映画:夏目友人帳うつせみに結ぶ

「夏目友人帳うつせみに結ぶ」のネタバレあらすじと結末

夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~の紹介:2018年9月29日公開の日本アニメーション映画。他の人には見えない妖(あやかし)が見える少年・夏目と妖たちが繰り広げるせつない物語を描く、同名コミックが原作のTVアニメの初の劇場版。夏目の祖母レイコを知る女性や、小学校時代の同級生らとの出会いが新たなトラブルを巻き起こす。原作の緑川ゆきの監修による完全新作のオリジナルエピソードとなる。

あらすじ動画

夏目友人帳うつせみに結ぶの主な出演者

夏目貴志(神谷浩史)、ニャンコ先生&斑(井上和彦)、夏目レイコ(小林沙苗)、藤原塔子(伊藤美紀)、藤原滋(伊藤栄次)、名取周一(石田彰)、田沼要(堀江一眞)、多軌透(佐藤利奈)、西村悟(木村良平)、北本篤史(菅沼久義)、笹田純(沢城みゆき)、柊(ゆきのさつき)、ヒノエ(岡村明美)、三篠(黒田崇矢)、ちょびひげ(チョー)、一つ目の中級妖怪(松山鷹志)、牛顔の中級妖怪(下崎紘史)、河童(知桐京子)、結城大輔(村瀬歩)、津村容莉枝(島本須美)、津村椋雄(高良健吾)

夏目友人帳うつせみに結ぶのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①面妖な樹木の実を食べたニャンコ先生が三つに分裂し、いなくなってしまう。夏目はニャンコ先生を探す。 ②三分裂したのはホノカゲという妖怪の影響。夏目はホノカゲに名を返した。

【起】- 夏目友人帳うつせみに結ぶのあらすじ1

夏目友人帳うつせみに結ぶのシーン1 〝小さい頃から時々、変なものを見た。
ほかの人には見えないらしい。
「それら」はおそらく
妖(あやかし 妖怪)と呼ばれるものの類い…〟


夏目貴志は高校二年生の男子生徒です。
両親を早くに亡くした夏目は、幼い頃から親戚中をたらい回しにされて育ちました。
妖怪を見る妖力を持つ夏目は、それがゆえに周囲の大人から「へんな子」扱いをされ、疎まれます。
夏目のその能力は家系で、夏目の祖母・レイコも同じ能力を持っていました。
祖母のレイコと顔が似ている夏目は、人間よりも圧倒的に寿命が長い妖怪たちから、祖母のレイコとよく混同されます。

疎まれて育った夏目ですが、法事で居合わせた藤原滋の目に留まり、藤原家に引き取られました。
滋と妻・塔子には子どもがおらず、ふたりは夏目を実子のように大切に扱います。
高校生になってようやく、夏目は人並みの幸福を味わいました。
学校でも北本、西村、笹田らと親しくなります。
僧侶の息子の田沼要、祖父から妖術を受け継いだ少女・多軌透、俳優で祓い屋の名取周一とも、夏目は親しくなりました。

ある日、夏目は大妖怪・斑(まだら)の封印を解いてしまいます。
斑は夏目の持つ友人帳を目当てに、ボディガードの役目を果たし始めました。
人間の寿命は妖怪にとってはあっという間なので、夏目を殺さなくてもよいと、斑は思っています。
斑は普通の人間には、二頭身の太った招き猫のように見えました。
招き猫の状態を、夏目は「ニャンコ先生」と呼びます。

夏目の持つ友人帳は、祖母レイコのものです。
レイコは強い霊力を持ち、出会った妖怪たちに片っ端から勝負を挑んでいました。
妖怪を負かしては、子分になったという証として、紙に名前を書かせて集めていました。
持つ者に名前を呼ばれれば、決して逆らえない契約書の束…それが『夏目友人帳』です。

「友人帳」を遺品として受け継いだ夏目は、「友人帳」を狙う妖に追われることもありますが、用心棒のニャンコ先生が助けてくれます。
また…実は夏目も祖母のレイコ同様に喧嘩が強く、怪力の持ち主でした。拳のパンチで妖怪を倒せます。
夏目は、妖怪の求めに応じて名前を返していました…(テレビアニメ『夏目友人帳』シリーズ参照)。


夏。

笹田が弁論大会に出るので、みんなで見に行こうという話になりました。
帰り道に、その話題で持ちきりになります。
夏目は道中、妖怪に尾行されていることに気づきました。
他の同級生を巻き込みたくない夏目は、友人と離れて別行動をします。

ひとりになった夏目は、走って逃げました。
林のところで丸い影の妖怪をまけましたが、六本腕の妖怪が出てきて、夏目は襲われます。
ピンチに陥りかけた夏目は、ニャンコ先生と、先ほどの丸い影の妖怪に助けてもらいます。


丸い影の妖怪は、名前を「もんもんぼう」といい、夏目に名前を返してもらうのが目的でした。
近所にある五丁町(ごちょうまち)から、3か月かけて来ていました。
夏目は引き受けて、名前を返す儀式をします。
夏目友人帳を取り出すと、「我を護りし者よ、その名を示せ」と唱えると、妖怪の名が書かれた紙面が示されます。
それを口に咥えて柏手を打ち、息を紙に吹き込むと、名前を返す儀式は完了でした。
その際にいつも夏目は、祖母・レイコと妖怪との交流の思い出を、見ることができます。

もんもんぼうとレイコの思い出を見た夏目は、そこに津村容莉枝(よりえ)という、レイコより少し幼い少女を見ました。
容莉枝は落とした鈴をレイコから拾ってもらいますが、レイコが返そうとすると、容莉枝は逃げ帰っていました。
夏目はそれを、「レイコも自分同様に、孤独だった」と受け止めています。

【承】- 夏目友人帳うつせみに結ぶのあらすじ2

夏目友人帳うつせみに結ぶのシーン2 夏目は塔子さんから頼まれて、五丁町へお使いに行きます。
先日もんもんぼうとレイコとの思い出と似た景色を見つけた夏目は、その場所へ足を踏み入れました。
その際に、初老の女性・容莉枝と出会います。
レイコと夏目の母は夭折していますが、生きていれば夏目の祖母も、容莉枝とそう変わらない年齢だろうと思われます。

過去の映像を見た夏目は「容莉枝がレイコを避けていた」と捉えていたのですが、実際の容莉枝に会うと、レイコのことを好もしく語っており、違和感を覚えました。
なにかおかしいと思います。(あとで謎が解ける)
容莉枝は切り絵作家で、息子の椋雄とひっそりと住んでいました。
容莉枝も椋雄もおっちょこちょいで、少しぬけている感じです。
容莉枝の作る切り絵を見せてもらい、お茶をごちそうになった夏目は、夕方に辞去します。

帰り道、夏目は火の見櫓に変わった妖怪、ハバキを見ました。
帰宅した夏目は、ニャンコ先生から「妖のにおいがする」と言われ、ハバキを連想します。


別の日。
笹田の弁論大会を見に行った夏目は、そこで小学校時代の同級生・結城大輔と会いました。
結城と夏目は一瞬目が合いますが、会話することなく別れます。

…結城は七歳の時、夏目と少しの間、親しくしていました。
結城は「両親は本当は人間じゃない」「お化けが見える」などと変わったことを発言しており、同級生から「ウソつき大輔」と呼ばれていました。
同じように奇妙なものが見える夏目に、結城は接近してきました。それがきっかけで、二人は親しくなります。

あるとき、山のなかに妖怪がいると聞いて、結城と夏目は見に行きました。
夏目は山の奥で、滝の流れを見て、滝守(たきもり)という妖怪を見ます。
夏目が滝の水を触ろうとすると、滝守は「触るな、わずかの流れの違いが、人の運命をいともたやすく変えてしまう」と注意しました。
そこで夏目は、出しかけた手を引っ込めます。

ところが…結城には滝守が見えておらず、滝の流れも見えていませんでした。
結城は無邪気に石を投げようとし、止めた夏目と諍いになります。
それがきっかけで、結城と夏目はぎくしゃくし始めました。
直後、夏目はまた転校することになり、結城と気まずいまま、別れていました…。


先日、五丁町に行った帰りに見かけたハバキが気になった夏目は、ニャンコ先生を連れて再び五丁町へ行きます。
ニャンコ先生は五丁町へ入ると、大好きなスイーツのにおいにつられて、勝手にどこかへ行ってしまいました。
田んぼ沿いの道で自転車の練習をしている椋雄と、夏目は再会します。
椋雄は夏目を連れて、家へ行きます。その際に近くの祠を見せました。

その祠は、容莉枝が昔から何かあると、手を合わせて報告しに行く場所でした。
本来は「災いを転じる」祠なのですが(悪いことがあったときのみ報告をし、よいものに変えようとする祠)、容莉枝はよいことも報告しに行っていたそうです。

【転】- 夏目友人帳うつせみに結ぶのあらすじ3

夏目友人帳うつせみに結ぶのシーン3 夏目はけっきょくその日、ハバキを見ることなく五丁町を去りました。ニャンコ先生と合流します。
ハバキと接触することはありませんでしたが、ニャンコ先生は夏目に「妖のにおいがする」と言います。
家の近くまで戻った時、ニャンコ先生のお尻近くに、何かの種がくっついているのを夏目は見つけました。くっつき虫に形状が似ています。
夏目は深く考えず、家の外の庭に捨てました。


翌朝。
わずかひと晩で、庭に面妖な樹木が生えており、夏目もニャンコ先生も驚きます。
さらに驚くべきことに、その樹木は滋や塔子には見えていないのです。
樹木には木の実が生っているのですが、その実はニャンコ先生の模様とそっくりでした。

夏目が登校した後、ニャンコ先生は木の実が気になって、食べてしまいます。
ニャンコ先生が実を食べると、樹木はすぐに枯れました。


翌日。ニャンコ先生は腹痛を訴えると、身体が三つに分裂しました。
小さい身体になり、頭頂部に芽のようなものが生えます。
その芽が一つのもの、二つのもの、三つのものとあるため、トリプルニャンコ先生はそれぞれ「1号、2号、3号」と呼ばれます。

塔子さんに見せると説明が大変だと思った夏目は、とっさにカバンに隠して、妖怪仲間、夏目組、犬の会のメンバーに見せました。
妖怪たちは案外のんきで「そのうちにもとに戻るだろう」と楽観視しています。
斑の姿になれるかと提案しますが、なれませんでした。
夏目はその後、学校に登校します。

夏目が学校へ行っているあいだ、妖怪たちはニャンコ先生をひとつに戻そうと、いろいろ試みました。
ぎゅっとくっつけてみたり、圧迫してみたりします。
そのうちに、1号がいなくなってしまいました。
妖怪たちが焦っている頃に、夏目が迎えにきます。

2号と3号を連れて帰ろうとしていた夏目は、田沼と会いました。
田沼は夏目の事情をよく知る者なので、夏目が経緯を説明すると、田沼は探すのを手伝うと言います。
もう時間的に遅いので、翌日あらためて捜索することになりました。
その頃、1号を多軌が見つけ、追いかけていきます。

夜、小さくて分裂したニャンコ先生を見た夏目は、心細くなります。
小さくなったニャンコ先生は、満足にことばを話せませんでした。
意思疎通ができないことが、こんなにも不安をあおるのかと、夏目は気づきます。


翌朝。
3号までもが、いなくなってしまいました。夏目はあせります。
2号だけを抱えた夏目を見て、塔子は違和感を覚えていませんでした。
どうやら一般のひとには、ニャンコ先生は普通サイズに見えているようです。

田沼と落ち合った夏目は、ニャンコ先生を探し始めます。
途中、西村と北本に会った夏目は、彼らが前日、多軌とニャンコ先生を目撃したこと、多軌の存在を忘れかけていることを知りました。
西村と北本の話を聞いた田沼も、実は多軌の記憶があいまいになりかけていたと言います。
おかしいと思った夏目は、田沼に多軌の捜索を頼みました。

【結】- 夏目友人帳うつせみに結ぶのあらすじ4

夏目友人帳うつせみに結ぶのシーン2 1号と3号が五丁町の方へ行ったと妖怪たちに訊いた夏目は、五丁町へ行きます。
2号を抱えた夏目は、不安で仕方ありませんでした。2号まで失ってしまったら、夏目もニャンコ先生の記憶をなくしてしまうのではないかと、あせります。


五丁町へ行った夏目は、また椋雄と会いました。
近くの林で、祓い人の的場一門を見かけます。
的場一門のひとたちは、「式」を探していました。式とは式神と言われるもとは白い紙のことで、術師がある役目のために使役するものです。
同じ頃、俳優の名取周一も映画のクランクアップを待ち、五丁町へ向かおうとしていました。

夏目はけっきょくその日、成果を得られないまま田沼と帰宅します。
帰宅した夏目は、滋や塔子が夏目のことを忘れており、自分の代わりに結城が家に居座っているという悪夢を見ました。
おどろいて目覚めた夏目は、2号を探して安堵します。


翌日。
夏目は再び田沼と、五丁町へ行きます。
2号に先導されて容莉枝のところへ行くと、そこに多軌と1号がいました。
多軌には記憶がありません。

どうすればいいのか悩む夏目は、ニャンコ先生たちを重ねると、しゃべれることに気づきました。
それを見ていた椋雄が、自分のせいではないかと肯定します。

…椋雄は、あやかしもの(妖怪)・ホノカゲでした。
容莉枝がいつも報告をしにいく祠に住み着いた、妖怪です。
よいことも悪いことも報告に来る容莉枝を、ホノカゲは案じていました。
だから8年前に、容莉枝が山の事故でひとり息子・椋雄を亡くした報告をしに来た時に、心配して容莉枝のあとをつけて行ったのです。
すると容莉枝の家の門のところに、気になるあやかしもの(妖怪)がいました。
気になったホノカゲは、息子の姿を取って容莉枝を守っていたのです。
それがそのまま、8年間経過していました…。

ニャンコ先生が分裂してしまったのは、このホノカゲの実を食べてしまったからだと思われます。
ニャンコ先生こと斑が大妖怪のため、パーソナリティに与える部分にうまく働かず、消化不良を起こして三つに分かれてしまったのだろうということでした。
夏目と田沼は、3号を探しに行きます。

そこで夏目は、名取と出会いました。
名取はハバキをさがしています。
ハバキは、昔の祓い人に遣わされた「式」でした。しかしその祓い人はすでに亡くなっているために、ハバキ自体ももう不要になっています。
どうやら当時、ホノカゲを狙って遣わされたものでしたが、もう無効です。

夏目は椋雄の姿をしているホノカゲから、名前を返してほしいと言われました。
夏目は願いを聞き入れて、名前を返します。
するとニャンコ先生は、元の姿に戻りました。
ホノカゲは大きな白い鳥の姿になって、去っていきます。


少女時代の容莉枝のレイコへの態度が、冷たく見えたのは、理由がありました。
中学生だった容莉枝は、学年が少しだけ上のレイコに、あこがれの念を抱いていたのです。
その照れくささゆえに、容莉枝はレイコと接したときに、つい冷たい反応を取ってしまっていたのでした。
夏目はそれを知り、出会ったときの違和感が氷解するのを感じます。

ことばにしないだけで、行き違いがあるかもしれないと思った夏目は、結城に会いに行きました。
そして結城に、夏目は感謝の念を告げます。
当時、孤独だった夏目に、結城は嘘をついてでも関わりたかったのでした。
結城と和解した夏目は、祖母のレイコも、ほんのちょっとした行き違いで孤独なだけで、もしかしたら自分のように、人とうまく分かり合える方法があったのかもしれないと、思うのでした。

みんなの感想

ライターの感想

妖怪が出てきますが、ほのぼの系のストーリー。テレビアニメを見ていれば、この作品の魅力は十二分に理解できると思う。
上手にまとめられていて、毎度なのだけれど、見終わったあとの気分もよかった。
テレビアニメを知らなくても充分理解できる。が、知っていると、もっと楽しめる作品。
三つに分かれるニャンコ先生が、あざといくらい可愛い。テレビアニメを知っていると、犬の会のメンバーの登場も嬉しい。
景色が美しいのも、この作品の特徴。よかった。
  • 癒兎~ゆう~さんの感想

    アニヲタから見た、夏目友人帳の良さ。
    ① 作画がありえんきれいなの。
    ② 声優さんがありえん豪華。例えば、木村良平さん、村瀬渉
      さんなど…
    ③ニャンコ先生の可愛さよ。
    アニメ知ってても知らなくても楽しめる作品になっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「夏目友人帳うつせみに結ぶ」の商品はこちら