映画:名探偵コナン沈黙の15分クォーター

「名探偵コナン沈黙の15分クォーター」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)の紹介:2011年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第15作目にあたる。都知事の殺人予告によってもたらされた地下鉄トンネル爆破事件と新潟県の雪山で起こる殺人事件という2つの謎に挑む。冬の雪山を舞台に、劇場版ならではのスケール感で物語が展開!

あらすじ動画

名探偵コナン沈黙の15分クォーターの主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(井上和彦)、佐藤美和子(湯屋敦子)、高木刑事(高木渉)、立原冬美(飯塚雅弓)、山尾渓介(難波圭一)、氷川尚吾(関俊彦)、遠野みずき(朴璐美)、武藤岳彦(江川央生)、立原冬馬(宮田幸季&三瓶由布子)

名探偵コナン沈黙の15分クォーターのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東都線開通のイベントで爆破事件が起きる。コナンの機転で難を逃れるが、都知事に脅迫状が来ていたことから、都知事は仕事をキャンセルすることに。その1つに新潟県のダム開設3周年イベントがあった。コナンたちはダムのある新潟県北ノ沢村に行く。 ②そこには8年間眠り続けた少年・冬馬と、8年ぶりに再会する男女の幼馴染みがいた。翌日、その1人・氷川が殺される。犯人は山尾で、宝石泥棒を氷川に見破られ脅されていたから。東都線は爆弾の威力を試すため&都知事を新潟に来させないため、ダム爆破は自宅の庭に埋めた宝石を取り出すためだった。

【起】– 名探偵コナン沈黙の15分クォーターのあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。

取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。

ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。

「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。

蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。

コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。

コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。

阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。

…8年前。新潟県北ノ沢村。

双眼鏡を提げた少年・立原冬馬が何者かに追われて、崖下に転落しました。追っていた人物はそれを見ていましたが、犬の鳴き声が聞こえて来たので去ります。

…現在。

東京都に東都線が開通になりました。東京都知事の朝倉優一郎が、記念行事に参加しています。

前の日の午後、朝倉の自宅へ脅迫文が送られていました。それは『お前の傲岸不遜な4年間の都政に対し、天誅を下す。これはただの脅しではない。準備は整った。決行の時を待つのみ。都知事の生殺与奪の権は我が掌中にあり!』というもので、差し出し人の名はありません。

警視庁の主たるメンバーは、開通の日のイベントでは都知事の警護に当たりました。式典自体は異常がないまま終わり、イベントはそのまま試運転に入ります。

阿笠博士とコナンたちが乗る車は新山手トンネルを走っていました。今度できた東都線と、この道は、約1kmほど平行に進むことになっています。

カーブの合流地点に怪しい影を見たコナンは、トンネルに爆弾が仕掛けられている可能性を鑑みて、トンネルを出たところで博士におろしてもらいます。

スケートボードで逆走しながら戻ったコナンは爆弾を見つけますが、残り14秒しかなく解除が間に合いません。新一の声で目暮警部に電話をかけたコナンは、今すぐ電車を緊急停止させるよう指示しました。

急停止したために電車は道路部分まで突き抜けたものの、カーブの手前で停まりました。大惨事は防がれました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン沈黙の15分クォーター」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×