映画:名探偵コナン純黒の悪夢ナイトメア

「名探偵コナン純黒の悪夢ナイトメア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)の紹介:2016年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第20作目にあたる。コナンの体を小さくしてしまった張本人である黒ずくめの組織の構成員ジンや、FBI捜査官の赤井、公安警察の安室らが登場し、記憶喪失の女性とのエピソードや、原作でも謎の部分が多い、黒ずくめの組織の内部が明らかになる。

あらすじ動画

名探偵コナン純黒の悪夢ナイトメアの主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、佐藤美和子(湯屋敦子)、高木刑事(高木渉)

名探偵コナン純黒の悪夢ナイトメアのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①黒の組織の一員でラムの腹心の部下・キュラソーが警察庁国家公安委員会のデータを盗んで逃亡。追跡されたキュラソーは事故に遭って記憶を喪失し、翌日接触したベルモットやキールも認識できない。キュラソーを保護したコナンは黒の組織の一員と思い、警戒する。 ②記憶を失っている間に歩美、元太、光彦に優しくされたキュラソーは、記憶を取り戻してからも彼らを助けるために奔走した。結果、キュラソーは死亡。

【起】– 名探偵コナン純黒の悪夢ナイトメアのあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。

取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬(APTX4869という錠剤)を飲まされました。

ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。

「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。

蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。

コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。

コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。

阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します。

コナンが追う組織について分かっていることは、コードネームが酒にちなんだ名前ということくらいでした。新一が見た取引現場の男はウォッカで、新一を気絶させ毒を飲ませたのはジンです。

彼らの正体を暴くために自ら黒の組織に入りこんだ潜入捜査官たちがいました。キールこと水無怜奈はCIA(中央情報局)の諜報員ですし、バーボンこと安室透は警察庁警備企画課、通称・ゼロに所属する人物です。

ほかにもFBIではジェイムズ・ブラックという初老の男、アンドレ・キャメルという眉なしの男、ジョディ・スターリングという女性捜査官が黒の組織を調べていました…。

…ある夜、警察庁内に侵入者があり、機密データを盗みました。それを見つけた安室透(降谷零)や風見裕也たち国家公安委員会が侵入した女を追いつめます。

女性のカラーコンタクトが外れ、女性は右目の虹彩が黒、左目が青のオッドアイに見えました。女はビルから降りると自分を轢きそうになった車を奪い、逃走し始めます。

FBI(アメリカ連邦捜査局)捜査官の赤井秀一と安室が追跡しますが、渋滞に巻き込まれました。女も渋滞にはまり、車を逆走させます。

女は車を運転しながら携帯を操作して、『ノック(ノックリスト)はスタウト、リースリング、アクアビット。あなたが気にしていたキール、バーボン』のところで一旦送信しました(送信ボタンを押してしまう)。

赤井が車をパンクさせて橋から落とし、車は爆発しますが、女は逃亡しました。赤井はジェイムズに電話をし、後始末を頼みます。

逃げた女は東都水族館の下まで辿り着きましたが、そこで花火のようなライトを見て頭を抱え、気絶しました。

…昨夜に起きた大規模停電のニュースをチェックしたコナンですが、原因などは一切報道されません。テレビを見ていると、東都水族館の施設を屋内型にリニューアルオープンするニュースが流れました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン純黒の悪夢ナイトメア」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×