映画:夏目友人帳うつせみに結ぶ

「夏目友人帳うつせみに結ぶ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~の紹介:2018年9月29日公開の日本アニメーション映画。他の人には見えない妖(あやかし)が見える少年・夏目と妖たちが繰り広げるせつない物語を描く、同名コミックが原作のTVアニメの初の劇場版。夏目の祖母レイコを知る女性や、小学校時代の同級生らとの出会いが新たなトラブルを巻き起こす。原作の緑川ゆきの監修による完全新作のオリジナルエピソードとなる。

あらすじ動画

夏目友人帳うつせみに結ぶの主な出演者

夏目貴志(神谷浩史)、ニャンコ先生&斑(井上和彦)、夏目レイコ(小林沙苗)、藤原塔子(伊藤美紀)、藤原滋(伊藤栄次)、名取周一(石田彰)、田沼要(堀江一眞)、多軌透(佐藤利奈)、西村悟(木村良平)、北本篤史(菅沼久義)、笹田純(沢城みゆき)、柊(ゆきのさつき)、ヒノエ(岡村明美)、三篠(黒田崇矢)、ちょびひげ(チョー)、一つ目の中級妖怪(松山鷹志)、牛顔の中級妖怪(下崎紘史)、河童(知桐京子)、結城大輔(村瀬歩)、津村容莉枝(島本須美)、津村椋雄(高良健吾)

夏目友人帳うつせみに結ぶのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①面妖な樹木の実を食べたニャンコ先生が三つに分裂し、いなくなってしまう。夏目はニャンコ先生を探す。 ②三分裂したのはホノカゲという妖怪の影響。夏目はホノカゲに名を返した。

【起】– 夏目友人帳うつせみに結ぶのあらすじ1

夏目友人帳うつせみに結ぶのシーン1

画像引用元:YouTube / 夏目友人帳うつせみに結ぶトレーラー映像

〝小さい頃から時々、変なものを見た。

ほかの人には見えないらしい。

「それら」はおそらく

妖(あやかし 妖怪)と呼ばれるものの類い…〟

夏目貴志は高校二年生の男子生徒です。

両親を早くに亡くした夏目は、幼い頃から親戚中をたらい回しにされて育ちました。

妖怪を見る妖力を持つ夏目は、それがゆえに周囲の大人から「へんな子」扱いをされ、疎まれます。

夏目のその能力は家系で、夏目の祖母・レイコも同じ能力を持っていました。

祖母のレイコと顔が似ている夏目は、人間よりも圧倒的に寿命が長い妖怪たちから、祖母のレイコとよく混同されます。

疎まれて育った夏目ですが、法事で居合わせた藤原滋の目に留まり、藤原家に引き取られました。

滋と妻・塔子には子どもがおらず、ふたりは夏目を実子のように大切に扱います。

高校生になってようやく、夏目は人並みの幸福を味わいました。

学校でも北本、西村、笹田らと親しくなります。

僧侶の息子の田沼要、祖父から妖術を受け継いだ少女・多軌透、俳優で祓い屋の名取周一とも、夏目は親しくなりました。

ある日、夏目は大妖怪・斑(まだら)の封印を解いてしまいます。

斑は夏目の持つ友人帳を目当てに、ボディガードの役目を果たし始めました。

人間の寿命は妖怪にとってはあっという間なので、夏目を殺さなくてもよいと、斑は思っています。

斑は普通の人間には、二頭身の太った招き猫のように見えました。

招き猫の状態を、夏目は「ニャンコ先生」と呼びます。

夏目の持つ友人帳は、祖母レイコのものです。

レイコは強い霊力を持ち、出会った妖怪たちに片っ端から勝負を挑んでいました。

妖怪を負かしては、子分になったという証として、紙に名前を書かせて集めていました。

持つ者に名前を呼ばれれば、決して逆らえない契約書の束…それが『夏目友人帳』です。

「友人帳」を遺品として受け継いだ夏目は、「友人帳」を狙う妖に追われることもありますが、用心棒のニャンコ先生が助けてくれます。

また…実は夏目も祖母のレイコ同様に喧嘩が強く、怪力の持ち主でした。拳のパンチで妖怪を倒せます。

夏目は、妖怪の求めに応じて名前を返していました…(テレビアニメ『夏目友人帳』シリーズ参照)。

夏。

笹田が弁論大会に出るので、みんなで見に行こうという話になりました。

帰り道に、その話題で持ちきりになります。

夏目は道中、妖怪に尾行されていることに気づきました。

他の同級生を巻き込みたくない夏目は、友人と離れて別行動をします。

ひとりになった夏目は、走って逃げました。

林のところで丸い影の妖怪をまけましたが、六本腕の妖怪が出てきて、夏目は襲われます。

ピンチに陥りかけた夏目は、ニャンコ先生と、先ほどの丸い影の妖怪に助けてもらいます。

丸い影の妖怪は、名前を「もんもんぼう」といい、夏目に名前を返してもらうのが目的でした。

近所にある五丁町(ごちょうまち)から、3か月かけて来ていました。

夏目は引き受けて、名前を返す儀式をします。

夏目友人帳を取り出すと、「我を護りし者よ、その名を示せ」と唱えると、妖怪の名が書かれた紙面が示されます。

それを口に咥えて柏手を打ち、息を紙に吹き込むと、名前を返す儀式は完了でした。

その際にいつも夏目は、祖母・レイコと妖怪との交流の思い出を、見ることができます。

もんもんぼうとレイコの思い出を見た夏目は、そこに津村容莉枝(よりえ)という、レイコより少し幼い少女を見ました。

容莉枝は落とした鈴をレイコから拾ってもらいますが、レイコが返そうとすると、容莉枝は逃げ帰っていました。

夏目はそれを、「レイコも自分同様に、孤独だった」と受け止めています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「夏目友人帳うつせみに結ぶ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×