映画:名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイ

「名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)の紹介:2013年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第17作目にあたる。海上自衛隊の最新イージス艦に乗り込んだコナンらが、艦内で発生した自衛隊員殺害事件の謎に挑む。海上自衛隊の全面協力を得て、アニメとはいえ、国家機密でもある最新鋭自衛艦の内部が描かれるという点にも注目。

あらすじ動画

名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイの主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(井上和彦)、佐藤美和子(湯屋敦子)、高木刑事(高木渉)、立石由紀夫(廣田行生)、藤井七海(柴咲コウ)、井上文忠(幸野善之)、関口誠(成田剣)、笹浦洋介(水内清光)、倉田正明(松風雅也)

名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イージス艦の見学をしていたコナンたちは笹浦という男の左腕を発見。さらに艦内には機密情報を得ようとするスパイX(エックス)がいることも分かる。 ②Xが雨宮勇気の父だと気づいたコナンは捕獲した。笹浦は見回りの倉田に見つかって逃亡中に死亡したことも判明。海に落ちた蘭は救出された。

【起】– 名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイのあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。

取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。

ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。

「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。

蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。

コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。

コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。

阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。

…早朝、京都府の舞鶴港で爆弾がついた不審船が発見されました。見つけたのは歩いて巡回していた海上保安官・倉田正明です。

その日はアメリカ海軍が開発した武器システムを搭載した、海上自衛隊のイージス艦『ほたか』の体験乗船会と公開演習の日でした。その乗船会のチケットに当選した蘭は、園子、小五郎、コナン、歩美、元太、光彦を連れて舞鶴へ行きます。

今回、阿笠博士と灰原は国際科学フォーラムに行って不参加です。

阿笠博士がコナンの腕時計に新機能を搭載しました。衛星電波とUSBメモリを搭載した腕時計です。

時計を壊した蘭は現在は携帯で時間を確認しています。未明に不審船が発見されたことで、体験公開の入艦審査が厳しくなり、携帯電話は乗船時に預けることになりました。光彦はデジカメの時計を見るからと言って、蘭に防水の電波腕時計を貸します。

そのイージス艦に一般人が入るのは初めてです。

CIC(戦闘指揮所)での戦闘の演習を見学した時、未確認物体がイージス艦に接近しました。『ほたか』は発光信号弾を打ち上げますが、相手は接近をやめません。邀撃(ようげき、迎撃)準備をし、閃光魚雷を打ち込みました。その未確認物体は、潮の流れでたまたま流されていた廃船だと分かり、艦内にほっとした空気が漂いました。公開演習用に訓練は戻ります。

その後は船首の見学です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×