映画:夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者

「夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【転】– 夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者のあらすじ3

夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者のシーン3

画像引用元:YouTube / 夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者トレーラー映像

ヒノエとちょびひげは、「下々の者が右往左往する様を見るのが楽しい」と言って、争奪戦には参加せずに夏目の応援をします。

夏目とミツミ、高みの見物をするヒノエとちょびひげは、地図を頼りに移動します。途中、地図狙いの妖怪が襲ってきますが、夏目が撃退しました。枯れ枝のような細い腕、細い身体にも関わらず、妖怪を倒していく夏目にミツミは感嘆します。

道中、か弱いミツミにこんな大任をまかせた岩鉄という妖怪に対し、夏目は不信感を抱きます。それに気づいたミツミは、やんわりと否定しました。ミツミが岩鉄を慕っていると知り、夏目も信じる気になります。

地図はしゃべって案内する紙でした。声を頼りに大杉の横の茂みに潜り込み、隠し沼の中央にある岩鉄が眠っている祠を、夏目とミツミは見つけます。

その時、夏目とミツミを大きな妖怪が襲いました。ヒノエとちょびひげは離れたところから見守っていて無事ですが、夏目とミツミはバランスを崩し、倒木の穴に落下します。

…落ちた夏目は、ミツミと岩鉄の出会いを見ました。鳥の巣から落ちたヒナを助けようとしたミツミは、岩に挟まれて動けなくなったところを岩鉄に助けられます。ミツミが弟子になることを言い、岩鉄は快く応じていました…。

地下道に入り込んだ夏目とミツミは、そのまままっすぐ進みます。地下道の天井は星のように美しい景色が広がっていました。奥の階段を上がると祠へ通じており、ミツミは岩鉄を起こす「石起こし」の任を無事に果たします。

起きた岩鉄はミツミを褒め、褒美を遣わしました。その場にいた妖怪たちはミツミを祝福します。

妖怪たちが集まり、宴会の準備が始まりました。それを見ながら夏目は、帰りはニャンコ先生を誘って、あの美しい地下道を通ろうと考えていました…。

〔怪しき来訪者〕

夏目の同級生・田沼要は夢を見ていました。田沼の家である寺には池がないのですが、田沼は池の夢を見るのです。田沼は特殊能力がないのですが、時々、天井や障子に映る水面の反射する影は見ていました。

起きた田沼は、出かけていく父に「留守の間に友人が訪ねてきたら、迎え入れて茶を出してくれ」と頼まれます。

父を見送った田沼は、天井の方で小さな水滴のような音を聞きました。音のする方を探った田沼は、家に来訪者が来たのを知って応対します…。

夏目は同級生の田沼を、昇降口で待っている者を見て不審に思いました。同級生の北本たちによると、その待ち人はこのところ連日、田沼の帰りを昇降口で待っているのだそうです。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×