映画:名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャー

「名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【転】– 名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャーのあらすじ3

コナンは例のトレジャーハンター2人が盗む現場を見つけましたが、2人のハンターはライフルで狙われます。ライフルはかすめただけでした。

さて翌日。

宿の主・美馬が今日からちょっとした台風がやってきて、大雨になると言います。

コナンは前夜、千夏が男2人から金を渡されている現場を見たので、千夏に聞き込みをしました。千夏は逃走用の船の手配を頼まれており、それで金を受け取ったそうです。

猟友会のライフルが奪われているのが発覚しました。また美馬の言う通り、悪天候が島を襲い、ヘリも船も出せない状況になります。

子どもたちは5つめのヒントをクリアして、すべてのスタンプを集めました。園子と蘭はボートが出せないので、岸辺で磯遊びをしています。

コナンは宿の主・美馬に、昔はトレジャーハンターだったのではないかと指摘しました。というのも、美馬が「ハイエナは獲物のないところには集まらない。しかし狙い通りの獲物とは限らない」と発言したのが印象に残っていたからです。

コナンの予想した通り、美馬は若い頃はトレジャーハンターでしたが、島の娘と結婚して住みつき、今は足を洗っていました。

5つのスタンプを集めた子どもたちの数字と色(赤と青の2種がある)を見て、コナンは色別のアルファベットではないかと思います。

解読して並べ直すと「JOLLY(ジョリー)」「ROGER(ロジャー)」となりました。「愉快なロジャー」という意味で、海賊旗のことを指します。

昔トレジャーハンターだった美馬が300年前の宝の地図を見せてくれました。その海賊旗のガイコツの歯の部分が文字に読めて「DIO DIOSAS(二人の女神)」というスペイン語だと分かります。

そこまで読み取ったコナンは、島に警視庁の刑事たちが来ているのに、それをおして2人のトレジャーハンターが展示用の刀と銃を盗んだのは、彼らが「二人の女神の入り口」を見つけたからではないかと推察します。

さて磯遊びをしていた蘭と園子は、トレジャーハンターたち(松本と伊豆山)に拉致されました。喜美子が知らせに来て、蘭と園子が拉致されたことを皆は知ります。

松本と伊豆山は、前日サメに襲われた場所まで行こうとしていました。コナンは美馬に、ボートで頼親島の陸地部分に連れていってもらいます。

コナンは陸地から二人の女神に入りました。園子と蘭を連れた松本と伊豆山は、海から二人の女神に入ります。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×