったのではないかとコナンは考えます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×