映画:名探偵コナン迷宮の十字路

「名探偵コナン迷宮の十字路」のネタバレあらすじと結末

名探偵コナン迷宮の十字路の紹介:劇場版名探偵コナン、第7弾。今回の舞台は京都。謎の窃盗団「源氏蛍」のメンバーが次々と殺害されていく。事件の謎を解く鍵は、不思議な暗号が描かれた一枚の紙。果たして、事件の真相とは?劇中に描かれている、京都の美しい風景にも注目したい。

名探偵コナン迷宮の十字路の主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、服部平次(堀川りょう)、遠山和葉(宮村優子)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(井上和彦)、佐藤美和子(湯屋敦子)、高木刑事(高木渉)、大滝悟郎(若本規夫)

名探偵コナン迷宮の十字路のネタバレあらすじ

【起】– 名探偵コナン迷宮の十字路のあらすじ1

物語は、東京、大阪、京都で、ある5人の男が、翁の能面を被った何者かに、刀や弓矢で殺害される場面から始まります。

その犯人は、殺害した5人から「義経記」を持ち去って行きました。警視庁、大阪府警、京都府警の合同捜査によって、殺害された5人が、古美術品を狙う窃盗団「源氏蛍」のメンバーであることを明らかにします。

一方その頃、毛利小五郎のもとへ、京都の山能寺の僧侶から依頼が届きます。娘の毛利蘭、その友達の鈴木園子、そして江戸川コナンを連れて、京都へと向かいます。山能寺では、8年前、12年に1度公開する秘仏が、何者かによって盗まれていたのです。

そして先日、山能寺のもとへ差出人不明で、盗まれた仏像のありかを示すという謎の絵が届いたというのです。その謎を解読してもらうために、小五郎を京都に呼び寄せたのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「名探偵コナン迷宮の十字路」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×